特集"UVERworldニューアルバムリリース記念企画"  vol. 2

Interview

UVERworld ソロインタビュー② 克哉×『TYCOON』=“人生”の心中

UVERworld ソロインタビュー② 克哉×『TYCOON』=“人生”の心中

ファンが約3年もの間、待ち望んだUVERworldのニューアルバムがいよいよリリースされた。その名も『TYCOON』。“大物”を意味するタイトルどおり、発売するやいなや、すでにメンバーの元には大きな反響が届いているという。昨日からスタートしたソロインタビュー特集2人目は、個性豊かなメンバーを統率するリーダー&ギターの克哉が登場。アルバムの肝ともいえるが楽曲で、克哉自ら作曲にメインで関わった「SHOUT LOVE」の誕生秘話を中心に、本アルバムを“人生”に例えた心の内を語ってもらった。

取材・文 / 本間夕子 写真 / 増田 慶
ヘアメイク / 荒木尚子 スタイリング / 上井大輔


3年間の自分の人生を切り取ったようなアルバム

ついに出ますね、3年ぶりのニューアルバム『TYCOON』。

はい、ついに。でも僕の感覚としては、いつの間にか、アルバムを出そうということよりもいい曲を出していこうってことのほうが重要になっていて、それが詰まってアルバムになったっていう感じなんですよ。ご存知のとおり、僕らはいい曲が出来たらすぐライヴでやりたがるので、アルバムの中の何曲かはもう披露してますしね。そういう曲たちがやっとひとつに集まってアルバムになったっていうのはデカいことやなと思います。

この3年を振り返って、いかがですか。

いろいろといい経験したなって。

いい経験?

いい経験というか、3年分、いいことも悪いことも全部含めて、すべて音楽に還元できた気がします。だから3年間の自分の人生を切り取ったようなアルバムだなって。今、聴いて「いい曲やな」っていうより「このAメロ、あのときあのスタジオでやったなぁ」とか、写真のアルバムをめくってるみたいな感じもありますしね。

制作してたときの光景を思い出したり。

しかもツアーの出先や移動中も聴いてるんですけど、思い出す部分が毎回、全然違うんですよ。ライヴやっててもそう。それが面白いですね。写真で言うと「こいつ、こんなところに写ってるやん!」みたいな(笑)。わかります?

 

わかります、わかります(笑)。

そのときそのときで見方がいっぱいあるから、楽しめてますね。

1枚で何度でもおいしい、みたいな。

そうそう。

「DIS is TEKI」とか、アホの塊ですから、メンバー全員

でも、こうして形にするまではやっぱり相当、苦労されたわけですよね。

前作の『Ø CHOIR』が偉大すぎましたからね、育ち方も含めて。あのアルバムは出したときも感動しましたけど、ツアーで多くの人の前でやっていくなかで、お客さんを含めたみんなのものにどんどん育っていって、そこでまた自分の中でも思い出とか気持ちも詰まっていった作品なので、そのハードルはだいぶ高かったですね。

これまで以上に?

デカかったです。僕らとしては毎回毎回、それを越えていくのが当たり前のように目標やから、頭一歩出たぐらいじゃ絶対納得できひんし、きっとお客さんも納得できひんと思うんですよ。特にこの3年間、待ってくれてる時間の分だけ期待も相当されてるやろうし。

それはもう膨らむ一方ですよ。

そこはやっぱり裏切りたくないじゃないですか。たとえ自分の期待はちょっとは裏切ったとしても、みんなの期待には応えたい。そのためには、もちろん自分らでも新鮮でいられて、王道のUVERworldっていう部分も残しつつ、それ以上に「あ、またなんか変わった!」って言ってもらえるようなものを作っていかないと。そもそも僕ら奇をてらったこともいろいろしてますからね。バンドとして。「DIS is TEKI」とか、アホの塊ですから、メンバー全員。

「DIS is TEKI」は反則技ですけどね(笑)。

ああいうことしたがるんですよ(笑)。メンバーとしてもつねに新鮮でいるっていうのがそういうところに表われてるかもしれないです。ハッとさせられるというか、起伏があるというか。1stアルバムのときからそうでしたけど、その幅が広くなった感じはしますね。

このアルバムはまさに起伏の塊ですよ。こんなUVERworldは聴いたことがないって思うような曲も収録されていますし。それこそ克哉さんとTAKUYA∞さんが作曲クレジットに名を連ねている「SHOUT LOVE」とか、素晴らしくいい曲じゃないですか。

いいですよね。速攻言いましたもん、タイアップ付けてくれって(笑)。

これは、どんな経緯で作られた曲なんですか。

「SHOUT LOVE」はアルバム制作の最後に出来たんですよね、曲としては。最後の最後でこういう曲欲しいよねって作ったのがこれで。

こういう曲、とは?

なんやろ、スイートな曲というか。これに関しては、もともとTAKUYA∞の中でファルセットで歌いたいっていうざっくりとしたアイデアがあって。あとは、ちょっとしたメロディと、サビがあったのかな。で、TAKUYA∞が「ヴィンテージドラムみたいないいドラムの音で、音数も少なくて、ちょっと甘めな曲にしたいねん」って言ったのを聞いて、なんとなく僕が大枠を作っていったら「うん、いいな」ってなって。そこからみんなで揉んでいったんです。最終的な思い出としては合宿で行った北海道で、みんなでこれをやってるっていう。

でも、ここまで振り切ったスイートなラブソングって今までなかったですよね。しかも甘いのに、すごく洗練されていて。

でもTAKUYA∞は最後までずっと歌詞を迷ってたんですよ。こういう感じの歌詞にするか、もっと全然恋愛っぽくない歌詞にするか、どうしようって相談してきて。でも、ここまでにそういう曲がまったくないから、行き切ったほうがいいんちゃう?って言ったら「じゃあ一回、そうさせてもらう」って出てきたのがこれだったんですよ。めっちゃいいやんと思って。

今回は特にメンバーの誰ひとり欠けてもできなかった。それぐらい各自のアイデアが散りばめられている

外国人ボーカルのコーラスも女性、男性、それぞれの効かせ方がUVERworldならではのセンスだなと思いましたし、最後に口笛も入ってますよね?

TAKUYA∞の口笛です。あれ、実は最後の1音だけ転調してるんですよ。最後でゴロッと雰囲気を変えようとして。

うわ、気づいてなかったかも。

いや、それが自然に聴けてるっていうのが僕らのこれ(←ドヤ顔で腕を叩く)じゃないですかね(笑)。

さすがです(笑)。でもほんと「IDEAL REALITY」にしても「奏全域」にしても、これもUVERworldなんだ! 引き出しすごいなって驚きとともに聴きました。

毎回そうですけど、今回は特にメンバーの誰ひとり欠けてもできなかったと思いますね。それぐらい各自のアイデアがいろんなところに散りばめられていて。誰かが、こういう音っていうのを出してきたら、それを受けて「じゃあ、こうしたら」「こういうのはどう?」とかってアイデアがブワーッて広がるんですよ。それはすごく今後の糧になったし、次の楽しみに繋がりましたね。

ちなみに克哉さんにとって、アルバムの中でも特にこれっていう曲はありますか。

今は「SHOUT LOVE」がいちばん好きですね。自分が作ったからというのではなく、ここにきて、これが言えるっていうのがすごくいいなと思って。そういう意味で言うと「終焉」や「ほんの少し」はUVERworldの初期やったら絶対やらへんかったんでしょうね。恥ずかしくてできない。

恥ずかしいっていうのは歌詞の世界観に対して?

いや、音の積み方も。もちろん今回はあえてシンプルにこだわったんですけど、あんなシンプルな曲、当時だったら絶対できなかったです。いや、“シンプルにこだわる”っていうワードは昔からあったんですけど、こだわれてなかったんですよ、どうしても音を積みたがってしまって。でも今回は本当に必要なものだけでやるっていうことにこだわって、「IDEAL REALITY」もだいぶギターの音を抜いたりしたんですよ。そこは我慢というか、ウーッてなったけど、そうすることで新鮮さにも繋がりますしね。そういうのは前よりも上手になった気がします。あと、全員が柔軟になった。

vol.1
vol.2
vol.3