特集"UVERworldニューアルバムリリース記念企画"  vol. 3

Interview

UVERworld ソロインタビュー③ 彰×『TYCOON』=“超”の葛藤

UVERworld ソロインタビュー③ 彰×『TYCOON』=“超”の葛藤

どうしても気持ちの迷いがあるときって、態度にめっちゃ出すんですよ(笑)

「シリウス」の作曲は彰さんとTAKUYA∞さんの共作となっています。

僕はお手伝い的な感じですけどね。これにもちょっといきさつがあって……どうしても気持ちの迷いがあるときって、僕、メンバーにあたるわけじゃないですけど、態度にめっちゃ出すんですよ(笑)。

それはちょっと意外かも(笑)。

今って、いい意味でも悪い意味でも、全員打ち込みをするんですね。よし曲作ろう、アレンジしようってなったら全員パソコンに向かう、みたいな。でも僕はこの状況ってどうなんやろうと思って、何回か言ったんですよ。ある程度のネタをそうやって作るのはいいけど、そのあとの展開とかまでひとりの打ち込みでやってたら、気持ちがこもるんかな?って。それより僕は、バンドらしくメンバーでああだこうだ言いながら、例えばドラムブースにいる真太郎に「こう叩いて、ああ叩いて」ってやってるほうが健康的だと思ったんです。そんな悩みがあったときに、そのせいなのかはわからないけど、TAKUYA∞君が弾き語りした、ピアノとちょっとしたメロディを渡されて、「彰、これメロコアっぽくしといて」「えっ?」みたいな。そこが始まりで作っていって、最終的にはみんなで形にしていったんです。

バンドらしさという意味ではすごく出てる曲になりましたよね。勢いもありますし。

そこはもう全員、ミックスのときも、もっとバンドっぽくしよう、バンドっぽくしようって言いながらやってました。

あと、「LONE WOLF」の作曲にもTAKUYA∞さんと並んで彰さんがクレジットされてますが、こちらは?

これも僕はきっかけ程度です。こんなコード進行あるよ、ぐらいの。こんなにいい曲になると思わなかったですけどね。未発表にも関わらず、ライヴでもお客さんの反応がすごくよくてビックリしました。

そうやって1曲1曲見ていっても思いますけど、本当にいい曲ばかりが詰め込まれたアルバムだなって。

そうですね、バチーンっていうインパクトよりも聴かせる感じのいい曲が多いなって気はします。ラウドな曲もあるけど、そういう曲に関しても、勢いでドカーンっていうよりちゃんと聴かせる感じだなって。

3年待った甲斐がありました。

逆に「DIS is TEKI」とか、ああいう肩の力が抜けた曲はシングルのカップリングに入ってますから(笑)。

あれは相当な振り切れっぷりですけど(笑)。

それこそアルバムのアレンジ最終段階ぐらいのタイミングで「DIS is TEKI」をリアレンジしてアルバムなりシングルのカップリングに入れようって話になって、たまたま僕の手が空いてたんですよ。じゃあちょっとやってみるかって、その頃には気もすごく楽になってたので、かなりのスピード感で仕上げました(笑)。あんまり考え過ぎずにやるのも、それはそれでいいなと思いましたね。

考えに考え続けた3年間だったからこそじゃないですか。

うん、そうですね。

今、解放感は?

ないっす(笑)。一生あるのかなと思いますけどね、解放感なんか。やっとアルバムが出来て、ツアーがすごく楽しいんですけど、ライヴこそ毎回、同じようなことをやっても飽きられるし、自分たちも楽しくなくなるし、新鮮さを保つにはどうしたらいいかとか考えたりもして。ひょっとしたら曲を作るのと一緒なくらい、のしかかるものがあるのかなって思います。なんとなくやって、なんとなく盛り上がってるだけだったら、すぐ終わると思いますから。

どっちもハードルが上がっていくんですね、次々と。では総じてこのアルバムは彰さんにとってはどういうものなんでしょう。

3年間って感じですかね、やっぱり。酸いも甘いもって言いますけど、ほんとそんな感じで。楽しい時期ももちろんあったけど、同じぐらいつらいときも多かったので、僕は。

そういうことはこれまでにもありました?

もちろんあったんですけど、インタビューとかでは絶対言わなかったんです。でも今回は僕、全部の取材で言ってますから。正直すごく大変だったし。楽曲制作以外にもいろいろ葛藤があった中で出来たアルバムだって。

なぜ今回は言おうと思ったんですか。

そこでウソをついても意味ないなと思って。でも本当にいろいろ勉強になったし、結果、いいアルバムになったので。次はもう少しシュッと作りたいですけどね(笑)。

なんか超えた(笑)。次はもうちょっと大きいステップを踏める

さて、最後にこのアルバムを漢字1文字で表すとしたら。

超える。“超”。

その心は。

なんか超えた気がします(笑)。次はもうちょっと大きいステップを踏める気がしますね。

UVERworldスペシャルマガジン配信中!

今回のソロインタビュー6人分と「DECIDED」でのTAKUYA∞×真太郎インタビューをまとめたスペシャルマガジンを、2017年8月16日(水)より電子書籍ストア「Reader Store」で無料配信! 未公開カットも掲載!

UVERworld TYCOON Special Interview Magazine

エンタメステーション編集部(編)
ソニー・ミュージックエンタテインメント
【書籍説明】
人気ロックバンド、UVERworldが約3年ぶりにリリースしたアルバム『TYCOON』の魅力をメンバー6人がそれぞれの視点で語りつくすインタビューマガジン。エンタメ総合サイト『エンタメステーション」にて掲載した記事を再構成&未公開カットもプラスして無料でご提供します。CDの容量ギリギリとなる78分59秒に込められた超大作の制作秘話をお楽しみください。

UVERworld 映画『銀魂』を彩る渾身の一曲。最近のUVERにはこういう曲が必要だと気づかされた理由

UVERworld 映画『銀魂』を彩る渾身の一曲。最近のUVERにはこういう曲が必要だと気づかされた理由

2017.07.12

UVERworld IDEAL REALITY TOUR

8月4日(金)山形 シェルターなんようホール(南陽市文化会館)大ホール
8月6日(日)福島 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
8月8日(火)青森 弘前市民会館
8月9日(水)青森 弘前市民会館
8月14日(月)北海道 北見市民会館
8月16日(水)北海道 旭川市民文化会館 大ホール
8月23日(水)徳島 鳴門市文化会館
8月24日(木)徳島 鳴門市文化会館
8月26日(土)愛媛 ひめぎんホール メインホール
8月27日(日)愛媛 ひめぎんホール メインホール
8月29日(火)岡山 岡山市民会館
8月30日(水)岡山 岡山市民会館

9月1日(金)島根 島根県民会館 大ホール
9月3日(日)山口 周南市文化会館
9月4日(月)山口 周南市文化会館
9月6日(水)奈良 なら100年会館 大ホール
9月7日(木)奈良 なら100年会館 大ホール
9月12日(火)和歌山 和歌山県民文化会館 大ホール
9月13日(水)和歌山 和歌山県民文化会館 大ホール
9月19日(火)鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
9月20日(水)鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
9月25日(月)沖縄 ミュージックタウン音市場 ※誠果生誕祭
10月3日(火)東京 日本武道館
10月4日(水)東京 日本武道館

UVERworld TYCOON TOUR

11月2日(木)兵庫 神戸ワールド記念ホール
11月3日(金)兵庫 神戸ワールド記念ホール
11月11日(土)静岡 静岡エコパアリーナ
11月12日(日)静岡 静岡エコパアリーナ
11月22日(水)大阪 大阪城ホール
11月23日(木)大阪 大阪城ホール
12月5日(火)新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
12月6日(水)新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
12月13日(水)愛知 日本ガイシホール
12月14日(木)愛知 日本ガイシホール
12月16日(土)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ-グランディ・21
12月17日(日)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ-グランディ・21
12月20日(水)神奈川 横浜アリーナ
12月21日(木)神奈川 横浜アリーナ ※TAKUYA∞生誕祭

UVERworld Premium LIVE on Xmas 2017
12月25日(月)東京 日本武道館

12月30日(土)福岡 マリンメッセ福岡
12月31日(日)福岡 マリンメッセ福岡


【募集終了】抽選で3名様にUVERworldさんの直筆サイン入りポストカードをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月2日(水)~8月14日(月)23:59


UVERworld(ウーバーワールド)

TAKUYA∞(vocal,programming)、克哉(guitar)、信人(bass)、誠果(sax,manipulator)、彰(guitar)、真太郎(drums)。
滋賀県出身。バンド名は“自分たちの世界を超えて広がる”というドイツ語を変形させたUVERとworldから名付けられた。2005年にアニメ『BLEACH』主題歌「D-tecnoLife」でデビュー。
2008年に発表された12thシングル「儚くも永久のカナシ」で、初のシングルウィークリーランキング1位を獲得。 さらに同年末には日本武道館、大阪城ホールでの単独公演、2010年には初の東京ドームライブを実現。
2012年からはアリーナツアーも敢行。2014年3月、サポートメンバーだった誠果がメンバーとして加入し6人編成に。2017年2月1日にシングル「一滴の影響」をリリース。直後の2月11日、さいたまスーパーアリーナで日本最大規模の男性限定ライブを敢行。23,000人の動員を記録した。
7月12日に映画『銀魂』主題歌を含むシングル「DECIDED」を発表。
オフィシャルサイト

< 1 2
vol.2
vol.3
vol.4