スピッツが僕たちに見せてくれた世界  vol. 7

Column

当時も、そして今聴いても決定的な1枚ースピッツ「ハチミツ」

当時も、そして今聴いても決定的な1枚ースピッツ「ハチミツ」

スピッツが結成30周年を迎え、シングルコレクションアルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』を届けてくれた。
世代を超えて愛され続けている音楽を作ることを成し得たアーティストが到達できる30周年。聴く人の喜怒哀楽、それぞれの想いにもそっと寄り添い、潤いを与え続けているスピッツが僕たちに見せてくれた世界をオリジナルアルバム単位で1枚ずつ振り返っていきたい。
『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』に収録されているシングルの味わいもグッと増し、もっとスピッツを知りたくなってくれることを願って。

#7 6th Album「ハチミツ」(1995年9月20日発売)

前作『空の飛び方』で、ロック・バンドとして確固たるポジションを築いたスピッツだったが、そこで留まらなかった。下手すると、留まってもいい、これで充分、くらいにメンバーは思っていたかもしれないが(特にボーカルの人)、そうは世間が許してくれなかった。
95年4月にリリースされた先行シングル「ロビンソン」が、200万枚に迫る大ヒットを記録。続く「涙がキラリ☆」も100万枚弱のヒットとなり、その2曲を収録して同年9月にリリースされたこのアルバムは、160万枚以上のすさまじい売上を記録した。本作によってスピッツは、名実ともに日本のトップ・バンドの仲間入りを果たしたことになる。

11th Single「ロビンソン」(1995年4月5日発売)

とはいうものの、前の作品のレビューにも書いたが、本当にスピッツが現在のポジションを確立する礎になったのは、これの1枚前の『空の飛び方』ですから。スピッツがスピッツであることを、最初に世に本当に認められたのは、あのアルバムですから。
ある種フロック的に「ロビンソン」が大ヒットして(と言っていいと思う、あんなに売れるなんてまったく思っていなかったと本人たちが公言しているので)、続く「涙がキラリ☆」もヒットしたから、その2曲が入っているアルバムとして、この『ハチミツ』が鬼のように売れて、スピッツの代表作みたいなことになっているけど、純音楽的に見ると、スピッツの歴史上においては、そこまで特別なアルバムではありませんから。
いや、もちろんすばらしいアルバムだけど、「いちばん売れた」という事実をもって、もっともすばらしいアルバムみたいに取られるのは、ちょっと心外です──。

12th Single「涙がキラリ☆」(1995年7月7日発売)

というような印象を、本作に対しては持っていたのだが、久々に聴き直して撤回したくなりました。この全作品レビュー企画、私、「聴き直して撤回」ばかりしている気がしないでもないが、でも本当に。
もったいないから曲をアルバム3枚くらいに散らして、それぞれ水増しすればいいのに。それで3枚とも充分名盤になるのに。などと、わけのわからない提案をしたくなるほどの名曲揃い。1曲目の「ハチミツ」からラストの「君と暮らせたら」まで──もう全部シングルにできたんじゃないかと思うくらい。いや、「トンガリ ’95」とかは、さすがにそんなことはないか。とてもライブ映えする、勢いに満ちた曲ですが。テツヤのギター・ソロ、いい感じでイカレてるし。

笹路正徳とのコラボレーション、これで3枚目なので、よりいっそう良い組み方ができたことと、『空の飛び方』でいい結果が出たことによって解放されたマインドでのびのびと曲を書きレコーディングできたことが、こんなによい結果を招いたのではないか、と推測する。
かといって、4人だけのバンド・サウンドに固執するわけでもなく、鍵盤やストリングスやホーンなどが必要なところに必要なだけ配置されているのもとてもいい。

マサムネのソング・ライティングも、さえまくっている。「一人虚しくビスケットの しけってる日々を経て」(ハチミツ)「忘れられない小さな痛み 孤独の力で泳ぎきり」(ルナルナ)「限りある未来を 搾り取る日々から 抜け出そうと誘った 君の目に映る海」(愛のことば)などなど、もう最初の歌い出しから、耳に入った瞬間に「うわっ」となる曲だらけ。
特に「ルナルナ」の「羊の夜をビールで洗う」と、「君と暮らせたら」の「可愛い歲月を 君と暮らせたら」というフレーズが、当時強く耳に引っかかったし、今でもとても好きです。こんなふうに言葉を紡ぐ発想にまずハッとするし、つくづく「ああ、マサムネだなあ」と思う。

なお、10曲目の「グラスホッパー」は、のちに、彼らのマネージメント・オフィスの社名になった。

文 / 兵庫慎司

楽曲/DISCOGRAPHY

6th Album
ハチミツ

発売日:1995年09月20日
品番:UPCH-1187

【収録曲】
01.ハチミツ
02.涙がキラリ☆
03.歩き出せ、クローバー
04.ルナルナ
05.愛のことば
06.トンガリ’95
07.あじさい通り
08.ロビンソン
09.Y
10.グラスホッパー
11.君と暮らせたら

リリース情報

スピッツ

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-

2017年7月5日発売
(3CD)UPCH-7329/31
¥3,900+税

1991年のデビューシングルから昨年2016年4月に発売されたシングル曲「みなと」までの全シングル曲、そして「愛のことば-2014mix-」「雪風」といったドラマ主題歌としても話題となった配信限定シングル曲、さらには、新たにレコーディングをした新曲3曲を加えた全45曲収録のCD3枚組アルバム。

【収録曲】
【DISC 1】CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
01.ヒバリのこころ
02. 夏の魔物
03.魔女旅に出る
04.惑星のかけら
05.日なたの窓に憧れて
06.裸のままで
07.君が思い出になる前に
08.空も飛べるはず
09.青い車
10.スパイダー
11.ロビンソン
12.涙がキラリ☆
13.チェリー
14.渚
15.スカーレット

【DISC 2】CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
01.夢じゃない
02.運命の人
03.冷たい頬
04.楓
05.流れ星
06.ホタル
07.メモリーズ
08.遥か
09.夢追い虫
10.さわって・変わって
11.ハネモノ
12.水色の街
13.スターゲイザー
14.正夢
15.春の歌

【DISC 3】CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
01.魔法のコトバ
02.ルキンフォー
03.群青
04.若葉
05.君は太陽
06.つぐみ
07.シロクマ
08.タイム・トラベル
09.さらさら
10.愛のことば-2014mix-
11.雪風
12.みなと
13.ヘビーメロウ
14.歌ウサギ
15.1987→ 

2006年に発売された2枚の『CYCLE HIT』も2017年最新のマスタリングをして再発売!

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

(CD)UPCH-2129 ¥2,500+税

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection

(CD)UPCH-2130 ¥2,500+税

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection

(CD)UPCH-2131 ¥2,500+税

『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』、そして『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』も、今回の新たなアイテムに合わせ、2017年の最新スピッツサウンドを表現する為に、世界最高峰の「Marcussen Mastering」にてリマスタリングを遂行。7月5日に再発売。

アナログ盤も“重量盤”で7月5日同時発売!

ファーストアルバム『スピッツ』から昨年7月に発売された最新アルバム『醒めない』までのオリジナルアルバム15作品に、ミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』を加えた全16作品をアナログ盤で発売。

ライブ情報

『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』

8月05日(土):長野県・長野・ビッグハット
8月06日(日):長野県・長野ビッグハット
8月11日(金・祝):香川県・さぬき市野外音楽広場テアトロン
8月12日(土):香川県・さぬき市野外音楽広場テアトロン
8月16日(水):東京都・日本武道館
8月17日(木):東京都・日本武道館
8月19日(土):東京都・日本武道館
8月23日(水):神奈川県・横浜アリーナ
8月24日(木):神奈川県・横浜アリーナ
9月02日(土):福岡県・マリンメッセ福岡
9月03日(日):福岡県・マリンメッセ福岡
9月16日(土):北海道・北海道総合体育センター北海きたえーる
9月17日(日):北海道・北海道総合体育センター北海きたえーる
9月30日(土):宮城県・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
10月1日(日):宮城県・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)

SPITZ

草野マサムネ :1967年12月21日 福岡県 O型 ヴォーカル&ギター
三輪テツヤ :1967年5月17日 静岡県 B型 ギター
田村明浩 :1967年5月31日 静岡県 A型 ベースギター
﨑山龍男 :1967年10月25日 栃木県 B型 ドラムス
草野マサムネ(Vo/Gt)、三輪テツヤ(Gt)、 田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)の4人 組ロックバンド。
1987年結成。1991年3月シングル「ヒバリのこころ」、アルバム「スピッツ」でメジャーデビュー後、1995年リリースの11thシングル「ロビンソン」、6thアルバム『ハチミツ』のヒットを機に、多くのファンを獲得。
以後、楽曲制作はもちろん、日本国内をくまなく廻る全国ツアーや自らオーガナイズするイベント開催など、マイペースな活動を継続している。 そして今夏、15thアルバム『醒めない』を発売、全国ツアーも大成功。
2017年結成30周年を迎え、7月5日は「CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-」を発売、『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』も敢行中と精力的に活動を展開している。
オフィシャルサイトhttp://spitz.r-s.co.jp/

vol.6
vol.7