Interview

MISIA 新作『MISIA SOUL JAZZ SESSION』から見えてくる彼女の今と視線の先(前編)

MISIA 新作『MISIA SOUL JAZZ SESSION』から見えてくる彼女の今と視線の先(前編)

『MISIA SOUL JAZZ SESSION』は、今年の最大の話題作だ。タイトルを見て、「え、MISIAがジャズ?」と思った人は多いだろう。が、実際、このアルバムを聴いてみると、いわゆる“ジャズ”とはかけ離れた音楽が聴こえてくる。
1曲目のセルフカヴァー「BELIEVE」は、超へヴィーなグルーヴを持つドラムから始まり、大胆なアレンジ・チェンジに驚くとともに、最新型のヒップホップに触れる歓びが湧いてくる。続く新曲「来るぞスリリング」は、アメリカのベテラン・ミュージシャンのラウル・ミドンの超高速“口トランペット”のソロがフィーチャーされていて、文字通りスリリングな音楽が展開される。
このサウンドをMISIAと共に作ったのは、ニューヨーク在住のジャズ・トランぺッター黒田卓也で、レコーディングは彼のバンドを中心に行なわれた。MISIAはこのアルバムになぜ“SOUL JAZZ”という名前を付けたのか。その謎を徹底的に解くために、インタビューしてみた。

取材・文 / 平山雄一


クラブ・カルチャー、ストリート・カルチャーを通して聴いている部分のほうが多かった

最初に「MISIAとジャズ」というテーマでお話してもらえますか?

はい。私自身のジャズとの出会いで言いますと、90年代のR&Bやヒップホップシーンでのジャズの取り入れ方から、ジャズを聴いているんですよね。“ヒップホップ・ジャズ”って言われているようなエリカ・バドゥだったり、エリカ・バドゥが一緒にやってたザ・ルーツだったり。私からすると、ヒップホップを生バンドでやってる人たちですね。
でももっと掘り下げると、ヒップホップ自体が、歌がない状態でビートをループで繋げて作っていくものなので、いろんな音楽を取り入れていくものなんですね。MUROさんとかDJ NORIさんとか、DJ EMMAさんとか、DJの方たちと話していると、みんな、様々な音楽を愛してる人たちなんです。そういう意味では、DJの方がジャズっていうものを通るのは至極当たり前で、ヒップホップのネタの中にもジャズのものもあるし。だから私の場合、そこからジャズに触れているところがあって。ただ、ピンポイントでジャズを聴いているわけではないんですね。やっぱりクラブ・カルチャー、ストリート・カルチャーを通して聴いている部分のほうが多かった気がします。
私の好きなエリカ・バドゥもローリン・ヒルもその流れにいるイメージです。他に私は、80年代のマイルス・デイビスに反応してるんです。私のいちばん好きな80年代のマイルスっていうのは、そういうヒップホップやコンピュータの打ち込みと反応している時期なわけじゃないですか。マーカス・ミラーさんは、その時期に彼と出逢っているわけですし。

マーカスさんは今回の『MISIA SOUL JAZZ SESSION』に参加していますね。

はい。去年の黒田くんたちと初めてコラボをしたフェスでお会いしたのがきっかけで。さらにグルーヴがあつくなっています。私にジャズの基礎があったかって言われると、ないです(苦笑)。だから今回、「ジャズをやります」っていう言い方だと誤解を招くなとは思っていました。どちらかというと、ヒップホップを通じて私が捉えてきたジャズなんですね。今回、一緒にやっている黒田くんは、私と年齢が近いこともあって、たぶん黒田くんもそういうカルチャーに触れている。で、私と黒田くんが違うのは、彼はもっと深いジャズのルーツ、いわゆるスタンダード・ジャズって呼ばれるものから学んできている人なので、すごく基礎があるんです。
去年、ブルーノート・ジャズフェスティバルで彼と共演して、それが1日限りで終わらなかったのは、やっぱり彼がスタンダード・ジャズだけで私と関わったのではなかったからなんです。

私の大好きなアフロビートを取り入れていた。それを同世代でやっている人と初めて出会って

黒田くんと共通していたのは、ヒップホップにも触れたジャズっていうことかな?

どうでしょう・・・。私は、R&Bやヒップホップが日本の中でも育ってきた90年代に、そういうものがやりたいと思ってデビューしたんです。私の印象での話になりますが、90年代以降はもう海外のシーンでは、R&Bやヒップホップがカルチャーとして固まってきていた。それが一度完成されて、枝分かれして、よりオーガニックに行く人たちがいたり、よりビートが強い方向に行く人がいたり、もっとダンスシーンに行く人がいたり。2000年代始めあたりからオーガニックソウルと呼ばれる人たちが出てきましたけど、今思い返すと、ジャジーなものが入っていますよね。
私がすごく面白いなと思うのは、黒田くんたちの話を聞いていると、ジャズの人たちも、いわゆるスタンダード・ジャズだけをやるっていうスタイルが変化して、みんな徐々にいろんなジャンルと溶け込むようになっていったんですって。
ここ数年、ソウル・ミュージックやジャズや、いろんなジャンルが混じって、また新しい音楽が生まれようとしている気がしていて、黒田くんとやったときに、「あ! やっぱりそうか!」みたいに思ったんですよね(笑)

うんうん(笑)

たぶんデビュー当時の私だったら、黒田くんと接点がなかったと思うんですけど、時代を経て、ベクトルがぶつかったっていう。お互いが聴いている音楽を並べていくと、あ、これはもう、「ジャズやりました!」って言って終わる話じゃない。それがブルーノートで一緒にやったときの感触でした。「彼といろいろやってみたら、絶対面白いものが生まれるな」と思って。
それと、黒田くんは彼のアルバム『ジグザガー』で、私の大好きなアフロビートを取り入れていた。それを同世代でやっている人と初めて出会って、「ああ、私もそれがやりたい。それをやるまでは、1回のライヴだけじゃ足りない」(笑)っていうのが私の感想で。「ツアーをやりたい、もっとライヴをやりたい」って、ブルーノートのライヴが終わった瞬間に言ってたんですよ。

「これ1回じゃ足りない!」って、ステージを降りた瞬間に言ったんで

「もう1回やりましょう!」って。

はい。黒田くんに「これ1回じゃ足りない!」って、ステージを降りた瞬間に言ったんです。プロデューサーも同じ気持ちで、「面白いよね」っていう話になって、それで「ツアーをやろう」っていう話になった。そんなときに「最後の夜汽車」のカヴァーのお話が来たんです。


MISIAは、新しい音楽が誕生する瞬間に立ち会う歓びを予感して、アルバム『MISIA SOUL JAZZ SESSION』の制作を希望した。その予感は、去年、ブルーノート・ジャズフェスティバルで黒田と共演した直後に、すでにあったという。
全9曲中、6曲がMISIAがこれまでに発表してきた曲のカヴァーなのだが、それらは黒田の手によって2017年の世界の音楽シーンに向けてアップデートされている。その他、新曲が2曲、それに甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカヴァーが収録されている。
一見、時代が複雑にクロスする選曲だが、MISIAはまったくブレることなく、すべての楽曲を歌い切っている。そんな離れワザが可能になったのか、さらに話を聞いてみた。