Interview

今年はアニサマのテーマ曲も制作するアニソン・シンガーZAQが『よう実』主題歌で表現したもの

今年はアニサマのテーマ曲も制作するアニソン・シンガーZAQが『よう実』主題歌で表現したもの

意外性のある楽曲を次々と生み出すZAQ。今年も、「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」テーマソングの「Playing The World」、内田真礼の5thシングル「+INTERSECT+」の表題曲とカップリングなど、世に送り出した作品は耳目を集めている。そんな彼女にしてはシンプルなメロディを聴かせる「カーストルーム」。オープニングを務めるTVアニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』との間で見せた調和、曲に込めた思いについて聞いた。

取材・文 / 清水耕司(セブンデイズウォー)


自分では狙ってやっているんですけど 唐突に爽やかになるので聴く人がついてきてくれるかな?って

「カーストルーム」はどのような感じで作り上げましたか?

ZAQ まず、アニメサイドからは「かっこいい感じにしてください」と言われました。ただ、ロックではなくて4つ打ち系の感じで、と言われたのでそこは守りました(笑)。自分としては、原作は謎要素もあるし、大人っぽいというかおしゃれな感じにしたくて。それでアシッドジャズ気味なアプローチにしてみたんですね。最初に浮かんだのが、イントロに置いているDメロで、「すばらしいメロディができた」って思いましたね。そのあとはかなり悩みましたけど(笑)。でも実は今回、プロデューサーさんやディレクターさんからあまりディレクションが入らなかったんですよ。最初に出した楽曲が一発OKだったんですね。

自身としては少し不安に感じるところがありますか?

ZAQ ありますねー。「ないの!?ホントにいいの!?」って感じ(笑)。もちろん、エンジニアさんやスタッフと「こういう演奏にしたいと思ってるんだけど」みたいな細かいディレクションのやり取りはあったんですけど、楽曲の方向性とかに対して誰かから指示を受けることはなかったので。初めての経験でしたね。

世に出してみたときの反応が気になりますね。

ZAQ そうなんですよ。サビに向けてとてつもなく爽やかに広がっていくので、作っていて「キャッチーすぎるかな」という気持ちはありました。「カーストルーム」ってタイトルって閉鎖されたイメージしかないから、「タイトル負けするんじゃないか」って。すごくとがって怖い曲を想像させておいて、まさかの「爽やか!」っていう裏切りにお客さんがついてきてくれるか、気になりました。イントロがめっちゃかっこよかったのにサビでいきなり開けた感じになるので。私は狙ってやっているんですよ。でも、一貫性がないと思われたらいやだな、というのはありました(笑)

『よう実』は面白い部分がたくさんあって、歌詞に拾える要素がいっぱいありました

歌詞はどのような内容になっていますか?

ZAQ 『ようこそ実力至上主義の教室へ』のことしか言っていないんじゃないかな。こんな爽やかな曲調なんですけど、人生のテーマとか自由になることへの憧れみたいなところを歌詞には取り入れているんですよ。「這い上がる」とか「制限的自由の中で 君はどう生きるのかって 問われたみたいだ」とか。そのあたりはアニメからインスパイアを受けての部分ですね。

かなり『よう実』にどっぷりと浸かった歌詞なんですね。

ZAQ 私がアニソンを作るといつもどっぷりとしちゃうんですけど、今回の『よう実』は私の琴線に触れる作品というかですね、「あ、ここ面白い」と思える部分がたくさんあったんですよ。なので、(歌詞に)拾える要素がいっぱいありました。主人公がモテまくって女の子がキャーキャーしてるような学園コメディだと、「どこを拾おうかな」って探しちゃうんですけど(笑)。ポイント制での成り上がり方とか、クラス対抗でバチバチしたところとか、歌詞にするときに入れ込みやすい部分はいっぱいありました。