舞台『煉獄に笑う』  vol. 1

Topics

舞台『煉獄に笑う』稽古中間発表会!鈴木拡樹、崎山つばさ、前島亜美、村田洋二郎が六本木ヒルズでトーク

舞台『煉獄に笑う』稽古中間発表会!鈴木拡樹、崎山つばさ、前島亜美、村田洋二郎が六本木ヒルズでトーク

8月8日(火)、「テレビ朝日・六本木ヒルズの夏祭り SUMMER STATION」内特設ステージにて、舞台『煉獄に笑う』開幕直前の稽古中間発表会が行われ、鈴木拡樹、崎山つばさ、前島亜美、村田洋二郎が登壇した。

鈴木拡樹

MCに稽古の様子を聞かれ、石田佐吉役の鈴木拡樹は「殺陣とストーリーをシンクロさせながら稽古は進行しています。僕の演じる佐吉が曇芭恋と曇阿国の双子に出会うシーンはびっくりする仕掛けになっていますのでご期待ください」と語った。

崎山つばさ

原作を読んで舞台を観る方がいいのか? との質問には、曇芭恋役の崎山つばさは「舞台を観終わってから原作を読んでも楽しめるかもしれませんね」と答えると、羽柴秀吉役の村田洋二郎は「確かに。もちろん、原作を読んでからでも楽しめます。役者陣は原作に見合ったキャラになれる自信があるからです。しかも、12日(土)には最新の7巻が刊行されるからです!」と会場の笑いを誘った。

村田洋二郎

また、演出の西田大輔の印象を聞かれると、崎山は「かっこいい演技と殺陣をつける方と聞いていました。昨日の稽古場で『その殺陣はおしゃれじゃない』とダメ出しされて、いつもおしゃれな殺陣を考えている人だと思うと、かっこいいなと思いました」と笑った。


その後、登壇者以外の役者陣について紹介されると、舞台初出演になる浅田舞について、曇阿国役の前島亜美は「浅田舞ちゃんはフィギュアスケートをやっていたせいか、出で立ちと動きがとっても綺麗です。舞ちゃんの殺陣にも注目です」と笑顔でアピールした。

前島亜美

ここで、劇中歌として、大人気バンド・和楽器バンドの『雪よ舞い散れ其方に向けて』が使用されることが発表され、崎山は「前島さんとライブを拝見させてもらいました。この曲が流れた時に鳥肌が立ちましたね。舞台の世界観とバッチリ相性があっていますよ」と語った。

イベントの締めくくりとして、鈴木は「歴史物にファンタジーが加わって予想のできない素晴らしい作品になっています」と挨拶。さらに「9月10日(日)の大阪・森ノ宮ピロティホール大千秋楽公演の模様をライブビューイングとCSテレ朝チャンネル1で同時生中継します!」とアナウンスすると会場から大きな拍手が起こった。最後に「煉獄に笑う」のコール&レスポンスが行われ、鈴木が「煉獄に~」とコールすると700人以上の聴衆から「笑う!」とレスポンス。イベントは盛況のうちに幕を閉じた。

取材・文・撮影 / 竹下力

舞台『煉獄に笑う』

2017年8月24日(木)~9月3日(日)
東京・サンシャイン劇場
2017年9月8日(金)~9月10日(日)
大阪・森ノ宮ピロティホール

【原作】「煉獄に笑う」唐々煙(掲載「月刊コミック ガーデン」/WEBコミック「MAGCOMI」)
【脚本・演出】西田大輔
【テーマソング】和楽器バンド「雪よ舞い散れ其方に向けて」(エイベックス・エンタテインメント)

【出演】
石田佐吉 役・鈴木拡樹/曇芭恋 役・崎山つばさ/曇阿国 役・前島亜美/百地海臣(八它烏)役・小野健斗 百地一波(八它烏)役・納谷 健 百地獅々丸(八它烏)役・碕 理人 百地鈴太郎(八它烏)役・林田航平 百地亜瑚(八它烏)役・釣本 南/百地桜花(八它烏)役・山下聖菜 羽柴秀吉 役・村田洋二郎 百地浯衛門(八它烏)役・平塚真介 百地秋水(八它烏)役・東 慶介/島 左近役・中村誠治郎/芦屋弓月 役・浅田舞/百地丹波 役・吉野圭吾、角川裕明(Wキャスト)

オフィシャルサイトhttp://www.rengoku-stage.com

ライブビューイング

2017年9月10日(日)17:00開演
全国各地の映画館
http://liveviewing.jp/contents/rengoku-stage/

CSテレ朝チャンネル1生中継

2017年9月10日(日)17:00より放送
http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0197/

原作コミック 「煉獄に笑う」

煉獄に笑う

著者:唐々煙
出版社:マッグガーデン

「曇天に笑う」から遡ること、300年。大蛇の器を巡る物語、再び。

テーマソング

和楽器バンド
「雪よ舞い散れ其方に向けて」

エイベックス・エンタテインメント

vol.1
vol.2