Interview

THE BEAT GARDEN 結成からの5年間を凝縮した、渾身のメジャーデビューアルバムが伝える野心と覚悟

THE BEAT GARDEN 結成からの5年間を凝縮した、渾身のメジャーデビューアルバムが伝える野心と覚悟

デビュー1周年のタイミングでリリースされる1stアルバム『I’ m』には、シングル曲が4曲。メンバーが口を揃えて「とにかく目まぐるしかった」と話すのも頷ける。しかしそれ以上に「そのスピードにやっと目が慣れてきた」という言葉が胸にストンと落ちる作品なのだ。
自分たちと真摯に向き合って、自分たちが掲げた“エレクトリックダンスロック”という音楽の可能性に挑み、THE BEAT GARDENというグループの頑強な礎を柔軟に作りあげた。現在地から見える景色を、メンバー全員に語ってもらった。

取材・文 / 山本祥子 撮影 / 鈴木圭


(歌詞は)自分たちが少しずつ進んでいく姿だったり、等身大の生活感が出ていたらいいなと思いますし、出ていると思いますね

まさに『I’m』というタイトルに相応しい、THE BEAT GARDENの名刺代わりとなるアルバムが完成しました。

U 言っていただいた通り、名詞として差し出せる作品にしたいっていうのが一番にあって。ネットやCDショップの試聴機で初めて僕たちの音楽に触れた人が、「3ボーカル1DJ、面白いな。もっと聴きたい」と思ってくれたら嬉しいですし。プラス、タイトルが『I’m』なので、12曲のどこか共感する私を見つけてもらって、聴いてくれる人にとっても『I’ m』になればいいなっていう。

U(vo)

『I’ m』にはハッとさせられました。セルフタイトルと同じ作用があるのに、言われた通り、聴き手に投げかけるパワーもあって。単純な言葉だけど誰も手をつけてなかったわ!って。

MASATO イエーイ!(全員とグータッチ)

SATORU これはMASATOくんが考えたんですけど、初めて聞いた時に僕も、絶対これがいい、すごいぴったり!って思いましたね。

そして勢いよく耳に飛び込んでくる「Don’t think, feel.」は、“好きなように揺れていいんだよ”という聴き手へのメッセージであり、このアルバムのリスナーの指南でもあります。

U まさに。歌詞の意味も含めて1曲目に相応しいと思いましたし。シングルを出してきた中でも、今のTHE BEAT GARDENはここかな、「Don’t think, feel.」が一番近いよなっていう感覚が自分たちの中にあるので。

一番近いというのは、どういうところで感じているのでしょう?

U 新しい扉を開けた感覚があったんですよね。自分たちなりのファンクの取り入れ方をして、今、感じて欲しい音が出せたなっていう手応えがものすごくあったから。

1曲目で掲げた新しい試みは、このあとの11曲へと脈々と猛スピードで展開していくんだけれど、歌詞の世界観はどれも5メートル以内っていうね。

一同 あぁ、確かに!

自分の葛藤だったり、相手への想いだったり、夢だったり、もちろん未来を見ている曲もあるけど、どれも手をグッと伸ばせば届くような距離感で描かれていて。

U すごく嬉しいです。僕は歌詞がブワッと溢れてくるタイプじゃないので。インディーズ時代からいろんな書き方を試してきたんですけど、結局、一緒にいるこの4人の想いに行き着いたというか、夢を描くのが一番合っているのかなと思っていて。なので、誰かの気持ちを代弁するようなものじゃなくて、自分たちが少しずつ進んでいく姿だったり、恋愛の曲ならば実体験を入れたり、等身大の生活感が出ていたらいいなと思いますし、出ていると思いますね。

で、2曲目が「Promise you」でしょ? 試聴機で聴き始めたらここで、「いいアルバムに違いない」って引きづり込まれる曲順です。

SATORU ハハハハ。どこかで好きになってくれたらいいなという想いを込めて、最初の4曲は特に意識してみんなで考えましたよね。

DJ SATORU(DJ)

だからこう、曲順も含めて、新録曲4曲にもまたそれぞれ役割があると思うのですが、そこを説明してもらってもいいですか?

U ハイ。「Alive」は、「僕らの原型とも言えるやり方で1曲作りたいね」みたいな会話から、REIがトラックを仕上げてくれたんです。なので、今まで通りノれて、でもサウンドやメロディはちょっと新しい感覚で響くと思いますし、3曲目に入れたのもそこですよね。これまでのTHE BEAT GARDENと今のTHE BEAT GARDEN、両方を感じてもらえる楽曲だから、早めに聴いてもらおうっていう。

この曲には〈本当の僕が街に薄まっていく 嘘で偽って 何を歌いたいかもわからなくなる〉という葛藤が描かれていて。前回のインタビューでは、出会って1週間で上京して、そこからひたすら突っ走ってきた話ばかり聞いたけど、その奥にはやはり渦巻くものがあったんですね。

U そうですね。上京した時は勢いだけでライブハウスを回って、ライブをやって、常に景色が動いていて。けどそのスピードに徐々に目が慣れることで、見えなかったものが見えてきてしまったんですよね。わかっちゃったことによって言えなくなったりとか、それで歌詞を書くのも時間が掛かるようになったりとか。うん、なのでこういう曲になったんだと思います

その内側の葛藤を描きつつも、〈James Brown〉と〈Get up〉がコソッと入っていて。

MASATO フフフ。そこは遊びですよね。

これがまた、まったくファンクじゃない曲なのが最高だなと思って。

U 確かに、全っ然ファンクじゃない! 自分がライブを観に行く時もそうですけど、面白いフレーズとか、いい意味で適当に感じる曲が結構好きで。僕らの音楽はエレクトロっていう、パーティーライクなエッセンスも入っているので、すべての辻褄が合わなくても、どこか共感できる部分があればいいし。共感させたいがために辻褄を合わせて体が揺れないのであれば、辻褄が合ってなくても聴いてくれる人のテンションが上がったほうが、特にこの曲は嬉しいんで、ぶち込んでみました(ニッコリ)。

いやぁ、このやられた感は爽快でした。

一同 あははははは。