Interview

「この世界でテッペンを掴む!」、祭nine.が元気いっぱいにメジャーデビュー

「この世界でテッペンを掴む!」、祭nine.が元気いっぱいにメジャーデビュー

東海地方出身&在住のメンバーで構成されたエンターテイメント集団“BOYS AND MEN”。その弟分的グループである“BOYS AND MEN研究生”は、昨年12月にリリースした「ドドンコ Don’t worry」でオリコンデイリーチャート1位を獲得。イベントを開催すれば多くのファンが集結し、今年2月には3,000人の観客を集めた単独ライブ(名古屋センチュリーホール)も大成功させた。そんな順風満帆な状況や反響を思えば、“BOYS AND MEN研究生”としてメジャーデビューといった流れになりそうなのだが、なんと! 研究生13名から選抜されたメンバーでメジャーデビューをすることに。 “祭nine.”という新しいユニット名と選抜メンバー7名が3月に発表され、5月に活動をスタートさせたばかりの彼らが、シングル「嗚呼、夢神輿」でついにメジャーデビュー!
取材現場に入ってくるなり、「僕たちは、“祭nine.”ですっ! よろしくお願いします!」と、7人は声を合わせて元気に挨拶をしてくれました──。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 関信行


祭nine.の永遠のテーマは、この世界でテッペンを掴むこと

元気いっぱいですね~。では、自己紹介、性格自己分析からお願いします。

横山統威(よこやま・とうい) 緑色がテーマカラーの横山統威、16歳。いて座のB型。僕は自分が大好きな、超絶ナルシストです!

清水天規(しみず・たかのり) 統威は自分が大好きなんです。

統威 鏡があったらずっと自分を見てますね。

寺坂頼我(てらさか・らいが) 人の目の中にいる自分も見ちゃうくらいだもんね。

天規 あ、自己紹介中にほかのメンバーが茶々入れちゃっても大丈夫でしたか?

寺坂頼我

どんどん入れちゃってください(笑)。

髙崎寿希也(たかさき・じゅきや) テーマカラーが青色の髙崎寿希也です。16歳。イタズラが大好きなので、よくメンバーにイタズラを仕掛けてます!

浦上拓也(うらがみ・たくや) 携帯電話のカメラ部分に黒いテープを貼ったりするんですよ~。

寿希也 で「僕を撮って~」って撮ってもらうんですけど、「あれ!? なんで撮れないの?」ってなってるメンバーの顔を見るのが好きです(笑)。

野々田奏(ののだ・かなで) 寿希也はメンバーの中でいちばんガキンチョだもんね。

拓也 僕のテーマカラーは白色です。正統派担当で、平和主義。京都出身の17歳です!

野々田奏

何の正統派なの?

頼我 僕たちも何の正統派かわからないですよ(笑)。

拓也 僕、トイレも行かないですし。

 さっき行ってたけどね(笑)。

拓也 それは言わないで~(笑)。僕はいつでもファンの方の笑顔を糧に生きています!

神田陸人(かんだ・りくと) さすが正統派担当! 僕はピンク色がテーマカラーの神田陸人です。猫が好きな頭脳担当です。今も大学に通いながら活動しています。勉強が好きで、特に理数系が得意です。

 Wikipediaを文字って“リクぺディア”と呼ばれたり、呼ばれなかったり(笑)。

陸人 呼んでいるのか呼んでいないのか、いったいどっちなんだ~!

天規 陸人は勉強面はすごいんですけど、生活面がイマイチなんですよ。片付けとかも要領が悪いのか、遅すぎるし。

寿希也 そのギャップが面白いんですけどね。

天規 祭nine.の裏番長、そして、みんなのお兄ちゃん、紫色の清水天規、19歳です。

 ちなみに表番長は誰なのかわからないんですけどね(笑)。天規は子供の頃から芸能活動をしているし、ダンスも歌もうまいので、僕たちメンバーも尊敬してます。ライヴ中もいちばん最初に声を出して、引っ張ってくれるんです。

統威 頼れるお兄ちゃんですね。

頼我 僕はテーマカラーが赤色、リーダーを務めさせていただいている寺坂頼我、17歳。祭nine.の中で唯一のAB型。山羊座。好きなものはラーメンとさつまいもです!

陸人 あれ? エビが好きなんじゃなかったっけ?

頼我 エビも好きです!

清水天規

どんなリーダーですか?

陸人 なるべくしてなったリーダー?

頼我 事務所の社長から「頼我がリーダーだよ」と指名を受けまして。

 頼我はもともとセンターに立つことが多かったしね。

頼我 自分がリーダーなんだという意識をちゃんと持って、みんなに支えられながらリーダーとしても成長したいと思ってます!

 カレーが好きな野々田奏、元気担当です! テーマカラーは黄色。ひまわりのようにみなさんを明るくしたいと思っている17歳です!

浦上拓也

みなさん、声が大きいですけど、奏さんは特に大きいかも。

 音量が調節できない、歩くスピーカーと言われてます(笑)。キャラクターも性格も違う7人ですけど、共通点は何事に対しても全力投球なところです。

天規 いい意味で、みんな負けず嫌いなんです。

寿希也 とことんやらないと気がすまないし。

天規 お互いがお互いを刺激し合って、高め合っているんです。

陸人 まさに切磋琢磨してますね。

 ひとつひとつ手を抜かない。

統威 あと、全員10代なので元気と若さとフレッシュさも共通してるよね。

天規 全員がアクロバット、バク転ができるところも祭nine.の強みだと思います。

統威 僕はようやく最近バク転ができるようになったんですけどね。

拓也 僕はもともと体操部なので、寝起きでもバク転ができます(笑)。

天規 僕たち、ライヴが終わる最後の一瞬まで水を飲まない体育会系なんです。

 で、ステージから消えた瞬間、ペットボトルの水を探して、ごくごく一気に飲んでます(笑)。

横山統威

BOYS AND MEN研究生から選抜された7人で、祭nine.としてメジャーデビューしたわけですから、心境の変化もあったでしょう?

拓也 祭nine.のメンバーになってからメジャーデビューまでの3ヵ月間で急成長しなければいけないと思ったら不安と焦りでいっぱいになったし、まだまだ足りないことだらけですけど、僕たちにしか出せない色を出していくためにも、全力投球するしかないと思ってます。

統威 僕はBOYS AND MEN研究生にいちばん最後に加入したので、13人の中でなかなか自分の色を見つけることができなかった時期もあったんです。でも、祭nine.になってからの約3ヵ月の間で7人それぞれの役割りや立ち位置がだんだん見えてきて。そのなかで、自分の存在感をもっともっとアピールしなければいけないというポジティブな気持ちで毎日頑張っています。

天規 メジャーデビューするメンバーは選抜されたこの7人ですけど、選ばれなかった6人の想いも夢も一緒に僕らは背負っているんです。

頼我 今も6人の力と想いを借りて、イベントなどの活動をさせてもらっているんです。

天規 だからこそ、僕らはプレッシャーや不安をはねのけて、「やってやるんだ! 負けたくない!」という強い気持ちを持たなきゃいけないと思っています。

 ライヴ前に7人で円陣を組むときも「今日も絶対に勝つぞ!」って掛け声を出すんですよ。リリースイベントやテレビやラジオ、取材など、僕らのような結成して間もないグループがなかなか見られる景色ではない素晴らしい景色を見させてもらえている日々に感謝しています。

頼我 これからも謙虚な気持ちを忘れずにいたいです。

神田陸人

祭nine.は7人組なのにナインなんですよ。

 そこは突っ込みどころですよね(笑)。

天規 怖いもの知らずで、男気溢れる僕らを漢字一文字で表すなら“祭”。“nine=9”は事務所のラッキーナンバーです。

髙崎寿希也

それにしてもテーマカラーを施した衣装はメンバーそれぞれデザインが違うし、ものすごく派手ですね。

天規 先輩のBOYS AND MENが学ランを着て活動しているので、僕らは先輩の学ランスタイルを引継ぎながら、祭nine.なのでお祭りをテーマにした陣羽織なんです。

陸人 この衣装を着ると身が引き締まります。