『ドラゴンクエストXI』が最高のゲームである理由  vol. 1

Report

『ドラゴンクエストXI』ドラクエ11の特別な魅力4つをスクショで紹介

『ドラゴンクエストXI』ドラクエ11の特別な魅力4つをスクショで紹介

発売日である2017年7月29日から、わずか10日間で国内におけるパッケージ出荷とダウンロード販売本数が300万本を突破した『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(以下、『DQXI』)。プレイヤーをワクワクさせるさまざまな要素満載の本作は、SNS上でもつねに話題に上がっていて、『DQXI』の投稿を見ない日はない。本当にない。投稿はどれも作品から溢れ出る開発陣の熱意や愛といったものを抽出し、それを多くの“勇者たち”と共有したいというものばかりで、ネタバレを恐れながらもついつい見てしまう。しかし、いまのところ勇者たちのモラルの高さからかネタバレに繋がるような情報は目にしていないので、この記事も駆け出し勇者たちの楽しみを大きく奪わない範囲で『DQXI』の気になるポイントを紹介! ただし、仕事家事育児を兼業しているお母ちゃん勇者なので進行度はかなりまったりなうえ、内容もかたよりがちだ! 本当はプレイ内容を全部語り尽くしたいけれど、盛大なネタバレになるのでテンポよくサックサクと紹介していくよ!

文 / 大部美智子


1.3DS版とPS4版のちがいが生み出す魅力

初めて触れた『ドラゴンクエスト』(以下、『DQ』)シリーズは、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』。そこから『ドラゴンクエストVI 幻の大地』やスーパーファミコン版の『ドラゴンクエトIII そして伝説へ…』などをプレイしていったけれど、やっぱり何度も何度もプレイした作品が思い出深い。かつて、お母ちゃんは勇者の父だったのだ。ひさしぶりに『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』が読みたい……。

『DQXI』で数年ぶりに『DQ』シリーズに触れて、王道を外さない、それでいて新しさもギュッと詰まった本作に一気に夢中になった。やはり、旅立ちと言ったら16歳、16歳と言ったら旅立ちなのだ。

グラフィックの進化がすばらしく、さまざまな世代の勇者たちの琴線に触れるようなエッセンスも多い。たとえば“ふっかつのじゅもん”。私はふっかつのじゅもんをノートに書き留めた経験はないけれど、Twitterの反応を見ると、その世代の勇者たちはそれだけで「なつかしい……」と現役時代を思い出しているように見えた。

そんな『DQXI』は3DS版とPS4版が同時に発売した。単純にハードが違うだけではなく、まるで別の作品であるかのようにガラリと変わり、それぞれの特色を活かした広がりを見せている。

<3DS版>

・3Dモードか2Dモード、好みの表示スタイルで遊べる
・3Dモードはふりがなが振ってあるので、小さな勇者にもオススメ。よく見るとフォントも違う。
・すれちがい通信で過去作品の世界へ行ける!? 
※私のプレイ速度がガメゴンのごとしなので、公式サイトに書かれている以上のことはまだ不明……。ただし、勇者や仲間たちの心震えるエピソードを体験できると聞いて、はやる気持ちが抑えられない

<PS4版>

・広大な世界、美麗なグラフィックによる圧倒的没入感
・マジックスロット。※スロット経験者に言わせると、かなりリアルに作り込まれているらしい。が、マジックスロットもリアルのスロットもまだ体験できていないのでわからない……

PS4版はマップがとても広く3DS版と縮尺が違うので、同じ目的地に向かっても所要時間が異なる。移動時間が短縮できるのでサクサクとストーリーを進められる3DS版、細かな寄り道や探索が楽しいPS4版、自身のスタイルに合ったプレイを選択できるのがうれしい。

また、『DQXI』では“ふっかつのじゅもん”システムが取り入れられている。どちらのハードでストーリーを進行させても、教会で聞ける“ふっかつのじゅもん”を使えば、もう一方のハードでもだいたい同じ進度でプレイすることができる。ただし、所持金やアイテムは引き継げない。が、名前は引き継がれている……どういう仕組みなのかわからないがすごい。むしろ名前こそ引き継げないと思っていたので非常にうれしい。

▲PS4版でストーリーを進め、“ふっかつのじゅもん”を3DS版に入力した。この17文字にさまざまな情報が込められている。ふしぎ

通勤・通学などの外出時は3DSで進めたりすれちがい通信をして、自宅ではPS4でじっくりと腰を据えてプレイする……といった具合に、ハードを使い分けてライフスタイルに合った楽しみかたができる。早く3DS版のすれちがい通信やPS4版のマジックスロットができるところまで進めたいけれど、勇者の仲間であるカミュのSSを撮りながらだと遅々として進まない。困った。

▲3DS版(上)とPS4版(下)でカミュが仲間に加わった場面。うん、どっちもカッコイイ

vol.1
vol.2