Report

日本中にエールを送り続ける松岡修造!君も強くなれる!『まいにち、テニス!』発刊記念イベント

日本中にエールを送り続ける松岡修造!君も強くなれる!『まいにち、テニス!』発刊記念イベント

PHP研究所から8月24日(木)に、日めくりシリーズ第3弾となる『[修造日めくり]まいにち、テニス』が刊行される。
それに先立ち、21日都内にて、松岡修造による発刊記念トークイベントが行われ、会場には予約購入者の中から抽選で選ばれた100人のファンが集った。

MCから松岡の登場のアナウンスがされると、大歓声とともに颯爽と現れる松岡修造。舞台上で、1973年放送の大ヒットアニメ『エースをねらえ!』のOP曲の替え歌を熱唱しながら子供用のテニスボールでスマッシュを決めるという松岡らしいハイテンションでの登場に会場も沸いた。

冒頭からテンションマックスの松岡は「どうしてこの曲か? 僕はテニスアニメの勝負シーンで一球を大切にする姿勢に感銘を受けた。『この一球は勝負を分ける一球なり』という言葉をこの本に込めているぐらいです」と語り、今作への想いを語った。
3冊目が出版されることについて、松岡は「1冊目の『まいにち、修造!』が約130万部、2冊目の『ほめくり、修造!』が約50万部売れて、本当にびっくりしました。最初は手作りのようでしたから。」と感慨深げに語ると、「3冊目はどうしてもテニスのことにしたかった。それは今の自分はテニスにあるから。全国各地のテニススクールに置いてもらって、逆にお金を払いたい気持ちで作りました。“松岡修造”の魂が込められています。」とテニスと共に歩んできた松岡らしい情熱を注いだことがみて取れた。

また、この書籍刊行の別の意味を語り始める。
「ある意味、同じプロテニスプレイヤーの錦織圭がグランドスラムを取るときに出そうと思っていたんです。でも手首を怪我した。だからこそ送りたい言葉があります。『感じてごらん、みんなの想い』。みんなが圭を待ってるんです。」と述べた。日本人初のグランドスラム制覇は国民が期待している夢。その夢に一番近い存在が錦織圭。常に自分とみんなの期待を胸に世界で戦い続けている錦織へのエールとして、送った言葉。怪我はつきもの、それをしっかり治してまた戻ってくるまでみんなは待ってくれるから、あせらずに今の時間を過ごして欲しい。その想いは、修造チャレンジ出身の錦織にしっかりと届いているはずだ。

そして、顔色をにこやかに変えると「場が真面目になってきたのでここで笑いを取ります」と宣言。「テニスをしている息子が小学校の時の夏休みの宿題で、僕の『まいにち、修造!』にかこつけて、自分で日めくりを作ったんです。とんでもない発想力だったから、一つ拝借してしまいました。それは見てのお楽しみです。」とトークはオーバーヒート気味に。
「ちょっと脱線しすぎて」と自戒すると「実は、もう一つ、2020年の東京オリンピックとパラリンピックで燃え尽きて灰になるほど応援したいんです。だから、『まいにち、水泳』『まいにち、サッカー』といった全スポーツに広がってもらいたい思いもあります。」とスポーツの振興に対する並々ならぬ熱意を感じた。

そこから5人の男女を順番に壇上に上げて、松岡が質問に答えるコーナーへ。

指名され登場した女の子から、DEUCE(点数が40-40の同点)になったら、どうモチベーションを保つかという質問に対し、松岡は「『アドバンテージ・スマイル!』いつも笑っているのが大事。一番の緊張は表情から出くるからスマイルでリラックス!」とアドバイス。 そして「ウザボードです」と笑いを取り、日めくりのカレンダーをボードにした『弱い自分を打ち返せ』というメッセージをプレゼント。松岡は女の子を見ながら「テニスはボールを打ち返す競技。ボールを自分の弱さだと思って打ち返せば、さよならできるよ。」と伝えた。「夢はありますか?」と松岡に聞かれ、女の子は「グランドスラムを全部優勝すること」と答え「よし行くぞ! できる!」と背中を叩いて応援した。

また「緊張した時の対処方法を教えて下さい」という質問に対して、ウィンブルドン選手権でベスト8へ勝ち進んだ時の緊張をほぐした時の言葉として『緊張したら、おばあちゃん』を紹介。緊張した時に空を見て好きな人の顔を想い浮かべることで救われたという逸話を話した。

質問コーナーの終盤に、もう一人お子さんを壇上にあげて質問を受ける。松岡は壇上で緊張しお話出来ない様子の少女に「失敗してもガッツポーズだ!」とエールを送ると「修造さんの子供の頃のファンは誰ですか」と質問され、少女の勇気に拍手が送られた。その松岡の答えはテニス選手ではなく「松田聖子」。さらに奥さんに聖子ちゃんカットまでさせようとしていると答えて大爆笑をさらった。

最後は、松岡の手から、修造チャレンジで使っているテニスボールを一人一人にプレゼント。イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

その後、囲み取材が行われ、改めてこのカレンダーが3冊目の出版になる感想を問われ、「流行語の候補になるほどですから嬉しいですね。僕自身のストーリーが一冊に込められています!」と力強くアピールした。 怪我に苦しむ錦織にアドバイスを求められ「圭にはみんなの想いを感じてもらいたい。周りは絶対に応援していますから、一人じゃないことを感じて欲しい」と答えた。 最後に「弱い心に負けているのか! 俺だって負けているよ!『まいにち、テニス』は俺の弱さがすべて入っている。だからみんなもこれを読んで、「まいにち、修造」になろう!」とアピールした。

流行語大賞にもノミネート歴のある大ヒット日めくりシリーズ第3弾となる『[修造日めくり]まいにち、テニス』は24日発売。きっと毎日を元気にしてくれる言葉の宝箱に違いない。

取材・文・撮影 / 竹下力

『[修造日めくり]まいにち、テニス! 心を強くする本気の応援メッセージ』

著者:松岡修造
価格:¥1,000+税
発売元:PHP研究所

松岡修造

1967年生まれ、東京都出身。10才で本格的にテニスを始め、単身フロリダ州タンパにあるハリーホップマン・テニス・キャンプに参加。86年、地元にあるパーマーアカデミーを卒業後プロに転向。95年には、日本人男子として62年ぶりにベスト8進出の快挙を成し遂げた。北京オリンピックでは、JOC公認の日本選手応援団長にも任命。2012年に開催された『ロンドンオリンピック2012』ではテレビ朝日メインキャスターを務め、JOCによる日本代表選手団応援プロジェクト「1億2500万人の大応援団」の応援団長にも任命された。11代目くいしん坊として出演している『くいしん坊!万才』は16年目を迎え、幅広い分野で活躍中。
オフィシャルサイトhttp://www.shuzo.co.jp/