ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏”  vol. 1

Interview

須賀健太×永田崇人が自信を見せる“進化の夏”。演劇「ハイキュー!!」そのものが進化を遂げる!

須賀健太×永田崇人が自信を見せる“進化の夏”。演劇「ハイキュー!!」そのものが進化を遂げる!

作品そのものが「進化」を遂げる舞台になる

改めて、<日向翔陽>・<孤爪研磨>の役どころについても、似ているところや好きなところなど聞かせてください。

永田 〈研磨〉に関しては似ていないところなら100万個くらい挙げられるけど、似ているところはほとんどない(笑)。たとえば合宿の場面で〈研磨〉はひとりゲームをしてますけど、ああいうときも普段の僕は正反対。ゲームなんて一切やらずに、完全にアウトドア。お肉も焼くし、ボール遊びもするし、川があれば真っ先に飛び込むタイプです(笑)。

須賀 僕は「好き」っていう気持ちが原動力になっているところは似ているのかなと思います。〈日向〉はバレーボール、僕はお芝居。好きなものに対するエネルギーの向け方は近いというか、理解できるところはありますね。ただ、年々やるごとに〈日向〉の熱量に自分を近づける作業が難しくなっていて。演じれば演じるほど、底知れない〈日向〉の熱量に圧倒されます。

背が小さいからこそ努力する日向の姿勢には打たれるものがあります。

須賀 そこも根本は似てますね。僕も小さい頃はよくオーディションで「芝居はいいけど、身長が足りない」って言われてたんですよ。だから〈日向〉の悔しさはわかるし、身長は関係ないんだって練習に打ちこむ姿は、似ているというより自分も真似したいなと思います。

烏野と音駒と言えば因縁のライバル。ふたりにとってのライバルは?

須賀 みんなですね。この演劇「ハイキュー!!」でも、キャストみんなそれぞれいいところがある。だからみんなライバルだし、みんなからもライバルと思われるような大きな存在でいたいです。

永田 音駒は、チームとしてどう見せるか、どう戦うかという考えが主体になっていて。だから誰か個人というよりも、それぞれ他の学校に対するライバル意識は常にありますね。今回で言えば梟谷学園高校が登場したことで、改めて梟谷とどう差をつけるかみんなで考えるようになりました。梟谷との対比を通じて、しっかり音駒の色を見せたいですね。

では最後に、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏”を楽しみにしている読者の方にメッセージをお願いします。

永田 この“進化の夏”は、作品そのものが大きく「進化」を遂げる大事な舞台。今まで応援してくださっているファンの方には絶対観てほしいし、まだ観たことのない方にとっては、新しい演劇「ハイキュー!!」ということで、すごく入りやすいと思います。ぜひたくさんの方にご覧いただきたいです!

須賀 これまでやってきたパフォーマンスや試合の見せ方は、前回の“勝者と敗者”でひとつ完成できたという手応えがあって。だからこそ、今回の公演で今までとは違う演劇「ハイキュー!!」の魅力を見つけたいなと思っています。そしてそれが次に続くものになればいいなというのが、今一番の願い。お客さんには気負わず、真っ白な状態で新しい演劇「ハイキュー!!」を楽しんでもらえたら嬉しいです。

須賀健太

10月19日生まれ、東京都出身。1999年に子役デビューし、2002年のドラマ「人にやさしく」で話題を集める。近年は演劇「ハイキュー!!」などの人気舞台でも活躍する傍ら、映画の「シマウマ」(16)や「ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-」(16)、「ダブルミンツ」(17)、「獣道」(17)で幅広い役柄に挑戦し、役者としての幅を広げている。朝日放送「世界の村で発見!こんなところに日本人」にレギュラー出演中。11月からの劇団新感線「髑髏城の七人」Season月 に兵庫役で出演が決定。2018年には映画「サイモン&タダタカシ」、「ちょっとまて野球部!」の公開が控えている。

永田崇人

8月27日生まれ、福岡県出身。2015年3月に開業した東京ワンピースタワーの「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」でモンキー・D・ルフィ役を1年間務める。2016年以降、「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”烏野、復活!” ・”勝者と敗者” 、舞台「錆色のアーマ」など数多くの人気舞台に出演。2017年には初のTVドラマ「スター☆コンチェルト~オレとキミのアイドル道~」に出演。10月には映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」の公開が、12月には舞台「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭 」への出演が控えている。


フォトギャラリー

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏”

【東京公演】2017年9月8日(金)~10日(日) TOKYO DOME CITY HALL
【大阪公演】2017年9月15日(金)~18日(月・祝) 大阪メルパルクホール
【兵庫公演】2017年9月22日(金)~24(日) あましんアルカイックホール
【宮城公演】2017年9月29日(金)~10月1日(日) 多賀城市民会館 大ホール
【福岡公演】2017年10月14日(土)・15日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【東京凱旋公演】2017年10月20日(金)~29日(日) TOKYO DOME CITY HALL

【原作】古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
【演出・脚本】ウォーリー木下

【キャスト】
■烏野高校
日向翔陽:須賀健太/
影山飛雄:影山達也/
月島 蛍:小坂涼太郎
山口 忠:三浦海里
田中龍之介:塩田康平
西谷 夕:渕野右登
縁下 力:川原一馬
澤村大地:秋沢健太朗
菅原孝支:猪野広樹
東峰 旭:冨森ジャスティン/

■音駒高校
孤爪研磨:永田崇人
黒尾鉄朗:近藤頌利
海 信行:武子直輝
夜久衛輔:後藤健流
山本猛虎:川隅美慎
福永招平:梶原 颯
灰羽リエーフ:石倉ノア/

■梟谷学園高校
木兎光太郎:吉本恒生
赤葦京治:結木滉星
木葉秋紀:東 拓海
鷲尾辰生:三宅 潤
猿杙大和:松波優輝
小見春樹:高根正樹/

■烏野高校 OB・OG
嶋田 誠:山口賢人/
田中冴子:佐達ももこ
月島明光:山川宗一郎/

■烏野高校 マネージャー
清水潔子:長尾寧音
谷地仁花:斎藤亜美/

■烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄:内田 滋
烏養繋心:林 剛史

幼い頃に見た “小さな巨人” に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。インターハイ宮城県予選で青葉城西高校に接戦の末に敗北した烏野高校は春高予選に向けて再び動き始める。そして次なる舞台は夏に行われる音駒高校、梟谷学園高校との東京合宿! 強豪校たちとの戦いの中で烏野高校はいかに成長を遂げるのか!? 今、進化の時を迎える!!

©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

原作コミック 「ハイキュー!!」

ハイキュー!! 9巻

著者:古舘春一
集英社「週刊少年ジャンプ」

青葉城西に負けた悔しさをバネに、新たな目標を掲げ歩み始めた烏野。東京遠征も決まり沸き立つ中、待ち受けるは期末テスト!? 赤点を取ると遠征には行けない…赤点寸前の日向・影山・田中・西谷の運命は!?

©古舘春一/集英社

vol.1
vol.2