Interview

Lead 15周年第一弾シングルから見えてきた、3人のこれまでとこれから。個々の活動への意気込みも訊く

Lead 15周年第一弾シングルから見えてきた、3人のこれまでとこれから。個々の活動への意気込みも訊く

僕らにとって15年いろいろなことがあって、今もつながってることって、すごく幸せだし(古屋)

歌詞は3人で書いてるんですよね。

古屋 3人で伸也の家に集まって、最初のうちは核になりそうな言葉を集めたり、つぶやいたりしてたんですけど、その中で「This is ourday」という言葉が出てきたんですね。そのときに、よくファンのみんなが俺らに「幸せになってほしい」って言うんですよ。僕らにとって15年いろいろなことがあって、今もつながってることって、すごく幸せだし、それは僕たちだけじゃなく、すべての人がそういう想いを持って生きてるはずだと思ったときに、「Beautiful day」って言葉が浮かんだんです。

鍵本 僕らが感じている15年間の感謝の気持ちを伝えるのと同時に、この曲からLeadのことを知ってくれる人たちにもわかりやすいようにラブソング仕立てにしたいなと思ってたんで、「Beautiful day」というキーフレーズは、すごくいいなと思って。

谷内 でも、感謝の想いとラブソングのバランスは、すごく難しかったですね。

鍵本 たったひとつのワードだけでも、ものすごくラブソングに寄ってしまうんですよ。逆もあったしね。結局、2週間ぐらいかかりましたね。

RAPの歌詞は伸也くんがひとりで? 歌い方が、いつもとは違うスタイルで、それがまたすごくマッチしてたなと思ったんだけど。

谷内 カップリングの「Say Good-bye Say Hello」のRAPは僕ひとりですけど、「Beautiful day」は、歌詞は全体の流れを見ながらメンバーとも相談しながらでした。でも、今回のRAPを好きだって言ってくれる人が多いんですよね。サウンド同様にRAPにも流行りがあって、新しい俺は出しました。あれ? 俺の新しさ? 新しい、俺?

鍵本 どっちでも大丈夫や(笑)。

谷内 (笑)。あと今回は、ラッパーのKM-MARKITさんがサウンドメイクからディレクションまで一緒にやってくれたのも大きかったですね。いろいろアドバイスしてもらってカップリングの「Shampoo Bubble」も一緒に作ってもらいました。

グッとくる香りの感じを歌詞にしてみたいなと思って(鍵本)

「Shampoo Bubble」と「Say Good-bye Say Hello」の歌詞は輝くんが担当。「Shampoo Bubble」みたいな弾けた夏っぽい曲は久しぶりですね。

鍵本 この曲は、まさに夏っぽいちょっと力の抜けたものを作ろうってことで、男子トークっぽく「女性のどういうところにグッとくる?」ってテーマで話をしたんですよ。そこで「香り」ってキーワードが出てきて、すれ違ったときにグッとくる香りって香水かな、柔軟剤かなって話してたら、そりゃシャンプーだろ! ってことになって。

グッと声のトーンが盛り上がりましたね(笑)。

古屋 その時も盛り上がりました(笑)。

鍵本 そのグッとくる香りの感じを歌詞にしてみたいなと思って。

可愛い歌詞ですよね。歌の掛け合いも、すごく良かった。

鍵本 中学生男子の会話レベルですけどね(笑)。でも、歌ってみるとすごく楽しかったので、ライブでやる日が楽しみです。

古屋 あ、あと、この曲のイメージビデオをハワイで撮影したんですよ。とある番組との合同企画だったんですけど。

鍵本 俺と敬多はハワイ初めてだったんで、めっちゃ盛り上がりました。

古屋 ハワイってすごいんですね! みんな、なんであんなハワイハワイって言うのかわかんなかったけど、そりゃ行くわ、ってなりました(笑)。

鍵本 しかも、僕らサイトシーイング(観光)してるだけの映像なんですよ。

谷内 一切、踊ってない(笑)。

古屋 めっちゃ贅沢なハワイの使い方(笑)。

「Say Good-bye Say Hello」は、この3曲の締めにふさわしい感じだけど、そういうイメージで作ったもの?

鍵本 さらに言えば、ライブのラストナンバーになるものがほしかったんですよね。この曲を聴いて、またみんなに会う日を楽しみにする、みたいな。なので、初めて小説的にストーリーを組み立てて書いてみました。

タイトルがテーマ?

鍵本 そうですね。都会じゃない場所……地元(大阪)に近いんですかね。放課後とか、学校帰りの道で友達と悪ふざけしたりしてるときの感じ。

谷内 青春あるある、だね。

鍵本 みんなにも、そういう思い出が重なるといいなと思って。

どの曲も「希望」が感じられる前向きな曲なんだけど、くじけたり、悔しい想いをしたからことわかる次に進む一歩の大事さや笑顔を見せる強さみたいなものが感じられますよね。

古屋 そうですね。歌い方で言えば、3人の掛け合いも好きなんですけど、今回は3曲ともブロックごとにひとりで歌う手法を取ったので、それぞれの声の個性も出せたから、ストーリーが伝わりやすいんじゃないかなと思ってます。

僕らも29歳になって、年齢的にも個人の活動でも得てきたことをさらなる形で届けられたならと思ってる(鍵本)

15周年イヤーは、9月2日からスタートする「Lead Upturn 2017 〜This is Our Day〜」(東名阪、福岡、仙台の10公演)がありますね。さらに、メンバーそれぞれ舞台やイベントにも出演が決まってるとか。

鍵本 僕は、11月から舞台『義風堂々!!』にW主演として前田慶次役で出演します。マンガ原作ファンも多い作品なのでプレッシャーもありますけど、殺陣のある舞台は好きなんで楽しみにしてます。

古屋 撮影したばっかりのビジュアル観たんですけど、すごく良かったですよ。ちゃんと前田慶次でした。

谷内 僕は、DAPAMPのKIMIくんと一緒に企画した「2FACE」の第二弾を10月に開催します。トラックメーカー、DJと一緒にここでしか聴けないサウンドやダンスを見せていくので楽しみにしててください。

古屋 僕はまだ発表できないんですけど。

鍵本 僕らも29歳になって、年齢的にも個人の活動でも得てきたことをさらなる形で届けられたならと思ってるんで、ぜひこの曲を聴いていいなと思ってくれた人はライブに足を運んでもらえたらなと思います。

その他のLeadの作品はこちらへ

ライブ情報

Lead LIVE TOUR「Lead Upturn 2017 〜This is Our Day〜」

9/2(土) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
9/10(日) コスモスシアター・大ホール
9/17(日) 昭和女子大学人見記念講堂
9/22(金) ももちパレス 大ホール
10/9(月・祝) SENDAI GIGS

Lead

Leadは、谷内伸也、古屋敬多、鍵本輝からなるダンスボーカルユニット。終始踊り続ける持久力とシンクロ率の高いキレのあるダンスが魅力の実力派ダンスボーカルユニット。2017年7月31日にデビュー15年を迎え大人なイケメンに成長した彼らの顔面偏差値の高さとダンスの切れ味とは裏腹な3枚目キャラクターのギャップが人の心を虜にする。
大阪のダンススクールで中土居宏宜・谷内・鍵本の3名が出会い、路上ライブを開始。その後、事務所主催のオーディションで選ばれた福岡県出身の古屋が加わり、4名でLeadを結成する。大阪のストリートパフォーマンスのメッカであった大阪城公園内・通称「城天」では、最高7,000人の動員を記録。話題騒然の中、2002年7月31日に平均年齢14.5歳の若さで、シングル「真夏のMagic」でデビュー。2013年3月をもって、デビュー以来11年間に渡ってリーダーを務めた中土居が卒業。2013年4月よりオリジナルメンバー3名でLead第二章のスタートを切った。2017年7月現在までに、計27枚のシングル、7枚のオリジナルアルバムをリリース。
Leadの真骨頂といえばライブパフォーマンス。2004年より春のファンクラブイベントツアー、夏の全国ツアーを毎年開催中。ライブ等で終始踊り続ける持久力には多くのアーティスト・ダンサーから度々賞賛の声が寄せられており、そのストイックさを全面に打ち出したステージこそLeadの代名詞であり、最大の武器と評される。また、男子新体操を題材にして話題となったドラマ・舞台「タンブリング」にメンバーが出演したことをきっかけに、男子新体操の名門・青森山田高校出身の選手を中心に結成されたパフォーマンス集団「Blue Tokyo」のメンバーと幾度となく共演しており、アクロバットを取り入れたダンスパフォーマンスにも定評を集めている。加えて、「Leaders(リーダーズ)」と呼ばれるファンとのファミリー感も、Leadライブの特色の一つに挙げられる。

オフィシャルサイトhttp://lead.tv


【募集終了】抽選で3名様に取材時に撮影させて頂いたLeadさんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

8月30日(水)~9月6日(水)23:59