『ドラゴンクエストXI』が最高のゲームである理由  vol. 2

Report

『ドラゴンクエストXI』オススメの面白要素6つをスクショで紹介

『ドラゴンクエストXI』オススメの面白要素6つをスクショで紹介

4.時渡りの迷宮

「行けども行けどもすれちがい通信ができるようになるヨッチ族の村にたどり着けないな……」と思ってから数日。「調べずに自力で見つけてやる!!」と思っていたのがいけなかった。なぜならPS4版で進めていたので物語の進行上に出てくるはずがないのである……あうち。

ふっかつのじゅもんを使い、3DSでプレイしてみるとルーラの行き先に“ヨッチ村”があった。ここ数日の苦労はいったい……ヨッチ族のクルッチにも怒られる始末。ごめんなさい。

▲このあと、回想を交えてクルッチとの出会いについて丁寧に説明してくれた

▲地図でいうとこのあたり

ヨッチ族は異なる世界に生きた伝説の勇者の功績が記されている“冒険の書”を守り抜く使命を持つが、最近何者かによって破られたり黒く塗りつぶされたりしてしまった。それによって冒険の書の歴史が狂ってしまったので、歴史を正すためにまずは時渡りの迷宮で“冒険の書の合言葉”を見つけて来なければならない。時渡りの迷宮にはヨッチ族しか入れないので、ヨッチ族を編成して合言葉を見つける。そして合言葉を見つけたら勇者には冒険の書の世界に行ってもらい、歴史を元に戻してほしいとのこと。ロトゼタシアとは流れる時が違うというヨッチ村。その村でそんな悪事を働くヤツがいる……あるいは悪事を働くヤツに侵入されたなんて。お母ちゃんは心配です。よーし、あとは全部まかせんしゃい! と思ったら、時渡りの迷宮はヨッチ族しか入れないんだった! あぁ心配……。

▲こんな小さくか弱そうな生き物ががんばっている、というだけで泣けてくる。替わってあげたい……

▲懐かしくも味のあるドット絵の世界でお悩みを解決だ!

“ガライの町”、“銀の竪琴”といえばシリーズ第一作目の『ドラゴンクエスト』。プレイしたことのない私でもそのあたりの知識はバッチリ刻み込まれている。PS4版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』も舞台がアレフガルドだったのでなじみ深い。

▲歴史の修正が済んだら犯人をとっちめに行きたいなー

ヨッチ族としては大変な出来事かもしれないけれど、『DQ』シリーズの世界に行けるのは素直に楽しい! ジョロッチも「本来の冒険の合間にやってくれたら……」的なことを言っているので、マイペースに歴史を修正させていただく。

vol.1
vol.2
vol.3