Interview

間宮祥太朗、「恋」を錯覚するも土屋太鳳がバッサリ!『トリガール!』息ピッタリな“パイロット”コンビ爆笑対談

間宮祥太朗、「恋」を錯覚するも土屋太鳳がバッサリ!『トリガール!』息ピッタリな“パイロット”コンビ爆笑対談

 

中村航の人気小説『トリガール!』を、『ヒロイン失格』(15)などを手掛けたコメディ映画の名手、英勉監督が実写映画化! 本作で、爽やかイケメンの先輩に誘われ、興味のなかった人力飛行サークルに入部した〈鳥山ゆきな〉を演じた土屋太鳳と、〈ゆきな〉がタッグを組むことになる、コワモテでパイロットのエースなのに全く泳げないという弱点を持つ先輩〈坂場大志〉を演じた間宮祥太朗に、対談インタビューを敢行。一つのことに夢中になる大切さ、目的を達成するためのプロセスがどれだけ大事かという本作の物語の芯についての話や、土屋いわく「“幕末の武士”のようだった」という間宮の素顔、間宮が思わず「これは、本当の恋……!?」と錯覚したシーンのエピソードなど、たっぷりと話してもらった。

取材・文 / 吉田可奈 撮影 / 三橋優美子

美しい琵琶湖を目の前に二人っきり。錯覚しますよね、「恋だ」って(間宮)

映画『トリガール!』が完成したときの率直な感想を教えてください。

土屋 この映画は、間宮祥太朗くんの魅力がたっぷり詰まった作品になっています。別々に試写を観たのですが、あまりにも祥太朗の魅力に溢れていたので、映画を観終わった後に電話して、「良かったよ~!」と報告をしました。

間宮 実は、撮影をしているときから「面白い映画になるな」という確信があったんです。でも、改めて完成作を観たとき、その想像をはるかに超えて面白かったんですよ。自分が出演しているのにも関わらず、そう思えるのは素直に嬉しいことだと思いました。

世代を問わず楽しめる作品ですよね。

間宮 本当にそうなんです。ラブコメのようであり、スポ根でもあり、さらに青春群像劇でもあるので、作品の間口が広いんです。この作品こそ、老若男女が楽しめる作品だと思います。

情景描写もすごく素敵でした。

土屋 夕日や青空、琵琶湖が本当に綺麗ですよね。

間宮 僕が一番素敵だと思ったシーンが、太鳳が演じる〈ゆきな〉と二人きりで、プラットホームで琵琶湖を見るところ。みなさん、想像してください。ドローンでの撮影なので、スタッフさんも誰もいなくて、本当に二人っきりなんですよ。そして目の前には美しい琵琶湖。これはもう、錯覚しますよね!? 「恋だ」って(笑)。

土屋 違うよ(バッサリ)。

間宮 違うね(笑)。でも、あの瞬間は、「この時間が一生続いてもいいな」と思いました。そして、映画を観ていただくとわかるんですが、その後のオチが最高なんです。そこはネタバレになるので言えないのが悔しいですね。

土屋 あのプラットホームのシーンは、本当の“鳥人間コンテスト”が終わったその日だったんです。番組では、テイクオフしてから着水するまでを映し出していますが、機体が壊れた後は映し出されていないんですよね。でも、そこにもたくさんのドラマがあるんです。参加したみなさんが精魂込めて作ってきた機体を眺めていたり、反省会をしたりしている姿を見た後の撮影だったので、身も引き締まりましたし、なにより切なさも感じていたんです。

間宮 この映画は、なにか目的の達成を目指す人たちの陰には、長い準備や挫折があるということも描いています。決して最後の、失敗か成功かという結果だけに目を向けず、それまでが大事なんだということが伝わると嬉しいですね。