週刊『デッドストック』  vol. 6

Review

人間の「美への執着」を叶えるバンパイア!? 今回の『デッドストック~未知への挑戦~』

人間の「美への執着」を叶えるバンパイア!? 今回の『デッドストック~未知への挑戦~』

今クールに面白いドラマがある。30分、(ほぼ)1話完結、役者・スタッフ陣も豪華、オリジナルそれも舞台が自社!と、1話の放送を観て「おおぉぉ」というような唸るような気持ちになる。
限られた時間に凝縮した面白さを詰め込もうとも題材が恋愛系よりかと思いきや、ホラーとは……。そんな『デッドストック~未知への挑戦~』の面白さをお伝えしたい一心で、第7話の放送直前に先週を振り返ります。


第6回:人間の「美への執着」を叶えるバンパイア!?

テレビ東京旧社屋に残された大量の未確認素材テープを元に、毎回登場人物らがさまざまな怪奇現象に巻き込まれる様を描いたを新感覚ホラー『デッドストック』。第6話の未確認素材は「バンパイア」!?

中村倫也の怪演に注目!©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

30年前の映像に残された女性の変死体が最近、六本木を騒がせている都市伝説と酷似していることに気付いた常田大陸(村上虹郎)は、その現場が六本木のとある高級クラブであることを突き止め、先輩ディレクターの二階堂早織(早見あかり)と、めずらしく乗り気な上司の佐山暁(田中哲司)と共に潜入取材を試みる。実はそのクラブのオーナー・榊恭介(中村倫也)は「永遠の美」と引き換えに、店の女たちの血を吸うバンパイア!?だったーー。

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

ホステス希望者として店に潜り込んだ早織に「手に入れたいと思いませんか?永遠の若さを」と誘惑する榊を演じるのは、「闇金ウシジマくん Part.3」でマインドコントロールで人を操る悪魔・神堂を演じた仲村倫也。明らかにこの世の者ではない冷艶な容姿と語り口が最高にハマっている!

堀田茜 ©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

クラブで働く美女・安西うめ(堀田茜)と彼女を探し続けていた安西史郎(おかやまはじめ)の再会のシーンで、うめが史郎に対して放つ「もういい加減にして、母さん母さんって! 子供を産んだからって女が一生母親としてしか生きられないなんて…女として生きちゃダメなんて誰が決めたの?」という悲痛な叫び。それに対する「うめさん、息子にとって母親は特別な存在です、かけがえのない存在です。裏切ったり、忘れたり、そんなこと一生できない存在です。それじゃダメですか? 足りないですか?」という問いは、大陸と母親の秘密を暗示させつつ、どっちの気持ちもわかるだけにただただ切なくやるせない。

おかやまはじめ ©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

大陸が十字架で対抗しようとした際、即座に「バンパイアじゃないってば!」と突っ込んだように、実は榊は異星人でまさかのUFOが登場。すべての記憶を消去された大陸たちはスマホを眺めながら「UFO出たんだー」と呟き、あんなに母を乞うていた史郎も「なんだこれ?」と母の写真を投げ捨て、何事もなかったように元の日常が続いてゆく。

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

そんな空虚で切ないエンディングとラストの「執着と忘却とは薄い皮膜の上に立つ儚い夢にすぎない、地球人の業とは一体…まだまだ研究の余地があるというものです」という榊のセリフも秀逸すぎる。怪物モノ(バンパイア)かと思いきや、『美しい星』(吉田大八監督)や『散歩する侵略者』(黒沢清監督)に連なる、人間の深淵をかいまみるSFサスペンスに着地した第6話なのでした。

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

そんなこんなで、いい意味で常に予想を裏切ってくれるドラマ『デッドストック』。次回第7話は「樹海で人体消失!?」ということで、これまた予測不可能な展開に期待!

文 / 井口啓子

ドラマ25『デッドストック~未知への挑戦~』

民放公式テレビポータルTVerでも最親話の試聴可能!(http://tver.jp/

村上虹郎主演!虚実入り混じる新感覚ホラードラマ! 2016年テレビ東京の社屋移転で発見されたテープ倉庫の開かずの間。そこに眠るのは、ワケあり番組の未確認素材だった…!

【放送日時】第1話2017年7月21日(金) 以降毎週金曜日 深夜00:52~01:23
≪第6話≫
【脚本】加藤淳也、三宅隆太
【監督】権野元
【主題歌】『Different Man』 AKLO×JAY’ED
【エンディング】『Moor』UA

【出演者】
常田大陸:村上虹郎
二階堂早織:早見あかり
佐山暁:田中哲司

≪第6話ゲスト≫
榊恭介…中村倫也
安西史郎…おかやまはじめ
安西うめ…堀田茜
【公式HP】http://www.tv-tokyo.co.jp/deadstock/

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

vol.5
vol.6
vol.7