Interview

SPYAIR バンドとしての新境地を予感させるニューシングル。“色気”漂う曲世界と制作秘話を4人に語ってもらった

SPYAIR バンドとしての新境地を予感させるニューシングル。“色気”漂う曲世界と制作秘話を4人に語ってもらった

この夏、富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催された恒例単独野外ライブ “JUST LIKE THIS 2017”は、完全ソールドアウトして大成功。そのライブ中に披露された新曲「MIDNIGHT」が、ついにシングルとしてリリースされる。
この曲は話題のテレビドラマ『ウツボカズラの夢』の主題歌で、幸せとは何かと問い掛けるストーリーにリンクしたちょっと大人なMOMIKENのリリックと、妖しささえ漂わせるUZのスピーディーなサウンドが魅力だ。それを支えるKENTAのドラム、そして何よりIKEのセクシーなボーカルが前面に出て、バンドとしての新境地を予感させる仕上がりとなっている。
これまでSPYAIRを知らなかったリスナーにも届くポップなアプローチが、このバンドの次の一歩を暗示している。じっくりキャリアを積み上げてきたSPYAIRが、いよいよそのキャリアにふさわしい成熟を目指すのか。そのあたりを4人のメンバーに直撃してみた。

取材・文 / 平山雄一 撮影 / 鳥居洋介、三浦知也、中島未来

やっぱり「いいチームだな」って思いましたね(IKE)

“JUST LIKE THIS 2017”の大成功、おめでとう! 特にサウンドのまとまりが、すごくよかった。

UZ ありがとうございます。ああいう大っきいところのライブって、いいところも悪いところも誤魔化しなしに出てしまう。もともとコンピュータと4人だけでやってたところに、サポートのギターとピアノが入って。やっぱり生の楽器のほうがより説得力が出るということで、今の6人体制に合う音作りをやってきたから、そうやって改めて「成長してる」みたいに言われるとすごく嬉しい(笑)。

日本語をきちんと伝えるIKEのボーカルも、よかった。

IKE やはりホール・ツアーとかアリーナ・ツアーとか、いろんな会場の中で本番を想像しながらリハーサルを行なうじゃないですか。その中で、生で弾いてる人間が5人と、コンピュータの音の足し引きを緻密にやってきたからでしょうね。でも俺らはステージ上にいて、客席で自分たちの音を生で聴くことは一生ないので、そういう意見をいただけると「ああ、やっぱ良くなってるのかなあ」って嬉しいです。

UZ ホールツアーとかそういう今までのライブっていうものの経験が積み重なっての、この前の富士急のライブでもあったので。

終わってみて、今、思うことはありますか?

IKE やっぱり「いいチームだな」って思いましたね。今までやり続けてきて、音のチームはメンバーがずっと変わってない。そういった安心感もあって。あのライブはすごい雨だったので、トラブルもあったじゃないですか。

あったよねえ。あれでトラブらないほうがおかしい(笑)。

一同 そうそう(笑)。

UZ ちょっとビビってましたからね。

IKE でも、結果、ライブを止めることはなかった。いつ止まってもおかしくない状況の中で完遂できたっていうのは、明らかに俺らだけの力ではないんですよ。会場が大きくなればなるほど、まわりのスタッフワークが大事になってくる。そういうのが熟練されてきて、一個の「SPYAIR」っていう大っきいチームを、俺らは作ってるんだなあっていうのを感じた。だからこのチームなら、どんな大っきい会場に行っても、どんな小さい会場だったとしても、やれるようになったなっていうのを今は感じてますね。

逆に、小さい会場でのライブの変化っていうのはある?

UZ 俺ら自身も会場の大きさによって、ライブをするスタイルを変えられるようになってきたんじゃないのかな。ライブハウスだと、エンターテイメントで「見せる」っていうものよりも、一緒に体と体をぶつけ合うみたいなライブをしないと満足感は得られない。でもアリーナクラスでそれをやっても後ろのほうの人には届かなかったりするから、会場に合わせてのライブっていうものは、メンバーもスタッフもそういうものを経験して成長してきてるんじゃないのかなと思います。

たとえば曲と曲の間にちょっとインストを入れて、音楽に引き込んでから次の曲に行くとかって、これまで意外とやっていなくって(UZ)

富士急では何かチャレンジしたの?

UZ はい、ちょっとだけ挑戦したんですよ。デビューして7年、今までホールツアーとかZeppツアー、去年のアリーナ・ツアーとかいろいろやってきて、SPYAIRのライブのテンプレートみたいなものが出来上がっている。もちろん1曲ずつは違ったりするんですけど、そのテンプレートからなんとなく外れられなくなってる自分らがいて、「これから長年やっていく中でどうなんだろう」みたいなミーティングをスタッフも一緒にやったんです。「ちょっとこっちに寄ってみようよ」とか、「今回はこれをやってみようよ」っていう試行錯誤の中で、今回の『JUST LIKE THIS』をやってみた。

そのテンプレートって、たとえばどんなこと?

UZ ちょっとエンターテイメントに寄りすぎてるところが最近あって。悪く言えば、いちいち演出してやるみたいな。大きい会場でやる場合には大事なことなんだけど、それをもっと音楽的にやろうと思った。たとえば曲と曲の間にちょっとインストを入れて、音楽に引き込んでから次の曲に行くとかって、これまで意外とやっていなくって。今回そういう“音で繋ぐ”ことを増やしました。ただやっぱりステージから見てて「お客さん、ポカーン」みたいなところも正直あったんです(苦笑)。そういうところのバランスも、これからの課題になっていくのかなと思ってます。

IKE 演出は好きで、自分らから発信してきました。ただそっちに寄りすぎて、野外ライブの良さが崩れてないかって心配はしてたかな。

でもこの前の富士急は、ドシャ降り! あれは野外でしかできない“演出”だったからなあ(笑)。

UZ もうなんか、最高の演出で(笑)。

みんな、ずぶ濡れだったもんね。

IKE 結果として、最高の演出になっちゃいました。

あの豪雨で、楽器はトラブらなかったの?

MOMIKEN 帰ったあとにありました。楽器が雨に濡れてて、木自体がふやけたんですよね。翌日に接着剤の部分がポロッといって、ベースのパーツが取れたりはしましたけど(苦笑)。

こういうリズムチェンジの多い楽曲っていうのはSPYAIRにあんまりなかったと思う(KENTA)

ニューシングル「MIDNIGHT」は展開がスピーディーで、何度もリズムパターンが変わるから、ドラムは大変だね?

KENTA もうすごいですね(笑)。UZの作る曲の中でもトップクラスに展開が多い。そういう意味では、すごく面白いです。今までやってこなかったというか、こういうリズムチェンジの多い楽曲っていうのはSPYAIRにあんまりなかったと思うので、聴いててすごく刺激にもなるし、叩いてて面白かったです。

いや、「面白い」で済むかっていうぐらい大変じゃないですか、これは(笑)。

(一同笑い)

UZ レコーディングでは苦戦してたよね。

KENTA 久しぶりに苦戦(苦笑)。こういうジャズ・テイストなものをやったことがなかったので、プレイ自体というよりも音色の感じにすげえ迷ったんですよ。結局、10テイクくらい録って、悩みに悩んで、最終的に使われたのは1テイク目! これがいちばんいいねって。

ベースも大変だった?

MOMIKEN よくこのアレンジを思い付いたなっていう(笑)。

UZ アレンジするにあたっては、いろんなものを聴いて、いいところを混ぜていったって感じかな。最近はひとつのリズムで曲を完結させることに魅力を感じてて、ころころリズムチェンジすることは減ってきてたんですけど、この曲に関しては振り切って、とにかく3分なら3分聴いたあと「ちょっと要素が多いなあ、疲れるなあ」ぐらいの濃いものにしたいなっていうのがハナからありました。だから躊躇なくアレンジできましたね。全体のバランスより、パーツずつでカッコいいものを組み合わせたっていうのはあるかもしれない。

そしてボーカルのメロディが、すごくわかりやすい。

IKE どっちかと言うとSPYAIRの中ではわりと日本ぽいメロディで、新しい感じに聴こえましたね。