Interview

SPYAIR バンドとしての新境地を予感させるニューシングル。“色気”漂う曲世界と制作秘話を4人に語ってもらった

SPYAIR バンドとしての新境地を予感させるニューシングル。“色気”漂う曲世界と制作秘話を4人に語ってもらった

SPYAIRが今までやってきたガツンとしたロック感を昇華して作っていきました(UZ)

今回のタイアップのドラマは、言ってみればエグい話(笑)。それに合わせて書いた部分と、SPYAIRらしさをどう出すかっていうところの間で作られているように感じた。

UZ 間違いないですね、おっしゃる通りで。(笑)。

(一同笑い)

すぐに連想したのは、ユーミンの「真夏の夜の夢」と、サザンの「エロティカセブン」だった。これはたぶん、ドラマ・タイアップ史上もっともエグい2曲!

一同 へぇーっ。

UZ あー、でも作曲のときに、その2曲を聴きましたよ。

あ、そうなんだ?

MOMIKEN たまたまなんですけど、俺も「エロティカセブン」やユーミンを聴いたりして、その辺りに刺激をもらえないかなあと思って。

UZ タイアップのお話を頂いてから曲を作っていったので、ドラマ側の意向も考えました。自分たちのために好きに作るのもいいですけど、がっつりストーリーがあって、そこに向かって曲を作るってなると、難しかったけど、楽しかったし、やり甲斐がありましたね。ジャジーな感じと、SPYAIRが今までやってきたガツンとしたロック感を昇華して作っていきました。

これを聴いて「大人っぽくなりましたね」っていう人も多いだろうなあ。

UZ はい、そういう意見はありますね。

IKE 「エロティックだね」とか(笑)。

MOMIKEN 「色気ある」、とかね。

IKE そう、色気!

SPYAIRが幸せを勝ち取るために何でも食らいついてやってきた気持ちもリンクさせながら、書いていきましたね(MOMIKEN)

MOMIKENは、今回の歌詞を書く上でどうだったの?

MOMIKEN もともと原作の小説があったので、「この世界観に合うように」みたいなザックリとした枠組みの中で、何かチャレンジできることはないかなって思っていて。で、UZから曲が上がってきたときに、すごく歌謡曲的なメロディを感じたから、歌謡曲の言葉が持ってる雰囲気をこの曲に落とし込めないかなと思ってました。その中でユーミンや、歌謡曲ロックみたいなイメージでサザンを聴いたりしてました。
一方で、原作の小説もドラマも、田舎から上京してきた少女がそこで自分の幸せっていうものを探しながら立ち向かっていくっていうストーリーだったので、わりと自分たちの上京してきた感じに近いなあと思って。だから歌謡曲の言葉の使い方をしながら、内容は自分たちの状況や心境に重ねていった。SPYAIRが幸せを勝ち取るために何でも食らいついてやってきた気持ちもリンクさせながら、書いていきましたね。

じゃあ、「SPYAIRはロック界のウツボカズラだ!」って言っていいのかな。

MOMIKEN いやです、複雑ですけど(笑)。

(一同大笑い)

ボーダレスな感情をぶち込みたいっていうふうには思いました。卑猥な感情というか、心の真芯にある欲深いもの(IKE)

聴いていていちばんぐっと来た歌詞は、♪幸せになりたい。そこに嘘はないよ♪っていうフレーズだった。

MOMIKEN 何のためにこうしてるのかっていうところが、そのフレーズになってます。目的意識はあるんだけど、その目的が本当の目的なのかどうかわかってない感じ。

IKE それって、昭和以前の時代背景を感じますね。

MOMIKEN でも、それは今も変わらないと思う。

形がちょっと違うだけでね。

IKE っていう意味で、ボーダレスな感情をぶち込みたいっていうふうには思いました。卑猥な感情というか、心の真芯にある欲深いもの。外から見ればえげつなくて、汚いものに見えるかもしれない。ただ俺は個人的にけっこうそういうのに魅かれるところがあって。これまでのSPYAIRだと、キレイにまとまっているほうが多いので、「あー、この歌、なんか、ちょっと心を開いて歌えるなあ」みたいな。でもこの曲は「エグみを持って歌いたい」っていうふうに思いました。
この曲って、歌い手としては、半分、女性なんですよね。幸せになりたいっていうのは、俺自身でもあるけど、これは女性からの叫びのほうを歌ってる気がします、感覚的に言えば。

MOMIKEN 歌謡曲の歌詞をよく見ていくと、わりと男性でも女性の言葉を使う。

常套手段ではあるよね。

MOMIKEN ですよね。ただそればっかりだと俺達らしさがなくなってしまうので、曖昧なラインまで持ってきて、一気に展開させていった。

IKE 俺の解釈としては、男性にキッチリ戻るのは♪How much 君の愛の価値は いくら?♪かな。歌ってて、感情はけっこう2つに分かれたなあ。

男の色気というかそういうものが、SPYAIRっていうバンドを大人にする上では絶対に必要な要素だなと思ってて(UZ)

IKEのストロング・ポイントって、そういうエグさなんだけど、歌ではなかなか出しにくいよねえ。

UZ 曲を作っていく中で、IKEって何だろうって考えた。たとえば“色気”っていうものを、もう前面に出していい年齢だと思うし、むしろ出していかなきゃ、それこそ嘘くさくなってっちゃう。爽やかに「前向いていこうぜ!」だけじゃダメだと思うんですよ。
男の色気というかそういうものが、SPYAIRっていうバンドを大人にする上では絶対に必要な要素だなと思ってて。だから曲も歌詞の雰囲気も、爽やかでスコーン!っていうのより、ちょっと湿ってる感じ。そういうものを出していきたいなっていうのが、年々強くなってますね。
やっぱり「イマジネーション」とか、爽やかで熱くてってイメージが強い。でもSPYAIRとして、それだけをやり続けようとは思ってない。すげえ大人になった上で、そういう曲をやったらまた違うカッコ良さが出ると思う。

ホントに高校生のとき、15年ぐらい前の頃を思い出して書いた感じです(MOIKEN)

カップリングの「The Way of My Life」は?

UZ これは5年ぐらい前に作った曲なんですけど、しっかり歌詞やアレンジを決めたのは最近です。

歌詞にハイスタの曲名は出てくるし、知多半島のビーチの名前は出てくるし(笑)。それこそ10年前の自分たちみたいなところから生まれた曲なのかな?

UZ どっちかと言うと、昔を振り返っているのがラップの部分で、「今はこういうこともいろいろあるけど、それでも前を向いて歩いていこうぜ」っていう二重構造になっている。ラップ部分は俺が自分で書いて、それ以外はMOMIKENが書いてます。

MOMIKEN UZにラップ部分ですっごいパーソナルなものを出すからって言われてたので、ホントに高校生のとき、15年ぐらい前の頃を思い出して書いた感じです。

UZ 「MIDNIGHT」をシングルで出すことになって、「カップリングをどうしよう」ってなったとき、スタッフから「UZ、昔こんな曲作ったの覚えてる?」って言われて5年ぶりぐらいに自分の曲聴いたんですよ。「あ、これをアレンジし直せば、いいものになりそうだな」っていう予感がすごくあったので、この曲をレコーディングした。このままお蔵入りになるかもしれなかったのに、カップリングになったのは、運命というか。一生世に出ない曲もたくさんあるだろうし、でも出られる曲っていうのもあって、その代表例ですね。偶然ではあるけど、その偶然って、起こるべくして起こったんだと思います。

最後に、10月にリリースするアルバム『KINGDOM』は?

UZ ほぼ、できてます。

全曲「MIDNIGHT」みたいなアルバムだったら、どうしよう(笑)。

UZ 大丈夫です、なってないです。うははは!(笑)

MOMIKEN そうではないです(笑)。

IKE 「待望の2年ぶり」的なやつじゃないですか?(笑)

ちなみに何曲入りかですか?

UZ 12曲です。あと1曲です。

締切、ギリギリだなあ。

IKE ギリギリッスねえ。

そんなに自慢げに言うことじゃない(笑)。

(一同笑い)

じゃあ「11曲入り」って書いとく?

(一同笑い)

MOMIKEN 「11 or 12」って(笑)。

UZ 「(仮)」でお願いします!(笑)

まだそのぐらいなんだね。

UZ いやいや! 大丈夫です!(笑)

どうもありがとうございました。

その他のSPYAIRの作品はこちらへ

ライブ情報

5th Album『KINGDOM』発売&全国ホールツアー決定!

http://www.spyair.net/kingdom2018/

SPYAIR

IKE (Vocal) / UZ (Guitar & Programming) / MOMIKEN(Bass) / KENTA (Drums)の4人から成る愛知県出身4人組ロックバンド。
2005年結成。2010年メジャーデビュー。デビュー以降、積極的なリリースと圧倒的なライブパフォーマンスで人気を博す。
東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、夢の実現に向けて邁進中!
8月30日にはニューシングル「MIDNIGHT」を、10月11日には2年ぶりとなる5thアルバム『KINGDOM』を発売。
この作品を携え、2018年1月26日東京・中野サンプラザを皮切りに全国ホールツアー『SPYAIR TOUR 2018 -KINGDOM-』を開催する(全国21都市22公演)。
また国内だけではなく海外でのリリースはもちろん、韓国、台湾、中国、フランスでの単独公演を成功に収めるなど世界での活躍にも期待が高まる。

オフィシャルサイトhttp://www.spyair.net