Report

乃木坂46の衛藤美彩 みさ先生として“「AI×会計」を学ぼう!”のイベントに出演。アフレコで美声も披露!

乃木坂46の衛藤美彩 みさ先生として“「AI×会計」を学ぼう!”のイベントに出演。アフレコで美声も披露!

乃木坂46の衛藤美彩が、8月29日(火)都内某所にて、電子オリジナル版『なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?』(以下『なぜカノ』、PHP研究所)の配信開始記念して開催された、Reader Store限定イベント『乃木坂46・みさ先生と公認会計士・澤先生と一緒に「AI×会計」を学ぼう!』に出演した。

イベントには、抽選で選ばれた200人の観客が参加。著者である衛藤と公認会計士の澤昭人が、みさ先生、澤先生となって、「AIと会計」をテーマに、衛藤美彩さんが声優を務めた「Q&Qアンサーズ」(サイバーステップ)の最新クイズ動画を使用してイベントは進行した。

会場に集まった観客の“みさ先生! 澤先生!”の呼び声とともに、衛藤と澤がステージに登場しイベントはスタート。衛藤が「今日のテーマは「AIと会計」ということですけど、このイベントって『なぜカノ』の発売記念なのに、なぜAIなんですか?」と澤に問いかけると、澤は「『なぜカノ』は複式簿記がないから経済が発達していない明治時代のような舞台設定だったので、今日は逆にAIが普及した近未来をこのイベントでみなさんに体験していただきたいと思いました」と語る。一見「AIと会計」というと硬いイメージがあるが、今回のイベントは、衛藤が声優で参加した『なぜカノ』がスペシャルコラボしたスマホゲーム「Q&Qアンサーズ」を使い、クイズ形式で近未来のAIと会計について楽しく学んでいくという形で行われることが述べられる。スクリーンに映された質問に、観客が答えをマークシートにチェックを入れ、さらにみさ先生と澤先生から指された観客が答えていく全観客参加型のイベントだ。

まず、衛藤がゲームのシナリオを生で語っていくのだが、その姿がとても新鮮。1問目には“AIによって10年以内に消える職業に含まれない職業は?”という質問が出される。選択肢には、“アイドル”“ネイリスト”“簿記・会計のスタッフ”“弁護士助手”が挙げられていた。このイベントの質問を考えたのは澤だが、お題をひねって引っ掛け問題にしたことによって、自らが引っかかり「アイドル」が正解であることに「あれ? そうだ、正解です(笑)」っとうっかり勘違い。「すごい動揺して説明がわからなくなってしまいました(笑)」という澤の声に、「珍しい、先生緊張してる(笑)」と衛藤も観客も笑顔となった。

イベントでは、AIの登場によって近未来の仕事のあり方がどのように変化していくのかをわかりやすく説明。質問がわかった観客に挙手して答えてもらうときもあれば、手が上がらないときは衛藤が「今、目が合った人!」と観客を指名し回答を求める場面も見られた。衛藤のやさしい先生ぶりに、会場はとても和やかなムード。

クイズの途中には、「AIと会計」に関してだけなく、お楽しみ質問というコーナーも設けられ、“2017年に発売され発行部数が10万部を突破した、乃木坂46衛藤美彩の写真集のタイトルは何?”など、乃木坂46に絡めた質問も出された。自ら乃木坂46のファンであることを公言する澤は「衛藤さんの個別握手会が、最近全然当たらなくて(笑)」と告白。衛藤が「じゃあ、ぜひ全国握手会に来てください!」と返答する。さらに、“次の中で衛藤美彩が所属する乃木坂46の楽曲ではないのは?”という出題では、「醜い私」「意外break」「私のために誰かのために」「不協和音」という答えが用意され、衛藤が「意外break」の一節を口ずさむ、観客にとってうれしい場面も見られた。さらに、「先生は欅坂46の曲は?」と衛藤が聞くと、澤が「聴かないです! 乃木坂46以外、一切!」と断言。それに対して衛藤が「(欅坂46)はかっこいい曲がいっぱいあるじゃないですか。私、この間、まいやん(白石麻衣)の誕生日に「不協和音」歌いましたよ」と返答。すると澤は先ほどの毅然とした言葉とは裏腹に「不協和音」の歌詞を知っており、衛藤も「あー知ってる、先生!(笑)」と笑顔で反応。そうした2人の絶妙なやりとりに会場は笑いが起こった。

そして全36問のクイズが終わり、全問正解者2名と、35問を正解した2名中1名(衛藤とのじゃんけんの勝者が獲得)に衛藤のサイン入りポスターがプレゼントされる。最後は、みさ先生、澤先生と観客全員で集合写真に収まりイベントは終了した。

近未来の社会において「AIと会計」がどのように展開していくのかを頭を使って考えつつ、面白さもミックスされた内容が終始展開。さらに、積極的に衛藤が観客とコミュニケーションしていくことで、彼女の穏やかで気遣いのできる人柄もしっかり伝わるという密度の濃いイベントとなった。

文 / 土屋恵介 撮影 / 荻原大志

イベントの画像ギャラリー

今回のイベントの模様と終了後のインタビューをまとめたスペシャルマガジンを9月下旬、電子書籍ストア「Reader Store」で無料配信予定! スペシャルマガジンだけの、衛藤美彩の撮り下ろし写真も掲載!


[著者(出演者)紹介]

衛藤美彩(えとう・みさ)

1993 年⽣まれ。⼤分県出⾝。乃⽊坂46 のメンバー。愛称はみさみさ、みさ先輩。2011 年8 ⽉21 ⽇、乃⽊坂46第⼀期メンバーオーディションに合格。2013 年、7th シングル「バレッタ」で選抜メンバー⼊り。2015 年13th シングル「今、話したい誰かがいる」で1 列⽬(フロント)メンバーに選出される。趣味は野球観戦。2015 年、テレビ東京系テレビドラマ『初森ベマーズ』にシェリー役で出演。2016 年、侍ジャパン⼥⼦代表候補(マドンナジャパン)の公式サポーターに就任するなど、持ち前の明るさとガッツで活躍の場を広げている。

オフィシャルサイトhttp://www.nogizaka46.com


澤昭⼈(さわ・あきと)

1963 年⽣まれ。東京都出⾝。公認会計⼠。早稲⽥⼤学法学部卒業。新⽇本有限責任監査法⼈(旧太⽥昭和監査法⼈)を経て、現在、澤公認会計⼠事務所代表。⼀部上場企業、上場を⽬指すベンチャー企業の社外取締役なども務める。「公認会計⼠らしくない公認会計⼠たれ」をモットーに、持ち前の好奇⼼と⾏動⼒で、公認会計⼠の枠にとどまらない活動を展開している。『簿記検定「⽇商3級基礎編」に⾯⽩いほど受かる本』(KADOKAWA)をはじめ、簿記・会計に関する著書の累計は90 万部を超える。

Reader Store について

Reader Store は株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する国内最⼤級の品揃えの電⼦書籍・電⼦コミックストアです。

http://ebookstore.sony.jp/

Facebookhttps://facebook.com/readerstore.jpn/

Twitterhttps://twitter.com/ReaderStore_JP