Review

【試写会招待あり】こんな映画が観たかった!乃木坂46が躍動する映画『あさひなぐ』は秀逸な青春映画だ

【試写会招待あり】こんな映画が観たかった!乃木坂46が躍動する映画『あさひなぐ』は秀逸な青春映画だ

「あさひなぐ」は、何度もくり返し観たくなる映画だ。少女たちの成長物語として、高校生たちの群像劇として、なぎなたの試合シーンを大きくフィーチャーしたアクションムービーとして、乃木坂46という稀代のアイドルグループの2017年の軌跡の一つとして、そして何より、とても丁寧に作られている優れた青春グラフィティーとして。

「あさひなぐ」の主人公は、西野七瀬が演じる東島旭。中学時代は美術部に所属していたが、しかも運動音痴の旭があるきっかけから高校入学と同時になぎなた部に入部し、様々な出会いを経て成長していく姿が、笑いあり、涙ありのストーリーの中で描かれていく。旭とともになぎなた部の部員として出演している乃木坂46のメンバーは、旭が憧れる先輩・宮路真春を演じる白石麻衣、なぎなた部部長の野上えり役の伊藤万里華、旭と同じ新入部員として切磋琢磨する八十村将子役の桜井玲香、同じく新入部員の紺野さくら役の松村沙友理、ライバル校のエースである一堂寧々を演じる生田絵梨花だ。この6人に宮路や野上とともになぎなた部を支える大倉文乃(富田望生)を加えた7人が、旭を中心にしながらも、それぞれがそれぞれの葛藤と戦いながら、なぎなたを通して成長していくのである。

©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館

作品を見てまず目を奪われるのは、迫力に満ちたなぎなたの稽古場面と試合シーンだ。おそらくはメンバーの代わりにアクションに長けた演者が道着を着て躍動しているのだろうと思いきや、稽古や試合からカット割りせずにクローズアップされた、面の奥にある顔を見て驚く。それは、紛うことなき西野七瀬であり、白石麻衣であり、生田絵梨花なのだ。この3人以外も含め、乃木坂46のメンバーたちは、本作でのなぎなたシーンをほぼ代役なしで撮影したという。あらかじめ手順が決まっているとはいえ、決して付け焼刃ではない身のこなしとなぎなたさばきは、彼女たちの努力の賜物であり、本作の大きな見どころになっていると言えるだろう。

そんななぎなたのシーンが「動の魅力」ならば、「静の魅力」はメンバーたちが見せる表情の機微になる。どのメンバーもそれぞれに魅力的な表情を見せるが、特に素晴らしいのは西野が演じる旭の表情だ。初めてのなぎなたに向き合う不安と新しい出会いの喜び、試合に対する恐れと勝利への欲、自分が成長している手応えとそれでも残るもどかしさ、現在への葛藤と未来への希望。そうした、ともすれば相反する感情を、西野はセリフではなく、静かに移ろう表情のグラデーションで観る者に伝えていく。そのたたずまいは、決して口数が多いほうではなく、時に不器用でさえある、西野七瀬というアイドルの実像とも重なり合う。そんなことを感じながら劇中の旭をつぶさに観ることで、「あさひなぐ」の世界が不思議なリアリティーを持って迫ってくるのだ。

©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館

青春グラフィティーとしての完成度も、とても秀逸だ。涙あり、笑いありだが、物語は重すぎず、かといって軽すぎず、絶妙なさじ加減で展開していく。観終わったあとに残るのは仰々しいメッセージなどではなく、少しだけほろ苦く、でも甘酸っぱい、つまりは青春グラフィティーの良作に出会ったあとのあの感覚だ。優れた青春グラフィティーには、押し付けがましいメッセージなどがないからこそ、観た者は映画館からの帰り道に、何日か後のふとした瞬間に、自分の過去・現在・未来に想いを馳せることができる。「あさひなぐ」は、まさにそんな映画になった。だから僕は、何度もくり返し観たくなるのだ。

文 / 大久保 和則

【募集終了】映画『あさひなぐ』特別試写会に抽選で5組10名様をご招待!

公開に先駆け、9月12日(火)に開催される特別試写会にエンタメステーション読者様を抽選でご招待致します。

映画『あさひなぐ』特別試写会

■日時
9月12日(火)18:00開場 / 18:30開映(上映時間:1時間45分)

■場所
よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)

■当選者数
5組10名様

※登壇者の予定はございません。
※開映後の入場は固くお断り致します。
※消防法の規定により、満員の際は入場をお断り致します。
※当試写会は天候その他やむを得ぬ事情により、中止となる場合がございます。予めご了承ください。


応募期間

※募集期間は終了致しました。

9月1日(金)~9月5日(火)23:59

映画『あさひなぐ』

2017年9月22日(金)公開

最弱の初心者が最強のライバルに挑む!青春“なぎなた”エンターテインメント! 春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。
旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意!同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉史乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの!やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。
順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。
野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。再び二ツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。
そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。
そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

【キャスト】西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希 角替和枝 江口のりこ

【原作】こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
【脚本・監督】英勉
【主題歌】乃木坂46「いつかできるから今日できる」
【配給】東宝映像事業部

オフィシャルサイトhttp://asahinagu-proj.com/

©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 ©2011 こざき亜衣/小学館