Interview

吉田羊・永山絢斗・滝藤賢一・光石研・三浦友和の絶妙なチームワークが冴える座談会。視点を変えたドラマ「コールドケース」の楽しみ方

吉田羊・永山絢斗・滝藤賢一・光石研・三浦友和の絶妙なチームワークが冴える座談会。視点を変えたドラマ「コールドケース」の楽しみ方

未解決犯罪の解決に尽力する捜査チームの活躍を描いたアメリカの人気連続ドラマシリーズを、吉田羊主演でリメイクした「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」。WOWOW開局25周年を記念したビッグプロジェクトは、日本ならではの物語の機微やソリッドな映像美、そしてキャスト陣の名演によって評判を呼んだ。シーズン2の制作も決定したタイミングでのDVD/BDリリースに際し、主演の吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和と波多野貴文監督が再集結。作品への愛や続編への抱負を大いに語った。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 冨田望

画面から伝わる、ワンカットで撮る捜査一課のシーンの緊張感

待望のDVD/BD化が実現した「コールドケース ~真実の扉~」シーズン1ですが、作品に対する反響などはどのように伝わってきていたのでしょうか?

吉田羊 私の周りではオンエア後の反響が大きくて、「とにかく面白い」と。映画のような映像美で質が高く、毎回のゲストも本当に豪華でワクワクした、と言っていただきました。何より、私自身も感じていたことですが、「石川百合という役がすごく羊ちゃんに合っていたね」という声をいただいて……。自分と役との境目がわからなくなるくらいのめり込んだということもあって、うれしかったです。そして、三浦さんに永山さん、光石さんと滝藤さんに私の、5人でのチームのバランスが本当によかったのと、スタッフのみなさんも、いい意味でいっさい妥協しないクリエイティブな現場だったので、そういった雰囲気も作品にきちんと反映されていたのではないかなと思いますし、結果的に視聴者のみなさんに受け入れていただいたのかもしれないと感じました。

吉田羊

三浦友和 僕の友人でも見てくれた人たちの評判は本当によかったですよ。(吉田が)自画自賛していましたけど(笑)、本当に役柄がピッタリだったなと思います。オリジナルの「コールドケース」を観ていても、だんだん(キャスリン・モリスと吉田の)顔がダブってくる感じがして。本当にベスト・キャストだったんだなと思っています。

永山絢斗 僕の周りにもオリジナルのファンがいて、撮影している時から「どうなの? 面白いの?」という感じで煽られたりもしましたけど、実際にオンエアが始まると、「面白い」と言ってくれました。

滝藤賢一 僕は立川という自分の役が好きなので、今回ソフト化されたシーズン1を何度も観ていただいて、シーズン2から3、4というように長く続けていきたいと思っています。

光石研 みなさんにすべて言われちゃいましたけど、現場がすごく楽しくて、このメンバーに入れていただけたことが本当に幸せでした。波多野貴文監督をはじめスタッフの方々がまた素晴らしいお仕事をしてくださって……(ほかのキャストが雑談をしているので)何ですか~、僕ちゃんと喋ってるでしょう(笑)?

吉田 はい、続けてください(笑)。

光石 チームワークの良さがいいということを言いたくて。ぜひ多くの方に観ていただきたいです。

波多野貴文監督

監督はいかがでしょうか?

波多野貴文監督 捜査一課の5人が集まった撮影初日からチームワークが本当に絶妙で、瞬時にしてチームができあがった感がありました。そんなみなさんとご一緒できて、本当に光栄に思っています。

では、ひときわ思い入れがある回であったり、オススメの回やシーンなどありましたら、挙げていただけるでしょうか。

吉田 私は、この捜査一課の5人が集まってディスカッションするシーンが毎回楽しみで、好きでした。説明ゼリフも多くて、特に滝藤さんや光石さんは大変だったと思いますが、それを毎回難なくこなされて、絢斗くんが茶々を入れて、三浦さんがキュッとしめるという、5人のバランスが絶妙に発揮されたシーンが毎回繰り広げられていたので、そこは楽しみにご覧いただければと思います。

©WOWOW/Warner Bros. International Television Production

三浦 ユースケ・サンタマリアさんが登場した4話と10話が印象に残っていて、好きですね。ユースケさんとは初めての共演だったんですけど、たぶんああいう人なんだろうなと思ってしまうくらいハマっている感じがしました。黙っていると、すごく怖い顔に見えるんですよね。何より、話がすごく面白かったので。

永山 捜査一課のシーンがカットを割らずに一連で撮影していたこともありますし、セリフも結構難しくて…… 撮影するのは毎回同じビルだったんですけど、そこへ向かう時はいつもドキドキしていたことを思い出します。先ほど波多野監督が「初日からチームワークができていた」とおっしゃっていましたけど、僕に関してはボロボロで……。でも、次に撮影があるときはこういう雰囲気で撮影していけると思うと、楽しみなところではあります。あと、序盤から前半にかけて僕の演じた高木は女性関係が描かれていたので、その経過や変化をですね──。

吉田 4話くらいまで、ちょっと暗い感じもあったよね?

永山 そうなんですよ。だから、落着して解放されたときは、だいぶ気が楽になりました。

永山絢斗

滝藤 僕もやっぱり5人のチームワークですね。逆に居心地がよすぎて、緊張感を持たないとって思ったくらいでしたから。

吉田 だから、一連で撮るという緊張感がちょうどよかったですよね。

滝藤 そうですね(笑)。

光石 僕は「コールドケース」の撮影が終わった後、しばらく〝ロス状態〟になったからね(笑)。キャストもそうですけど、スタッフのみなさんとすごく仲良くなったので、シーズン2でまたご一緒できると思うと、ものすごくうれしいですね。そんなスタッフが総力を傾けた、戦後すぐの話……6話でしたか、撮影部はフィルムを使ったり、美術部もセットや小道具で大変だったでしょうし、照明部もモノクロの映像で苦労したと思うので、そういった面にも注目していただけたらと思います。

波多野 僕としては全話がオススメですが(笑)、通して観ると、事件を解決していく流れはもちろん、各キャラクターの歴史や背景がちょっとずつ見えてくるので、「こういう過去があるのか」といった面がわかりやすいのではないかな、と思います。

滝藤賢一

そして、ファンの方はもちろん、キャストのみなさんも待ち望んだシーズン2の制作・放送が決定しました。その知らせを耳にした時の心境と、期待していることをお聞かせください。

吉田 本当に大好きな作品なので、シーズン2制作が決まったときは死ぬほどうれしかったですし、オリジナル版がシーズン7までありますので、この先も同じようにずっと続けばいいなぁと期待しています。シーズン1では百合のパーソナルエピソードが描かれましたが、このチームの面々のそういったエピソードがまだ描かれていないので、シーズン2ではそういった話が観られるとうれしいですね。

三浦 そうですね、やはり緊張感のある現場なので、またアレを味わえると思うと…… いや、捜査一課って5人集まると事件の説明ばかりしているのでね(笑)、そういった状況でも1人ひとりの個性がもっと際立ってくるといいな、と願っております。それから挿入歌というか各回のラストにかかるメインテーマも、シーズン1ではほとんどが洋楽だったので、各回の時代背景にあった日本の音楽が使われたら、もっと面白くなるんじゃないかな、と思っています。

永山 (シーズン2決定は)とてもうれしかったんですけど、シーズン1では少し硬くなっていたというか、芝居を頭で考えすぎていたところがありましたし、みなさんの胸を借りつつという感じだったので、今度はもう少し肩の力を抜いて自由に、また胸を借りつつ(笑)、できたらいいなと思います。

滝藤 体を鍛えているので、ぜひシャワーシーンと馬に乗るシーンをお願いします。

光石 馬なのか(笑)。

滝藤 あと、ボクシングを始めたから、格闘技シーンも(笑)。

光石 違うドラマじゃないか(笑)。まぁ、そういう僕も、シーズン1の番宣を撮影する時に緊張しすぎて、「コールドゲーム!」って大声で言っちゃったんですけどね……。なので、俺はもうシーズン2があっても呼ばれないだろうと思っていたんですよ。

吉田 光石さんだけいないっていう(笑)。

光石 4人のチームになってしまうだろうと思っていたんですが、こうして呼んでいただいて幸せです。先ほどもお話しましたが、この5人の中に入れていただき、監督をはじめスタッフのみなさんと会えることが、本当に楽しみで仕方ないですし、うれしいですね。

波多野 シーズン2では、捜査一課のメンバーがどういう人生を生きてきたかが垣間見える会話が、ちょっとずつ出てくる予定です。僕としても、ホームに戻ってきたなという感じがしていますが、シーズン1とは違うものをチームみんなで創り上げていけたらいいなと思っています。

今冬から撮影に入る予定だそうですが、キャストのみなさんから波多野監督への要望や期待することがあれば、お話しください。

吉田 ワンカットでの撮影を増やしてほしいです。すごく臨場感が出るし達成感があるので、そういうシーンがたくさんあるとうれしいです。

三浦 僕は、なるべく(カットを)割ってほしいですね(笑)。自分の番になると、ものすごく緊張するもので……。

永山 僕もできれば割ってほしいです(笑)。

吉田 あ、2対1になっちゃった(笑)。

滝藤 僕は一連(ワンカット)の方がいいかなぁ。あと、もしシャワーシーンがあるなら、2ヶ月くらい前には言ってくださいね(笑)

光石 う~ん…… 僕はどっちでも。ワンカットでも割ろうとも、その時々の監督の指示に対して「ですよね!」と従うことにします(笑)。

波多野 では、その時の雰囲気で一連か割るか決めることにします(笑)。

永山 あ……暖かいところでロケとかしたいですね(笑)。

吉田 沖縄行こう、沖縄! あ、やっぱりハワイ行こう(笑)。