Report

『ソニックマニア』ハイスピードに病みつきになる3つの体験

『ソニックマニア』ハイスピードに病みつきになる3つの体験

ボス戦では『ぷよぷよ』対決も!? 

最初に述べた『ソニック』シリーズの面白さの最たる部分であるスピード感、これを支えているのが各ステージのギミックやキャラクターごとの固有アクションです。これらの要素が見事に組み合わさることによって、『ソニックマニア』はシリーズ作品の中でもとくに爽快なプレイを生み出しています。

本作には初代『ソニック』をはじめとした過去作品から選りすぐりのステージが再度アレンジされて収録されているのですが、まずそのステージ選びが秀逸なのです。過去作品ではスピード感を重視したステージとギミックを解くパズル的要素の強いステージとが織り交ぜられていたのですが、本作には駆け抜けやすいスピード感重視のステージが多く収録されており、『ソニック』シリーズの疾走感がより味わいやすくなっています。

▲こちらは、以下で紹介するテイルスとナックルズ。過去作から収録されたステージも後半になるほどアレンジが強まっており、既プレイヤーに懐かしさを感じさせるビジュアルでありながら新しい驚きを提供してくれます

本作の基本モードとなる“ストーリーモード”で攻略していく“グリーンヒルゾーン”、“ケミカルプラントゾーン”などの各ステージは基本的に“ACT1”と“ACT2”とに分けられており、各ACTの最後にはボスとなる敵との戦いが待ち受けています。見た目やギミックのバリエーションに富むステージ同様、ボスの攻撃やボスへの攻撃方法もじつにさまざまです。なかでも驚きなのは、唐突にまさかの『ぷよぷよ』対決が始まるボス戦でしょう。「『ソニック』をプレイしていると思ったら『ぷよぷよ』が始まっていた」という衝撃の展開には驚きつつもニヤりとしてしまいます。

▲SNSでも大きな反響を呼んでいる『ぷよぷよ』対決。海外でメガドライブ向けに発売された海外版『ぷよぷよ』こと『Dr. Robotnik’s Mean Bean Machine』のオマージュです

▲『ぷよぷよ』戦はあくまで例外で、基本的にはスピンジャンプやスピンダッシュといったアクションを駆使してボスと戦っていきます

もちろんバリエーション豊富なのはステージギミックやボスだけではなく、操作するキャラクターたちもそれぞれに個性を持っています。本作ではスピードがもっとも速くステージ内で取得するアイテムによって異なるアクションを行うことのできるソニック、ジャンプボタンを連打することで空を飛び回ることのできる“テイルス”、そして滑空やカベ登りを駆使してソニックたちとは違った場所を探索できる“ナックルズ”を使用することができ、使用キャラクターごとに同じステージでも異なる攻略ルートを発見できるようになっています。

やはりまずは主人公を使うだろう、ということで筆者は最初にソニックでプレイし、その後テイルスやナックルズでのプレイも進めたのですが、固有アクションでかなり動きかたが変わるので、同じゾーンであっても操作する感覚は大きく変わってきます。本作は分岐ルートがいたるところに用意されており、キャラクターごとにルートの取りやすさも変化するため、ソニックで苦戦したステージもナックルズだとあっさりクリアできた、といった違いも楽しむことができます。

単純に3人(?)のキャラクターたちでストーリーモードをクリアするだけでも値段以上にゲームを楽しむことができますが、さらに面白さをプラスしてくれるのが、ステージ中のボーナスステージや協力プレイ、対戦プレイです。

< 1 2 3 >