Report

平野良・藤原祐規・岡村さやからが「しゃばけ」の世界を歌いあげる。じんわり心に響くミュージカル「しゃばけ」弐~空のビードロ・畳紙~

平野良・藤原祐規・岡村さやからが「しゃばけ」の世界を歌いあげる。じんわり心に響くミュージカル「しゃばけ」弐~空のビードロ・畳紙~

9月2日より紀伊國屋ホールにてミュージカル「『しゃばけ』弐~空のビードロ・畳紙~」が開幕した。

原作は累計700万部を超える畠中恵の大人気時代小説シリーズ『しゃばけ』(新潮文庫刊)。その原作をミュージカルにした第1弾の『しゃばけ』は、今年1月に上演されヒットした。前作では、主人公の一太郎に焦点を当てたストーリーだったが、今作では個性豊かなキャラクターにフィーチャーし、「空のビードロ」(新潮社刊『ぬしさまへ』所収)、「畳紙」(新潮社刊『おまけのこ』所収)の2本のストーリーで紡がれるオムニバス形式の舞台だ。

出演陣は、藤原祐規、滝川英治、福井将太をはじめとする初演メンバーに加え、平野良、石井智也、岡村さやか、田宮華苗、齋藤健心、山﨑千惠子、朝倉伸二など、実力派のメンバーを迎えた。『しゃばけ』には欠かせない、主人公の一太郎(植田圭輔)も声で出演している。初演に続き、劇中に登場する妖(あやかし)のキャラクター“鳴家(やなり)”役を子役の子供達が元気いっぱいに演じているのも注目だ。

まずは『おまけのこ』所収の「畳紙」。紅白粉屋・一色屋のお雛(岡村さやか)は驚くほどの厚化粧だった。左官の漆喰のようだと陰口を叩かれても、素顔で人と接することが怖くて、どうしても厚化粧をやめることができない自分に悩んでいる。ある時、お雛は、ひょんなことから長崎屋の妖・屏風のぞき(藤原祐規)に悩みを打ち明ける。普段から憎まれ口ばかりの屁理屈な妖の屏風のぞきが、意地っ張りな人間の娘を笑顔にしようと奮闘するハートウォーミング・ストーリーだ。

前作でもコメディーリリーフを演じた屏風のぞきの藤原祐規は、今作でもひねくれもので、素直じゃないが、根は優しい存在。彼と同じように強情なお雛に思わず感情移入してしまい、なんとか彼女の悩みを解決したいと行動するのだが、おっちょこちょいな性格から、事態はますますこんがらがっていくばかり。

左から 福井将太〈守狐〉、滝川英治〈佐助〉、藤原祐規〈屏風のぞき〉

ただ、今作ではそこから諦めず、病床の若だんな・一太郎や佐助のアドバイスで、孤軍奮闘して問題を解決していく姿が勇ましい。ゲネプロ公演後のフォトセッションで藤原は「屏風のぞきはとても可愛らしいキャラクター。僕もその可愛らしさを追求してきましたが、そんな彼が奮闘する舞台です。原作は心温まる綺麗な作品ですので、そのままの綺麗をお客様に届けたいです」と意気込んだ。彼の言う「綺麗」とは、人の体温を感じるような歌と舞台になってよく表れているように思う。

左から 藤原祐規〈屏風のぞき〉と岡村さやか〈お雛〉

悩んでいるお雛にアドバイスをすると、屏風のぞきと同じぐらい頑固なお雛が対抗するように歌うテンポの良い曲に笑い、2人のバラードによるスローなナンバーに涙する。岡村さやかのソプラノは紀伊國屋ホールを揺らすほどの美しい声。藤原祐規は朗々とした声を披露。デュエットも感情豊かなハーモニーを奏でていた。

続いては、「空のビードロ」。松之助(平野良)は8歳で奉公に出され、寂しく貧しい生活を送っていた。そんな彼は、日本橋の大店である廻船問屋、兼薬種問屋・長崎屋の若だんなとは腹違いの兄弟だったのだ。しかし、とうに縁は切れ、実の母とは死別し、孤独な身の上。そんな松之助が奉公している桶屋・東屋で、犬猫が殺されるという不可解な事件が次々と起こる。最初は気味悪く思っていただけだったが、やがてその事件が、松之助の人生を変えることとなり……。

まず、平野良のどこか憂いをたたえている演技に注目だ。いつも悲しげな表情を浮かべ、空さえ見上げることができず自信のない俯き加減の男。ときおり見せる切なくて綺麗な表情と仕草で、心にぽっかり穴を持つ男の生き様を見事に演じている。

平野良〈松之助〉

平野は囲み取材で「いつの時代にも人の心にある悩み、押しこめている気持ちがテーマですが、観終わった後にはすっきりと晴れやかな気持ちになり、人生観が変わるような作品だと思っています」と語った通り、彼が何曲かソロをとるナンバーでは、色とりどりのスポットライトにあたりながら、見事な伸びのある歌声で、人生は必ず好転することを感じさせてくれるポジティブな歌を披露する。

それ以外にも東屋の奉公人である松之助とその仲間達がお椀とお箸をリズム楽器とし、日常を歌うポップな曲には思わず踊りだしたくなるだろう。

お雛と松之助は、ともに自分の居場所を探していた。さまよい悩みながら、妖たちと一太郎の優しさに助けられながら、新しい居場所を見つけようと必死に冒険する。彼らを観ているうちに自分の悩みとさほど遠くないことに気づかされる。これは、いつの時代でもひとりでは生きられない人間の普遍的な物語だ。

悩み疲れた現代人をそっと癒してくれる、演技、音楽に癒される、なんども足を運んでも全く損のない舞台だ。最後に出演者全員で歌う「ここは長崎屋」にとんでもないユニティを促す説得力がある。そして気が早いかもしれないが、第3弾、第4弾と新たなストーリーを熱望してしまう感動的な作品でもあるのだ。 上演は9月2日(土)から10日(日)まで紀伊國屋ホールにて。

取材・文  / 竹下力 カメラマン / 鏡田伸幸 竹下力

ミュージカル「しゃばけ」弐~空のビードロ・畳紙~

2017年9月2日(土)~10日(日) 紀伊國屋ホール

【原作】畠中恵「しゃばけ」シリーズ(新潮社刊)より 『ぬしさまへ』所収「空のビードロ」/『おまけのこ』所収「畳紙」
【脚本】神楽澤小虎(MAG.net)
【演出・音楽】浅井さやか(One on One)

【出演】
松之助 役・平野良/屏風のぞき 役・藤原祐規/与吉 役・石井智也/お雛 役・岡村さやか/守狐 役・福井将太/おみつ 役・田宮華苗/平太 役・齋藤健心/お染 役・山﨑千惠子/徳次郎 役・朝倉伸二/佐助 役・滝川英治/(声の出演)植田圭輔 ほか

オフィシャルサイトhttp://www.clie.asia/shabamu/

挿絵:柴田ゆう ©2001 畠中恵/新潮社 ©2017 CLIE

この記事の画像一覧