Column

トムハ&キリアンに続いてノーラン作品常連になるかも!? 『ダンケルク』、若き4人の英国俳優の魅力

トムハ&キリアンに続いてノーラン作品常連になるかも!? 『ダンケルク』、若き4人の英国俳優の魅力

『インセプション』(10)や『インターステラー』(14)など、圧倒的なビジュアルと一癖も二癖もあるストーリーで常に発表作を待たれる鬼才、クリストファー・ノーラン監督が放つ最新作『ダンケルク』。第二次世界大戦中、ドイツ軍に侵攻されてフランスの北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の撤退作戦を描いた、ノーラン初の実話にして初の戦争映画である。主人公に大抜擢された無名のフィン・ホワイトヘッドや、演技初挑戦のワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ、大御所ケネス・ブラナーやマーク・ライランス、ノーラン監督作常連のキリアン・マーフィーやトム・ハーディら、新人からベテランまでが揃い、男たちのそれぞれの戦いと脱出劇に手に汗握る究極の99分間だ。本作で重要な役を務め、生々しい演技を見せた英国の若き俳優4人と常連キャストの魅力を紐解きながら、ノーランの代表作において名演技で魅せた俳優を振り返る。

文 / 山崎麻

ノーランがあえて新人を選んだ理由、重要な役に抜擢された4人の魅力

史上最大の撤退作戦と言われる“ダンケルクの戦い”。1940年、破竹の勢いで侵攻してきたナチス・ドイツ軍により、連合軍はダンケルクに追い詰められていた。眼前には海が広がり、背後の陸・空からは敵軍が迫る逃げ場ナシの状況。浜辺で立ち往生する40万人の兵士たちはたった一艘の救助船に殺到するも、その船も空からの爆撃で沈没。しかし絶体絶命でも生きることを諦めない〈トミー〉(フィン・ホワイトヘッド)や〈アレックス〉(ハリー・スタイルズ)他、イギリス軍の若き兵士たち。一方、空からはイギリス空軍の戦闘機スピットファイアのパイロット〈ファリア〉(トム・ハーディ)らがドイツ軍機を攻撃し、海からは、民間船までもが窮地に立たされている同胞を救うべくドーバー海峡を越えてダンケルクに向かっていた――。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ガーディアン』紙が“ノーランの最高傑作”とまで評する本作で、大きな話題となっているのが次世代英国イケメンとも言える新人俳優4人。ノーランは「30歳の俳優が18歳を演じるような、従来のハリウッド式のキャスティングはしたくなかった。実際の戦地には18~19歳の若い青年が送り込まれていたので、本当に当時の兵士たちのように戦争を感じられる年齢の役者をキャスティングしようと思った」と語っており、そのためにエージェントもついていない若き無名の俳優たちを何度も違う組み合わせにして、オーディションを重ねたのだそう。その結果、ノーラン監督作でスクリーンデビューを飾るという栄誉をゲットしたのが主人公〈トミー〉を演じたフィン・ホワイトヘッド。彼は1997年生まれの20歳で、ローティーンの頃から演技に興味を持ち、地元の劇団などで学んだものの、『ダンケルク』のオーディションに受かる前は、カフェでバイトしつつ、TVミニシリーズ『HIM』に出演したくらいだったのでまさに大抜擢! 印象的な涼しげで優しい瞳がいたいけな雰囲気を醸し出していて、戦地からの脱出にうろたえながら必死になる姿に共感せずにはいられない。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ワールドプレミアでのフィン

二人目は、民間船でダンケルクに向かう父(マーク・ライランス)に同行する青年〈ピーター〉を演じるトム・グリン=カーニー。舞台を中心に活動している彼は、フィン同様、本作でスクリーンデビューを飾った正統派美形。1995年生まれで、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校で演技を学び、すでに『マクベス』などの舞台を経験。ロンドンで上演された出演舞台『The Ferryman』はサム・メンデスが演出を担当しており、彼の演技も絶賛されていて、映画界では新人ではあるものの実力派なことは証明済み。今後、メンデス作品に出演することも期待できそう。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ワールドプレミアでのトム

そしてトム・ハーディ演じる〈ファリア〉の相棒で空軍パイロットの〈コリンズ〉として出演するのがジャック・ロウデン。これまでテレビ、ドラマ、舞台と幅広く活躍しているので、4人の中では最もキャリアがあるジャック。2013年の舞台『幽霊』ではローレンス・オリヴィエ賞で助演男優賞を受賞したり、BBCのドラマシリーズ『戦争と平和』でのニコライ役などでも注目されている。金髪・碧眼(タレ目)でちょっぴり、若き日のサイモン・ペッグのような雰囲気もある可愛らしさと、劇中で魅せるパイロット姿の凛々しさとのギャップも◎。1990年生まれの27歳のジャック、弟のカラムはバレエダンサーなのだとか。

ワールドプレミアでのジャック

ファンの間では出演が発表された時点でかなり話題になっていたのが、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ。1994年生まれの彼は、2010年にワン・ダイレクションとしてデビューするや、瞬く間に世界的スターに。現在はグループとしては活動休止中だけど、今年、ソロアルバムをリリースし、こちらも各国のミュージックチャートで1位を獲得していて、変わらぬ人気を誇っている。フィン演じる〈トミー〉と途中で出会い、何とかダンケルクを脱出しようと行動を共にする〈アレックス〉に扮するハリーは、これが初めてとは思えない堂々とした演技を披露! 俳優デビュー作がノーラン監督作なんてラッキーだけど、今後、俳優活動を続けるかは「?」だそう。『ダンケルク』を観た映画関係者からオファーがたくさん来ているだろうに、もったいない!?(笑)

ワールドプレミアでのハリー

『ダンケルク』にも出演!“常連”トムハ&キリアンとノーランの信頼関係

というわけで、『ダンケルク』では新人俳優たちの生々しい演技を引き出し、臨場感と緊迫感を体感させてくれたクリストファー・ノーランだが、ノーラン作品と言えば忘れてはいけないイケメン俳優がトム・ハーディとキリアン・マーフィー。トムハは『インセプション』、『ダークナイト ライジング』(12)に続いて3度目、キリアンにいたっては『バットマン ビギンズ』(05)、『ダークナイト』(08)、『インセプション』、『ダークナイト ライジング』に続いて5度目、ノーランが製作総指揮を務めた『トランセンデンス』(14)を入れると6度目のタッグとなる。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

〈謎の英国兵〉という名前のない役柄でインパクトを残すキリアンは「僕たちはお互いをよく知っているので、クリスは僕が何に興味を持つか、どんな役柄なら僕が挑みたいと思うかをわかっているんだ。彼がまた声をかけてくれるのは嬉しいよ」とコメント。そしてイギリス空軍パイロットの〈ファリア〉役で、ラストはすべて持って行くかっこよすぎるトムハも「聡明な監督。尊敬しているし、彼に頼まれれば何だってするよ」と語っており、常連役者陣と絶大な信頼関係を築いていることをうかがわせる。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

気に入ったら何度も起用するノーラン。4人の今後の活躍に期待せざるを得ない!

『ダークナイト』
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc.

思えば、トムハ、キリアンの他にも、ノーラン作品で輝く男性キャストは多い。時間軸を逆行させて物語の終わりから始まる斬新な手法の『メメント』はノーランの名を広く知らしめた記念碑的作品。主演のガイ・ピアースは10分しか記憶がもたない主人公の混乱と焦燥、妻を殺した犯人を追いつめていくハードボイルドな魅力を体現。クリスチャン・ベールは『バットマン』シリーズにおいて、ノーブルかつ骨太に〈バットマン〉=〈ブルース・ウェイン〉を演じて新バットマンのイメージと方向性を決定づけた。さらに『バットマン』シリーズ2作目『ダークナイト』における〈ジョーカー〉に扮したヒース・レジャーの鬼気迫る熱演は、今や伝説と言っても過言ではない。

『ダークナイト』
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc.

マリオン・コティヤールなどは何度か組んではいるものの、女優にはさしてこだわりがなさそうなのに、トムハ、キリアンを例に出すまでもなく、気に入った俳優は何度も自分の作品に呼びたがるわかりやすいノーラン。クリスチャン・ベールは『ダークナイト』三部作の他に『プレステージ』(06)にも出演したし、『バットマン ビギンズ』『インセプション』の渡辺謙、『インセプション』『ダークナイト ライジング』のジョゼフ・ゴードン=レヴィットなどもそう。そしてノーラン監督作に出演することによってハクがつくのも事実なのだ。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ダンケルク』で“ライジングスター”として一躍大注目を浴びたフィン、トム、ジャック、ハリーも、再びノーラン作品に出演する可能性も十分ある(ただしハリー自身は前述の通り俳優活動はもうないと言っているけど……)。実際、フィンはすでに何作も出演作が決まっていて、現在も撮影中。ノーラン自身、フィンについて「驚くべき才能の新人」と絶賛しており、トムと、出演シーンは短いながらもインパクトを残す〈ジョージ〉役のバリー・コーガンについても「人並外れた才能の持ち主」と称賛している。彼らの今後の活躍はもう約束されたも同然なので、再びノーラン監督作に出演してその成長を見せてほしい。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ダンケルク』

2017年9月9日(土)公開

海の町、ダンケルク。追いつめられた英仏軍40万、撤退を決断。若き兵士トミーは、絶体絶命の窮地から脱出できるのか!? 民間船もが救助に関わった、史上最大の救出作戦が幕を開ける。

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
出演:フィン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェイムズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、マーク・ライランス、トム・ハーディほか

オフィシャルサイトdunkirk.jp

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

クリストファー・ノーラン過去作品

『ダークナイト』

ブルーレイ:2381円+税/DVD:1429円+税
発売元・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2014 Warner Bros. Entertainment Inc.