『ドラゴンクエストXI』が最高のゲームである理由  vol. 3

Report

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』溢れる楽しさをスクショで紹介

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』溢れる楽しさをスクショで紹介

ふしぎな鍛冶

話しは少し戻り、カジノを遊び尽くしてソルティコをあとにしようと思ったころ。ほうしゅうが「大盗賊衣装のレシピ」のクエスト……いや、黒コショウが手に入らなくて困っている人がいたので問題解決のために海に出た。勇者だからね、困っている人は放っておけないのだ。

▲美しい上腕二頭筋

▲ぶぇっくしょーい!!

▲早速“ふしぎな鍛冶”を行うためにキャンプへ足を運ぶ

通常の“たたく”以外にとくぎも使える。冒険の進度によってとくぎの種類や集中力が増すので、うまく緑のラインに納まるように打っていく。しかし惜しい。+2で仕上げることになってしまった。カミュには+3を装備してほしいので、うちなおしを実行。

▲思わず勇者もガッツポーズ

▲はい、キタコレ。アカン、これアカンよぉぉぉ……!! かっこいいよぉ……!!

はぁはぁ、好き。ちなみに「レア装備にならなくてリセットしてやり直そうとしたら、5分間鍛冶ができないペナルティをもらった」と知り合いの編集者(3DS版をプレイ)が言っていた。そんなペナルティがあるとは……! いけませんね、リセットは。うちなおしの宝珠はメダル女学園で購入することができるので、資金が許せば+3になるまで思う存分たたこう。

ロトゼタシアにはさまざまな装備があって、武器ひとつをとっても攻撃力重視の両手に装備するものと、守備力重視の剣と盾を装備するなど選べる。アクセサリーも含め全装備、さらに下で触れるスキルの方向性で考えれば、魔法系キャラも固さと殴りに寄せることができるし、前線タイプも呪文が使えればそちらに寄せることが可能だ。補助呪文で戦闘難度は下げられるので、いろいろなスタイルでキャラクターたちの戦闘を楽しめるのが本作のいいところ。

どこを重視するかは人それぞれだけど、かーちゃん勇者は見た目がいちばん重要なのであまり数字は見ない。ベロニカはいまだにネコのきぐるみだ。

▲にゃにゃーん

好きな装備を+3までうちなおしても、それよりよい装備というものは存在する。だがそれが何だというのだ。敵の攻撃が痛い? 力でねじ伏せろ! 敵のHPが高い? 力でねじ伏せろ!! 強敵にぶち当たってもレベルを上げればいいのだ!! さくせんは“バッチリがんばれ”か“ガンガンいこうぜ”のどちらかだ! ゆけ、勇者一行! 立ちふさがるものはすべてなぎ払うのだー!!

< 1 2 3 4 5 6 7 >
vol.2
vol.3
vol.4