『ドラゴンクエストXI』が最高のゲームである理由  vol. 3

Report

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』溢れる楽しさをスクショで紹介

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』溢れる楽しさをスクショで紹介

続・おいでませヨッチ族

冒険を進めていると、ちょこちょことヨッチ族が集まってきた。色・名前・ランク・やる気・武器・攻撃力など、それぞれさまざまなヨッチ族がいる。色によって解除できるバリアの種類が異なり、個体差があるけれどランクが高くなるほどやる気の量もアップする傾向のようだ。

自分の世界ではまだEランクやFランクのヨッチ族しかいないけど、レベルの高いモンスターがいるところになればなるほど、腕っぷしのいいヨッチ族がいるのかな? 

しばらくはすれちがい通信で来てくれた高ランクのヨッチ族を頼りにしたい……が、ランクの高いヨッチ族は階層の低い迷宮だと本気を出してくれない。

▲本気出してよぉぉぉ

本気を出さないまま、敵からの攻撃でやる気が0になっていなくなってしまうSランクぅー! いなくなってほしくないヨッチ族はVIPアルバムに登録すると、やる気が0になってしまっても復活できる……ただしお金は必要だ。せちがらい。

集められるヨッチ族は50人までということで、田舎暮らしの間は「そんなに集まるんかなぁ」なんて思ってたけれど、大都会・秋葉原に遠征したらすれちがい数が多すぎて全員をヨッチ村に送ることができないという事態に! 泣く泣く別れを決意。自分で集めたヨッチ族はまだFランクやEランクばかり。でも自分で捕まえたからこそ愛着があって、全員を逃すことはしたくない……ので、自分が捕まえた中ではやる気と攻撃力が高いヨッチ族をふたりほど残し、すれちがいで来てくれたヨッチ族はランクが高くてぼうしがかわいいヨッチ族を優先的に残した。ある程度の別れが必要なんだね……ヨヨヨ。

また、同じ人とすれ違うと、ヨッチ族が少し強くなるらしい。田舎に住む一期一会勇者なのでいまはまだその恩恵を感じられたことはないけれど、また大都会に遠征する機会があれば腰を据えてすれちがい通信をしたいな。

▲そういえばフィールドで喋っているヨッチ族がいた……なにゆえ和歌山?

< 1 2 3 4 5 6 7 >
vol.2
vol.3
vol.4