『ドラゴンクエストXI』が最高のゲームである理由  vol. 3

Report

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』溢れる楽しさをスクショで紹介

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』溢れる楽しさをスクショで紹介

ぱふぱふとは……

これまでの冒険でいくつかぱふぱふを経験してきたけれど、もしかしたら地域によってぱふぱふの解釈が違うのかもしれない。ホムラの里とダーハルーネのぱふぱふはいわゆるぱふぱふでとてもぱふぱふ。サマディーのぱふぱふはマッサージのぱふぱふ。グロッタのぱふぱふは女の子にもてるようになるおまじないのぱふぱふだった。

▲ホムラの里のぱふぱふガール。もちろんこのあと女風呂に突入したのは言うまでもない

▲こんなに眼光の鋭い勇者、初めて見た

▲ふわぁーお♡

中でもいちばん力が入っていたと感じるのはサマディーのぱふぱふ。まず専用の建物がある。なのでわざわざ仲間と別れてから入店する。ムーディーな店内、サーカスや馬レースという祭りの喧騒、そしてあの導入と展開、カミュの眼差し……うん、サマディーがいちばんよかったと胸を張って言える。

▲あ、ごめん。やっぱりカミュと入った蒸し風呂がいちばんだわ

▲「カミュにも兄妹がいるのかな?」と思わせるセリフ。こういった非日常的な場所でプライベートトークだなんてそんな……ごちそうさまでしたぁー!!

続・3DS版とPS4版の違い

冒険の中で移動を助けてくれるルーラ。3DS版とPS4版をプレイしていると、ちょっとした違いに気がついた。3DS版では昔からおなじみのルーラで、屋内や天井がある場所でルーラを唱えると頭をしたたかぶつける。

▲かなりの勢いでぶつける。勇者じゃなかったら死んでいたかもしれない

一方、PS4版では屋内でも天井があってもなんのその。ここから考えるに、3DS版とPS4版ではルーラの基本構造が違うのかもしれない。3DS版は空を飛んで移動する物理的な魔法で、PS4版は空間と空間を繋げる空間転移的な魔法……とか。脳筋勇者的にはこれ以上はむずかしいのでわからないけど。あと、PS4版はキャンプへもルーラで移動することができ、3DS版は野生(?)の馬がフィールドのあちこちにいるので、どちらも新鮮な気持ちでロトゼタシアを駆けまわれて楽しい。

▲3DS版で見つけた黄色い宝箱。いつもよりちょっといい物が入っている?

< 1 2 3 4 5 6 7 >
vol.2
vol.3
vol.4