Report

『艦隊これくしょん -艦これ-』これから始める人ほど楽しめる!

『艦隊これくしょん -艦これ-』これから始める人ほど楽しめる!

2013年4月23日に正式サービスが始まったブラウザゲームの『艦隊これくしょん -艦これ-』(以下『艦これ』)。魅力的なキャラクターやシンプルながらも奥が深いゲーム性で瞬く間に人気となり、一時はゲームプレイに必要な登録が抽選待ちの状態になっていた。現在ではサーバーが大幅に増強されて自由にプレイが始められ、戦闘システムの追加や仕様変更などが入りとても遊びやすくなっている。ゲームを原作としたアニメの放送や、豪華声優陣による”「艦これ」観艦式”などのイベントなども行われ、高い盛り上がりは途絶えることがなく、確実に押さえておきたいゲームだ。

『艦これ』とはどんなゲームなのか? その魅力やこれから楽しみつくすための基本プレイ方法を紹介していく。

文 / ドロシー伊藤

※本記事内で使用するゲーム内用語について
・ユーザー → 提督
・ユニットとなるキャラクター → 艦娘
・艦娘の入手 → 艦娘との邂逅、出会い、着任


基本はシンプル!  艦娘を集めて育てて出撃!

『艦これ』は何をするゲームなのか? それはプレイする提督によって変わってくるとは思うが、基本的な目標のひとつは”艦娘を集める(鎮守府に着任させる)”こと。艦娘の多くは海域に出撃し攻略を進めることで邂逅が可能だが、同エリアでは”深海棲艦”(しんかいせいかん)と呼ばれる敵との戦闘が発生する。新たな艦娘を求めるならば強い深海棲艦が出現する海域の攻略が必要になるので戦力の拡充も必要。戦闘による経験値獲得で艦娘のレベルを上げたり新装備を開発するなど行い、鎮守府全体の戦力を高めていくのだ。

ゲームを進めるユニットでありながら、それぞれが個性的な魅力を備え、コミュニケーションを図れる艦娘が増えていくと、得も言われぬ満足感を体験できる。

▲過去に現存した艦船と同名のものが多いが、関連性については語られていない。同型艦や艦娘の設定によってイラストの雰囲気が揃えられているところがすばらしい。アップデートや後述する期間限定イベントなどで追加され、2017年8月20日現在では200隻以上の艦娘が登場する

▲課金要素は少なく、それほど必要性も高くないので気軽にプレイを進められる。長くプレイを続けていくと、艦娘や装備の保有数を増やせる”母港拡張”が欲しくなってくるが、それほど必要になる頻度は高くない

▲艦娘の出撃や回復には燃料や弾薬、鋼材、ボーキサイトといった資源が必要になる。要は行動力のようなもので時間経過で回復するが、期間限定海域イベントが始まると攻略で大量に消費するため、日々のプレイで使い切ることは避けたい。”資源の備蓄”も重要な目的だ

▲各海域にはボスクラスの深海棲艦が潜み、それを撃破することで次の海域に出撃が可能になる。海域によって邂逅できる艦娘が異なるので、まずは24ヵ所の通常海域の攻略を目標としてゲームを進めよう

▲一部の艦娘は建造によって出会うことが可能。また、プレイを進めることで戦艦大和や武蔵、装甲空母の大鳳などが建造できる”大型艦建造”が開放される

▲春、夏、秋、冬には数週間にわたって”期間限定海域”のイベントが配信される。非常に難度の高い海域で強力な深海棲艦が登場するが、無事攻略できれば新実装の艦娘や高性能の装備などが入手できる