Interview

kobore ライブに明け暮れるなかで個性を確立した4人組は東京・府中から全国制覇を狙う

kobore ライブに明け暮れるなかで個性を確立した4人組は東京・府中から全国制覇を狙う

東京・府中から登場した4人組ギターロック・バンド。地元のライブハウスFlightを中心に精力的にライブ活動を続け、じわじわと支持を広げてきた。今年に入って、様々なビッグ・イベント/オーディションに出演する機会を得て、一気に注目度が急上昇。その勢いに乗って、初めての全国流通盤となるアルバム『アケユク ヨルニ』をリリースする。
ここでは、バンド結成のいきさつから始めて、その活動の軌跡とそのなかで作り上げてきたバンドの個性について、そして今回の新作の手応えについてメンバー全員に語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史

最初は“佐藤 with BAND”みたいな雰囲気だったと思います

結成のいきさつから聞かせてください。

佐藤 僕が最初弾き語りをやってて、でもバンドをやりたいなと思って、高校の先輩と後輩を「とりあえず今あるオレの曲をバンドでやってみない」って誘って始めたのがきっかけですね。

誘われたお二人は佐藤さんの弾き語りを聞いたことはあったんですか。

安藤 いや、僕はまったく聴いたことがなかったんですけど、当時なぜか自分が歌ってるバンドをやってて、でも“ギターだけやりたいな”と思ってたところに誘われたんで、やることにしたんです。

田中 僕は高校3年生のときに誘われたんですね。いろいろ進路に悩んでたときだったんですけど、当時付き合ってた人にフラれた3日後に彼から連絡が来たので“僕にはバンドしかないんだな”と思って、やることにしました。

佐藤 それ、初耳だな(笑)。

田中 すごいタイミングが良かったんですよ。

ということは、バンドのコンセプトというようなものがあるとすれば「佐藤さんの曲を演奏する」ということだったわけですね。

佐藤 そうですね。僕のただの自己満足みたいな感じだったと思います。

佐藤赳(Vo.Gt)

そういうバンドを実際に始めてみて、安藤さんと田中さんはどんな感触でしたか。

安藤 とりあえずやるしかないというか、彼の構想が彼のなかで完結してたんで、それをただ弾くだけというか、「こうして」と言われるからこうする、という感じで始まったので、最初は“佐藤 with BAND”みたいな雰囲気だったと思います。

田中 最初に「こんな感じの音楽をやりたいんだよね」って聴かされたときに、“これは絶対、イケる!”と僕は思ったんですよ。だから、“もう大船に乗ったつもりで行こう”と思ってやってました。

そのときに聴かされた曲は、いまもやってる曲ですか。

田中 「声」という曲と「おやすみ」という曲で、両方とも僕はすごく好みのタイプだったので、“これはいい!”と思ったんです。

伊藤さんは、最初はお客さんとしてこのバンドに出会ったんですよね?

伊藤 そうです。僕も高校生の頃、府中Flightというライブハウスによく出てたんですけど、koboreはそこに出てる先輩のバンドで、単純に“かっこよ!”と思ったんです。それで、前に出た『ヨルノカタスミ』というCDも自分で買って、「ちょっとやってみて」と言われたら、すぐにでもできるくらいになるまで聴き倒しました。そんなバンドから誘われたから、僕も高校を卒業するタイミングだったし、前からやってたバンドを続けるか迷ったんですけど、でもやっぱりkoboreについていこうと思って。

伊藤克起(Dr)

いつも、誘うのがいいタイミングですね。

佐藤 (笑)、全然狙ったわけじゃないんですよ。前のドラムが抜けると言い出したのも急だったんで。何本もライブは決まってるのに、次のドラムをどうするか考えずに、ドラムを抜けさすっていう、無謀というか地獄の決断だったんですけど、でもそれで伊藤に声をかけたら、伊藤も揺らいでた時期だったから、うまくハマったっていう。

佐藤さんのなかでは、自分の音楽をバンドで聴かせることについて、音楽的に具体的なイメージははっきりしていたんですか。

佐藤 いや、まだ固まってはいなかったですね。とりあえず“自分が作った曲をやる”ということしか頭になくて、ライブとかまったくイメージしてなかったし。「とにかくやろうよ」みたいなノリで始まったバンドでしたから。自分が「ああしたい、こうしたい」というのをメンバーに伝えて楽曲に仕上げていくというだけで。「ここのリフはこう弾いてくれ」とか「そこの音色はちょっと変えてくれ」とか、全部僕が言った通りにやってもらってました。

 今回は歌詞が前よりも前向きになったし、視野が広がってきてる感じがするんですけど、それがkoboreがバンドになってきたのとリンクしてるような感じがしてます 

今回の『アケユク ヨルニ』に収められた曲の作曲クレジットはすべてバンド名義になっていますが、ということは初期のそうした作り方とは違っているということですか。

佐藤 そうですね。再録になってる「涙のあと」という曲もアレンジが変わってますし、他の曲も僕が「ああしろ、こうしろ」と言うんじゃなくてメンバー全員で僕が作ってきた歌詞とメロディにアレンジを加えていくというやり方で作りましたから。

初期の佐藤さん主導のやり方から、そうしたバンドっぽい作り方にはどういうふうに変わっていったんですか。

佐藤 ライブをやっていくなかで、僕たちに足りないものがどんどん見えてきてたんですよ。それは「静かな曲ばかりだから、うるさい曲もほしい」とかそういうことなんですけど、ライブをずっとやってると僕一人の力ではどうにもならなくてメンバーを頼らないといけないということがわかってきて、それで志向がだんだんバンドになっていったっていう。佐藤赳 with koboreからkoboreに、ライブをやっていくなかでだんだん変わっていったという感じだったと思います。

ドラムの入れ替わりは急な出来事だったというお話でしたが、そういうふうにバンド感が高まってきたなかで新しいメンバーを入れるというのはいろいろなことが気になったりしなかったですか。

佐藤 いや、単純に僕の好みというか、伊藤のドラムはライブハウスでずっと見てて、“いいなあ”と思ってましたから、誘うときにも迷いはなかったし。

彼だけじゃなくて、その前に安藤さんや田中さんを誘うときも含め、メンバーを選ぶときにその人のキャラクターというのは気になりませんか。

佐藤 いや、そこはもう直感ですね。僕もけっこう行き当たりばったりというか、後先考えずにやっちゃうほうなので、“今しかないでしょ!”と思ったらすぐに誘っちゃうし、ドラムがいないとなればまずは自分の好きなドラムに声をかけるっていう。そこでキャラクターがどうこうとか考えないし、そうやってきたことに後悔もないです。ぶつかったらぶつかったで、ぶつかればいいと思うし。

安藤太一(Gt.Cho)

安藤さんは、佐藤さんが説明してくれた変化について、どんなふうに感じていますか。

安藤 前回のミニアルバムから今回の音源にかけて、曲がすごく変わったんです。前の曲は、赳のなかで完結するような、自分だけの歌が多かったんですよ。一人で居る感じというか、どちらかと言えば暗い感じの曲も多かったんですけど、今回はわりと明るい曲が増えたし、何より歌詞が前よりも前向きになったというか、歌ってるのが自分じゃなくて、“みんな”までは行かないにしても対象がちゃんといて、視野が広がってきてる感じがするんですけど、それがkoboreがバンドになってきたのとリンクしてるような感じがしてます。

「どちらかと言えば」と言われましたが、多分暗かったんでしょうね(笑)。

安藤 (笑)そうなんですかね。

佐藤 弾き語りやってたくらいだから、曲はやっぱり暗いですよ。

田中さんは前作からの変化をどう感じていますか。

田中 いまは確かに“みんなで作ってる感”を感じます。

ただ、「みんなで作ろう」と話しても、それができないことだってあるわけで、それが実感できているということは田中さんのなかにも何かあらかじめの蓄積があったんでしょうか。

田中 いや、それは「みんなで作ろう」ということになって、それをやっていくなかで変わっていったことだと思います。前の『ヨルノカタスミ』と今回の『アケユク ヨルニ』を聴き比べてもらえば、全然違うなということはわかってもらえると思うんですけど、それは何かの蓄積みたいなことではなくて、単純にみんなで作るからより熱が入るとか、そういうことだと思いますね。

田中そら(Ba)

田中さんが言われた「みんなで作ろう」というスタンスは、あらかじめ言葉としてそういうことを確認し合うような場面はあったんでしょうか。

佐藤 いや、僕らは作り方がけっこうテキトーで、僕が急に歌い出して、それにみんなが音を乗せていく、みたいな感じなんですよ。「そのメロディいいね」とか「そのコード進行にしよう」というところから曲ができていくんで、どこかのタイミングで「こういうふうに、みんなで作ろうぜ」みたいなことを話すことはないですね。

佐藤さんが急に歌い出す、そのメロディには言葉は乗っていないんですよね?

佐藤 ♪ラララ♪とか、乗っててもテキトーですね。それを一度録音して、「次の練習までに、それぞれでまとめておいてもらえると助かります」みたいな話で、それで次に集まったときにバシッと仕上げる、という感じです。

伊藤さんは、前のアルバムは聴き倒したという話でしたが、そのバンドに入って新しい音源を作ってみて、どうでしたか。

伊藤 曲の作り方は意外と前にやってたバンドと似てて、そういう意味ではあまり苦労はなかったんですけど、でもいちばん意識したのはとにかく赳さんの邪魔にならないようにというか、気持ち良く歌ってもらえるようにということで、その上で自分もコチョコチョッと遊べたらいいなっていう。

佐藤 最近はクソ遊んでるけどね(笑)。