Interview

ORANGE POST REASON ドラマティックなメロディライン、日本語の響き。彼らが生み出す、湧き上がるような歌の魅力を訊く

ORANGE POST REASON ドラマティックなメロディライン、日本語の響き。彼らが生み出す、湧き上がるような歌の魅力を訊く

黄色は僕にとって希望みたいなイメージがあって(坂口)

(笑)。「BLUE」と「GREEN」は単に“色つながり”というだけではなく、もっと深い部分で重なり合ってると。

坂口 そうですね。青に黄色を足したら緑になるじゃないですか。僕のなかでは“色が違う”ということより、“色を足すことで変化した”という意識が強いんです。黄色は僕にとって希望みたいなイメージがあって。だから今回のアルバムの歌詞は明るさがある歌詞が多いんですよね。それはさっき言った“対・人”ということにもつながると思うんです。人に何かを言えるようなバンドではないと思っていたし、メッセージ性が強い曲は少なかったんですけど、少しずつ“そういうバンドになりたいと思うようになったので」

伝えたいメッセージが生まれたのかもしれないですね。

坂口 いまも伝えたいことがあるわけではないんですけど(笑)、自分たちの曲が誰かのものになってほしいっていう憧れを抱くようになったんですよ。みんなが口ずさめるようなシンプルでメロディがいいな、とか。

折原 アレンジしていても「歌詞をジャマしないように」ということは考えてました。ベーシストとしては、歌のメロディに絡むような演奏をしたくて。試行錯誤しているうちに、演奏としては難しい感じになっちゃったんですけど(笑)。

山﨑 今回のアルバムはミドルテンポのエイトビートの曲が多いんです。「BLUE」は以前からライブでやっていた曲ばかりで、テンポが速い曲が中心だったので、そこはぜんぜん違っていて。ミドルテンポはあまり叩いたことがなかったから、アレンジの段階では「何かしっくりこないな」ということも多かったんですよ。でも、最初に「チップス アンド チョコレート」を録ったときにすごくいい感じでやれて。「これでいけるな」って安心しましたね。

坂口 レコーディングを担当してくれたエンジニア川面さんの存在も大きかったですね。楽しんで自然にやっている雰囲気をちゃんと音に込められたというか。ワイワイ楽しむときと、ピリッと緊張感を持ってやるときがハッキリしていたのもすごく良くて。

山﨑 いまのバンドの空気がナチュラルに出ていると思います。温かさもあるし、生っぽさもあって。エンジニアさんからは「バンドのメンバーがどういう音にしたいかわかってないとダメだ」ということを教えてもらいましたね。レコーディング中はぶつかり合うこともあったし、難しいこともあったけど、それを含めてすごく楽しくて。ここまでレコーディングが楽しいと思えたのも初めてでした。

折原 ライブでやっていない曲がほとんどだったから、作曲者の坂口以外は明確なイメージがなかったと思うんです。録り始めてからもすごくディスカッションしたし…。そういう工程をしっかり抑えられたこともいい経験になったし、今後につながると思いますね。

藤原 出来上がったときは「めちゃくちゃいいアルバムになった」と思って、ちょっと泣きました(笑)。いま聴いても「ちゃんと伝わるアルバムになったな」と思えるのも良かったですね。

自分たちが「こうしたい」というよりも、「この曲をどう伝えるか」ということを意識していて(山﨑)

山﨑 涼平(Dr)

「GREEN」の楽曲がセットリストに中心になることで、バンドの魅力がさらに明確になると思います。

坂口 既にけっこうやってるんですけど、自然に歌える曲ばかりだから、聴いてくれる人にも真っ直ぐ届いてる感覚があるんですよ。

山﨑 自分たちが「こうしたい」というよりも、「この曲をどう伝えるか」ということを意識していて。アルバムの曲を演奏することで、自分たちの見え方、お客さんに対する伝わり方も変わってきてると思います。

素晴らしい。ちなみにみなさんは一緒に生活しているそうですが、そのことが制作に及ぼす良い影響もあるのでは?

坂口 いや、どうですかね…。

藤原 ハハハハハ。

坂口 曲を作るときは、できれば一人のほうがいいんですよ。モノ作りのアイデアは主に山﨑と僕で考えているんですけど、忙しくて1週間くらい会えなかったりすると、次に会ったときにバーッとアイデアが出て来るんです。

山﨑 そうだね(笑)。

坂口 だからひとりの時間が必要なんですよね。まあ、そこは上手くやっていきます(笑)。

ORANGE POST REASONさん画像ギャラリー

その他のORANGE POST REASONの作品はこちらへ

ライブ情報

http://www.orangepostreason.com/live/

ORANGE POST REASON

折原 大輔(Ba) 、藤原 裕輔(Vo/Gt)、山﨑 涼平 (Dr) 、坂口 亮(Gt)。長崎出身の 4 人組ロックバンド。
2013年8月 結成。
2014年2月 LIVE 会場限定デモ CD「Demo」を発売。完売。( 廃盤 )。
2015年8月「Red Bull Live on The Road」で入賞し、8 月に SUMMER SONIC(TOKYO) に出演。
2016年6月29日、初の全国流通作品、タワーレコード限定シングル「未タイトル」リリース。
2016年7月〜8月、シングルリリースツアーを東名阪福で開催。
2016年9月28日、初のフルアルバム『BLUE』リリース。
2016年10月〜12月、アルバムを引っさげ全国ツアーを開催。
2017年1月、未発表曲「花コトバ」がフジテレビ系全国ネット「奇跡体験 ! アンビリバボー」のエンディ ングテーマに選ばれる。初タイアップ獲得。
2017年2月8日、配信シングル「花コトバ」リリース。

オフィシャルサイトhttp://www.orangepostreason.com