Report

やっぱり“衝撃作”!? 『スター・ウォーズ/ 最後のジェダイ』監督がファンミでサプライズを語る&初出し情報を披露!

やっぱり“衝撃作”!? 『スター・ウォーズ/ 最後のジェダイ』監督がファンミでサプライズを語る&初出し情報を披露!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の“その後”を描く最新作『スター・ウォーズ/ 最後のジェダイ』が12月15日(金)についに公開される。全人類が待望する本作でメガホンをとったライアン・ジョンソン監督が、世界に先駆け、9月11日(月)に緊急来日! 都内で開催されたスペシャル・ファンミーティングに出席し、『スター・ウォーズ』ファンからの質問に回答。イベントには、歌舞伎界随一の『スター・ウォーズ』マニアである尾上松也と、『スター・ウォーズ』ファンを公言する河北麻友子、さらにC-3PO、R2-D2、BB-8も登場した。

全世界が期待する『スター・ウォーズ』の最新作ということで、大勢のマスコミ陣とファンが詰めかけた会場。特報映像が上映されると、場内はすでに熱狂の渦に。拍手喝さいを浴びながら、ライアン・ジョンソン監督がステージに登場した。ジョンソン監督は本作の仕上がりについて「ほぼ完成に近く、ロスに戻ってあと数日作業したら完パケ」と明かす。さらに「スマホにデータがあるから、みんなに今見せちゃおうかな」とお茶目な笑顔を浮かべながらジョークを飛ばした。

本作について、〈ルーク・スカイウォーカー〉役のマーク・ハミルは「予想もできないこと」があったと語り、そして〈レイ〉を演じたデイジー・リドリーは「多くの人が驚くはず」とコメント。“衝撃の展開”が予想されている本作の脚本も手掛けたジョンソン監督に、MCが単刀直入に「どんな展開になるのか?」と質問。監督は「言ってしまったらサプライズにならないよ(笑)」と語りながらも「マークとデイジー、そしてそれ以外のキャストがそう思ってくれたのは、脚本を手掛けた自分としてはとても嬉しい。みなさんがショックを受けるところもあります。ただ、サプライズは驚かせるためのものではなくて、腑に落ちるようなサプライズ、物語の中で自然に起きるサプライズなんです。思わず息をのむような瞬間があると思う」と自信を覗かせた。また、前作でフォースの覚醒を遂げた〈レイ〉が、本作でフォースとどう向き合っていくのかを問われると、「まさにその道のりが物語のメイン。『スター・ウォーズ』は大人への成長、そして世界の中で自分の居場所を見つけるという物語です。〈ルーク〉とはまた違った形で、〈レイ〉にもその道のりが待っています」と明かした。また、“ダークサイドに〈レイ〉が落ちるのでは!?”という噂をMCが直撃。しかし監督は笑いながら「それを言わせる!? フォースの力で答えを引き出してみなよ」と回答するにとどまった。

続いて、“ここを外したら『スター・ウォーズ』じゃなくなる”と考えていたポイントを聞かれると、「僕自身も4歳の時から『スター・ウォーズ』のファンでした。でも映画を作りながら“これは果たして『スター・ウォーズ』なのか?”ということはむしろ考えないほうが、良いものができるという結論に至ったんです。良い映画を作るためには、直感と自分の選択を信じるべき」と真摯な眼差しで語った。また、特報映像の中で鍵を握るシーンについては、「最後にルークの声で『ジェダイは滅びる』という台詞があります。それが一番重要な情報であり、問いかけです。なぜ彼がそう考えていて、なぜその考えに至ったのかが、本作で重要な鍵」だと明かす。さらに、『エピソード5/帝国の逆襲』のような衝撃的なサプライズがあるのかという質問に対しては、「あれは映画史において大きなサプライズだったと思う。同じくらいのサプライズを用意していますよ」と述べながら、「“あれほどのサプライズを作り出そう”と考えながら脚本は書いていない。驚かせてやろうという気持ちで物語を作ってしまうと、結果的に無理があって良くない仕上がりになる。観客にとってショックなことはありますが、突拍子もないストーリーではなく、物語の展開の中で到達するサプライズになっています」とコメントした。

物語の核心を突く質問にはなかなか答えられない監督に、「なんとか初情報解禁のネタを出せないか」という記者からの質問が。ジョンソン監督は、会場内にいたプロデューサーに目を配って「プロデューサーが首を振ってる。ダメだって」と笑いながらコメント。しかし、「『LOOPER/ルーパー』(12)にも出演した仲の良い俳優のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが、エイリアンの声でカメオ出演しています。ほんのちょっとだけど、よく聞けば彼の声がわかるかも」と明かしてくれた。プロデューサーを気にしながら初出し情報を教えてくれたジョンソンに対し、MCが「プロデューサーから後で罰があるかも……」とコメントすると、「みんなのことを愛してるから罰を受けるよ!」と笑顔で述べ、会場のファンを喜ばせた。

そしてここで〈BB-8〉がステージに登場。ジョンソンは〈BB-8〉に向かって「ちょっと痩せた?」と一言。そして会場に集まったファンからの質問コーナーへ。昨年12月に亡くなった〈レイア〉役のキャリー・フィッシャーについて聞かれると、監督は少しうつむきながら「彼女に出会えたことは、この作品を手がけた全体験の中でのハイライトでした。彼女がこの世にいないことが悲しいです。少しだったかもしれませんが、時間を共有できて感謝しています」と述べる。続けて「最後に会ったのが彼女の60歳の誕生日でした。一人のファンとして、彼女を実際に知っていた一人として、世界中の方がどれだけの喪失感があるかというのは理解しているつもり。この作品で美しい演技をしてくださったこと、それが残っていることを心から良かったと思いますし、彼女にさよならを言えなかった全てのファンに意味深い体験になると思う」と語り、再び盛大な拍手が送られた。

続いて、先日コリン・トレヴォロウ監督の降板が発表された『エピソード9』について、監督としての意欲を聞かれると、「正直、どうなるかは僕自身はわかりません。僕は『エピソード8』を作ることに100パーセントの力を注いでいましたし、その作品を公開してファンがどう受け止めてくれるかが楽しみで仕方がない。だから『エピソード9』については考えられないし、誰が監督になろうとも、再び一人のファンとして、『エピソード9』を楽しみにしています」と述べた。さらに、『フォースの覚醒』での〈ハン・ソロ〉の出来事にショックを受けて高熱を出したというファンが、“衝撃作”と言われる本作を観に行っても大丈夫かという質問に対して、ジョンソンは爆笑しながら「どうしよう、君を殺しちゃうかもしれない」とコメント。「冷えピタみたいな冷たいものを持参してください。もしご家族の方がいらっしゃるようだったら、医療機器とか冷えピタを持っていってくださいね」と笑顔でアドバイスを伝えた。

ここで、『スター・ウォーズ』の日本ファン代表として尾上松也と河北麻友子が、さらにC-3PO、R2-D2がステージに登壇。テレビ放映で『エピソード4/新たなる希望』を観て、ライトセーバーのカッコ良さに魅了されて以来ファンだという尾上は、『エピソード8』でのこだわりについて質問。監督は「最高の『スター・ウォーズ』映画を作りたいという想いで、自分の内なる『スター・ウォーズ』ファンを信頼して作りました。実際に現場でも、スタッフたちが本当に楽しそうにしていたんです。たぶん観客の方も楽しめる映画になってるんじゃないかな」と回答。尾上は「最高ですね。でも複雑ですよね。関わりたいような、ファンだからこそ裏側を知りたくないような……」と返すと、監督は「実はそれは僕も心配してました。たとえばミレニアム・ファルコンの壁とか見てしまったら、もしくはライトセーバーってこうやって撮影してたんだ、って裏側が見えてしまうったときのことが心配だった。でも実際は、もっと『スター・ウォーズ』愛が深まりました。4年間、製作に関わってきてついに終盤に差し掛かっていますが、これを経験したことで『スター・ウォーズ』の物語と強いつながりを持てました」とコメント。

さらに尾上は、本イベント前の打ち合わせで、監督が「〈BB-8〉と撮影現場でモメたから今日会うのが気まずい」と語っていたというエピソードを暴露。現場で何があったのかを問われると「いつか暴露本を出すよ」とコメントして笑いを誘いながら、「僕もプロだし、現場で起きたことは口外しないよ」と〈BB-8〉を見つめ、「〈BB-8〉は本当に可愛いよね。怒ってもその感情を維持できないくらいに可愛い」と、監督も〈BB-8〉の魅力にメロメロの様子だった。

一方、ニューヨークで育った河北は、小さな頃からずっと『スター・ウォーズ』を観ていて〈レイア〉が大好きだと語る。河北が本作で新たに登場する注目すべきキャラクターについて質問すると、「新しいキャラクターに早く会ってほしい」と前置きしながら、「中でも〈ローズ〉という、デビューして間もない女優のケリー・マリー・トランが演じているキャラクター。彼女は太陽の日差しのような人なんです」と回答した。そして最後にフォトセッションを行った3人。特別映像が上映され、会場は再び拍手に包まれてイベントは締めくくられた。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

2017年12月15日(金) 公開

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作。
伝説のジェダイ〈ルーク・スカイウォーカー〉とめぐり逢った〈レイ〉が知ることになる驚くべき真実とは? なぜ〈カイロ・レン〉は〈ダース・ベイダー〉を受け継ごうとするのか? さらには、レジタンスを率いる〈カイロ・レン〉の母親〈レイア〉と、〈ポー〉、〈フィン〉、〈BB-8〉らレジスタンスたちの新たなるミッションとは? そして、タイトルの“最後のジェダイ”が意味するものとは?
――知られざる秘密が明かされるとき、さらなる謎が生まれる。

監督:ライアン・ジョンソン
出演:デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、ドーナル・グリーソン、アンディ・サーキス、グウェンドリン・クリスティ、ルピタ・ニョンゴ、ベニチオ・デル・トロ、ケリー・マリー・トラン、ローラ・ダーン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.