Interview

NGT48大旋風!「青春時計」のアナログ盤リリース。北原、荻野、中井らメンバーが今の人気について語る

NGT48大旋風!「青春時計」のアナログ盤リリース。北原、荻野、中井らメンバーが今の人気について語る

オリコンシングルランキングの2017年上半期の作品別売上枚数で新人アーティスト1位に輝いたNGT48のデビューシングル「青春時計」。そのリミックスやCDのType別カップリング6曲を収録したアナログ盤が9月27日にリリースされる。
2015年8月にAKB48、SKE48、NMB48、HKT48に続く国内5組目の48グループとして誕生したNGT48。今年の4月にメジャーデビューを果たし、グループとしては2度目の参加となるAKB48選抜総選挙では、速報で1位を獲得した荻野由佳をはじめ、80位までに10名のメンバーをランクインさせ、NGT48旋風を巻き起こした。
この躍進を彼女たち自身はどう捉えているのか。荻野由佳、北原里英、高倉萌香、中井りか、本間日陽の5人を迎え、総選挙を振り返りながら、NGT48の人気が拡大している、その勢いの秘密を探った。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 中原幸


※このインタビューは北原里英さんの卒業発表前に行いました。北原さんからの来春卒業のコメントと合わせてインタビューお楽しみください。

「私、北原里英はNGT48を卒業します。
本当に皆さんの支えがあって、2周年を迎えることができたNGT48は勢いのあるグループだと思うし、活動していてとてもやりがいがあるし、楽しいです。とても悩んだし、考えました。だけど決断させていただきました。
AKB48に入る前からの夢であった女優さんを目指して、ゼロからのスタートになるのですが、お芝居を中心に活動をしていければいいなと思っていますし、そして自分の活動が、少しでもNGT48のためになるように、キャプテンをやっていたということに恥じない活動をしていけたらなと思っています。
来年の春頃までNGTのキャプテンとして、最後まで頑張ります!これまで以上に、NGT48の応援をよろしくお願いします」


この1年のNGT48の成長と歩みを見せられた。NGT48としてはすごく大満足な総選挙になりました

少し前になりますが、今年の6月に開票された総選挙の感想から聞かせてください。まず、高倉さんは25位にランクインし、アンダーガールズに選ばれました。

高倉萌香 去年はNGT48から加藤美南ちゃんが初ランクインをしたんですけど、今回はNGT48からたくさんのランクインメンバーが出て。新潟としてもすごく盛り上がったなと思いますし、私も初めてランクインさせていただけたので自信にも繋がりました。これからまた1年、頑張りたいなと思います。

高倉萌香

荻野由佳 総選挙でまた新たにNGT48のメンバーが個人個人で注目されるようになってから、私たちを見に新潟県に足を運んでくださる方も増えて。今回の総選挙で新潟から全国に羽ばたく大きな一歩になれたのかなと思いますし、これからもどんどん全国に羽ばたいていって、新潟県のみなさんや、NGT48のファンのみなさんにも喜んでいただけるように頑張ろうって思います。

荻野さんは速報で1位、最終的には5位を獲得しました。

荻野 びっくりよりも、不安が大きかったですね。去年は95位で圏外だったのが、いきなり速報1位で、当日は5位に入って。正直、「誰だ? この人」っていう、周りからの声が怖かったです。でも、ファンのみなさんが一生懸命に私の夢の実現のために頑張ってくださった結果なので、今はこの順位をいただけたことに堂々といようと思いますし、5位に見合った人になろうという気持ちでいっぱいです。

荻野由佳

北原里英 去年は私とゆきりん(柏木由紀)以外、かとみな(加藤美南)ひとりだったのが、今年はNGT48から10人がランクインして。総選挙しか見ないという方にも、この1年のNGT48の成長と歩みを見せられたなと思うので、NGT48としてはすごく大満足な総選挙になりました。結果だけじゃなくて、ほかのメンバーがランクインしたことをメンバー全員でお祝いしたり、喜んだりする姿も見てもらえた。今のNGT48のいいところがギュッと詰まっていたと思うので、しっかりとお茶の間にアピールできたのも良かったんじゃないかなと思います。

個人としては今回で最後と公言してましたね。

北原 正直、今年も出るかどうか迷ってたんですけど、ランクインするメンバーを近くで見守りたいなと思って、立候補をして。その選択をして本当に良かったなと思いましたし、私自身としては最高位である10位をいただけたので、「総選挙ありがとう!」っていう気持ちです。

北原里英

本間さんは13位で選抜メンバー入りも果たしました。

本間日陽 私は今回の総選挙は自分にとって大きなチャンスになったなと思います。去年の初めての総選挙以降、悔しい気持ちもあったので。ファンの方と一緒に歩んできた結果だったんじゃないかなって思いますし、ファンの方からいただいた大きなチャンス、重みのある順位をいただけたので、これからそのチャンスを結果に変えていきたいなって思っています。あと、選抜に初めて入らせていただいてすごく良かったなって思うのは、自分ひとりじゃなくて、由佳ちゃんや里英さんっていう、いつも同じチームで活動しているメンバーが近くにいてくださること。自分にとって心の拠り所になっています。新しい場所ですごく勉強になることもたくさんあるなかで、チームのためになれたらいいなと思うのと同時に、気心の知れた仲間がいるので安心して新しい環境に挑めているのが、本当に私は幸せ者だな、と日々、感じているところであります。

北原 ふふふ。「〜であります」って(笑)。

中井りか ずいぶん丁寧だね(笑)。

一同 (笑)

本間日陽

中井 私はまず、グループ的には確実に、いままでNGT48を知らなかった人にも、速報からずっと、NGT48というグループがいるんだっていうことを証明できた総選挙になったと思いますし、これまで知らなかった人にNGT48のことに興味を持っていただけるきっかけになった総選挙だったなって思っていて。研究生からもランクインしたり、速報から本当にすごい勢いを感じていて。私自身も、結果を残さなきゃいけないと背負ってるものがあったので焦ってはいたんですけど、何人もランクインしているのを見て、すごく考えさせられたし、もっと頑張らなきゃいけないって、改めてスイッチが入ったんですね。総選挙のおかげで自分の今いる位置を知れたというか、そこからもっと頑張ろうっていう気持ちになれたなと思います。目標は24位だったんですけど、1個上の23位にランクインさせていただいて。これは、いつも支えてくださってるファンの方々が頑張ってくださった結果だと思うので、来年はもっともっとファンの方を増やして、たくさんの方に知ってもらえたらいいなって思ってます。

中井りか

中井さんはメジャーデビュー曲「青春時計」でセンターを務めたというプレッシャーがありました?

中井 すごくありました。だからこそ、速報で圏外の順位だったときにすごく悔しい想いもしたし。でも、悔しい想いをしたほうが私はもっと頑張ろうって思えるタイプなので、速報から総選挙までの期間は、自分的には目の前にあることに全力で頑張れた期間だったので、そこでまたひとつ成長できたかなって思います。

昨年のひとりから10人に増えた躍進の理由はどこにあると考えてます?

中井 ひとりひとりがハングリー精神というか、向上心が強いメンバーばかりで、ひとつひとつの公演で絶対にファンのみなさんの心をつかもうっていう想いが強いグループなんですよ。そこで確実にファンを獲得していけた結果かなと思います。

北原 メジャーデビューした年っていうのも大きいと思いますね。新しいものが強いのは当たり前で。きっと、伸びしろがいちばんあるようにわかりやすく見えていたのかなって。あとは、地域密着の活動を続けてきたので、地元の方の応援が熱いっていうのがあったりとか、いろんなことが重なってこういう結果になったのかなって思ってます。

荻野 新潟県のみなさんが応援してくださったのかなと思いますね。新潟県でいろんなCMに出演させていただいたりとか、冠番組もできたりして。新潟県のみなさんの目にNGT48 が映ることが多くなったので、応援しようって思ってくださる方が増えたのかなって。だから、本当に新潟県のみなさんには、感謝しています。

高倉 私の出身地は上越市なんですけど、上越市ではAKB48グループのことを知らない方が多かったんですよ。でも、私がNGT48に入って。AKB48グループ初の上越市出身メンバーということもあって、興味を持って見守ってくださる方が増えたんじゃないかなって思うところもありますし、総選挙すら知らない方にも、NGT48の活動を通して、その存在を知っていただけたのもあるんじゃないかなと思います。

本間 総選挙っていう48グループの一大イベントで、まだ始まって2年しか経ってないグループがこうやって注目してもらえるのは本当にすごいことだなと思っていて。私は新潟県で生まれて、新潟県で育った身なので、いままで地元に48グループができるなんて考えもしなかったですし、こういうふうに県全体で盛り上がれることも想像してなかったので、本当にありがたいなと思っています。そして、昨年は地元、新潟での開催だったのもあって当たり前のように注目していただけたと思うんですけど、今年は沖縄での開催にも関わらず、新潟県のテレビ局の方が現地まで取材に来てくださったりもして。本当に地元の応援があってこその今の注目度だと思っているので。始まった当初からの積み重ねと言いますか、支えてくださった方の応援のパワーが溜まった結果が今に繋がってるのかなって感じています。

AKB48の初期からいらっしゃる北原さんは、NGT48の強みは何だと感じてます?

北原 ほかのグループと圧倒的に違うなと思うのは、みんなが言っているように、地域密着な活動を続けてきていて、それが結果にも繋がってるっていうことですね。デビューシングルの売り上げが東京を抑えて、新潟でいちばん売れてたりしてる。それはほかの地方にできている姉妹グループもできなかったことなので、48グループの新しい道を切り拓いたんじゃないかなって思います。

1 2 >