Report

50代おじさんと20代の若者がダンスと歌で語り合う―THE CONVOY SHOW『星屑バンプ』公演レポート

50代おじさんと20代の若者がダンスと歌で語り合う―THE CONVOY SHOW『星屑バンプ』公演レポート

THE CONVOY SHOW(ザ・コンボイ・ショウ)の33作目の新作『星屑バンプ』が、歴史ある博品館劇場にて、9月7日より上演中だ(9月24日まで)。

「走り出したら止まらない」を合言葉に31年。50代の今村ねずみ、瀬下尚人、舘形比呂一、黒須洋壬に20代の若手パフォーマー(佐久間雄生、本田礼生、荒田至法、伊藤壮太郎)が加わり、共にダンスと歌と芝居でせめぎあう。そんな感動的な舞台に立ち会うことができた。

50代おじさんと20代の若者がぶつかりあい、生まれる奇跡

開演のブザーと共に耳をつんざくノイズが鳴り響き、幕が開くと「星屑バンプ」という舞台の天井から吊り下げられた看板がせり上がる。ファンキーなブレイクビーツのナンバーに乗せて、サングラス姿にブラックのスーツとダークブルーのシャツを華麗に着こなした8人が颯爽と踊り出す。

結成31年を経ても、その躍動は止まらず、止められない。佐久間雄生、本田礼生、荒田至法、伊藤壮太郎といった実力派の若手を招集し存分に暴れさせる懐がある。今村ねずみは劇中で彼らとの邂逅を「出会ってしまった」と、まるで素の自分の心情のように感慨深げに言う。今村は、彼らと巡り合うことで、新生THE CONVOY SHOWの誕生を予感していたのだろう。

ストーリーは、とあるデパートの屋上でイベントを終えた可愛らしい着ぐるみを着たおじさんダンサーたち「東京シャイニングブラザース」が楽屋で次の出番を待っていた。そこへマスクとスーツで武装した戦隊ものヒーロー軍団「ビックバンジェッツ」のメンバーが突然現れ、熱中症で倒れたピンク(女性)役の代わりに「誰か、この特注の仮面をかぶれる方はいませんか」と尋ねるところから話が始まる。可愛い着ぐるみを着たおじさん軍団は、面白半分に若者を見守るのだが、彼らの頼みを断れなくなって協力してしまう。そして、次第に彼らはとあるダンスコンテストに出るほど仲良くなるのだが……。

彼らはひたすらダンスと歌で語り合う。50代のメンバーはノンシャランとして、寒いギャグを飛ばして若者のハートをつかもうとするけれど、20代の若い感性についていけない。それでもストーリーが進むに連れて、次第に自分たちが若かった頃の、人生に焦り、迷い、落胆し、未来への不安を抱いていた頃の自分たちを見つめ直す。

オーディションに通らず日々の生活に鬱屈した思いを抱えている20代のメンバーは、謎めいたおじさんに辟易しながらも、50代のメンバーに将来の姿を重ね始める。希望が見えない自分、夢が語れない自分、未来がわからない自分、そんな弱々しい自分を蹴っ飛ばしてくれる存在だと気付き始め、次第におじさんメンバーたちと触れ合うことにカタルシスを覚えていく。

「誰もが主役」こそがTHE CONVOYのモットーであり、脚本・演出の今村ねずみは、すべてのメンバーに当て書きをしたと感じられるような見所を作っている。黒須洋壬のおじさんあるあるラップに、荒田至法が今時ラップで対抗する。瀬下尚人のダンディーなタップに、本田礼生のアクロバティクなダンスが火花を散らす。舘形比呂一の昭和ギャグに、伊藤壮太郎が平成ギャグで応じる。今村ねずみのしなやかな昭和歌謡に、佐久間雄生がミュージカルばりのバリトンボイスで博品館を揺らす。50代のおじさんと20代の若者のジェネレーションが生み出す化学反応が観たことない奇跡を見せてくれる。

そしてやはり、THE CONVOY SHOWで観客が期待するのはダンスと歌だろう。古今東西、時代を縦横無尽に駆け巡るダンス。ブレイクダンス、オールドスクールヒップホップ、アクロバット、シカゴのフットワーク、タップ、ジャズ、日本舞踏など現代に目配せしたコンテンポラリーなダンスが華麗だ。歌はシャンソン、ラップ、ボサノバ、ヘヴィメタル、昭和歌謡、演歌、J-POP、海外のヒット曲などでお互いの心を表現する。

さらに、今作で特筆すべきは早替えだ。着替えの多さと早さに目をみはる。60年代のVANを彷彿とさせるスタイリッシュなスーツから、革ジャン、マーベルコミック的なデフォルメされたコスチューム、お茶目なアニメキャラを模した服まで百花繚乱である。見ていてまったく飽きさせない。 

THE CONVOY SHOWは、いつだってスタイリッシュで、クールで、ホットで、セクシーなのに男臭くて、ユーモアと涙に満ち溢れたエンターテインメントを提供してくれる稀有な劇団なのだ。

取材・文・撮影 / 竹下力

THE CONVOY SHOW vol.33『星屑バンプ』

2017年9月7日(木)~9月24日(日)
東京・博品館劇場

とあるデパートの屋上で1回目のファミリーイベントを終えた戦隊「東京シャイニングブラザース」が控え室で着ぐるみのまま、2回目の出番を待っていた。そこへマスクとスーツで武装した戦隊ものヒーロー軍団「ビックバンジェッツ」のメンバーが突然現れ「誰か、この特注の仮面をかぶれる方はいませんか」と叫んだ。一体何が巻き起こるのか? この思いがけない出会いが彼らを結びつける。「光りあるものは自ずと輝き、光りなきものは照らされて輝く」。互いの歯車が自然と回りだし、星屑達が輝き出す。

作・構成・演出:今村ねずみ
出演:瀬下尚人 舘形比呂一 黒須洋壬/佐久間雄生 本田礼生 荒田至法 伊藤壮太郎/今村ねずみ

オフィシャルサイトhttp://www.theconvoyshow.com/