Interview

加藤諒、矢崎広、松田凌が語る舞台『人間風車』。稽古場での松田はメンタルが強い!? 加藤&矢崎の恐怖体験話も!!

加藤諒、矢崎広、松田凌が語る舞台『人間風車』。稽古場での松田はメンタルが強い!? 加藤&矢崎の恐怖体験話も!!

後藤ひろひとが劇団遊気舎に書き下ろし、1997年に上演された舞台『人間風車』。売れない童話作家〈平川〉と、彼が語るへんてこ童話の主人公になりきる奇妙な青年〈サム〉が軸となり巻き起こる悲劇を描いた童話ホラーは、2000年にパルコ劇場で生瀬勝久や阿部サダヲなどでパルコ版が上演され、2003年には入江雅人や永作博美、河原雅彦らで再演された。
そして今回、14年ぶりに前回〈サム〉役で出演した河原雅彦の演出での上演が決定。後藤ひろひとによる台本の改訂も行なわれ、より恐怖が増したという2017年版の『人間風車』に出演する若手キャスト3人の稽古場での声を届ける。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 冨田望


何もかもが新しくなっている。ただ、今回は、エグさが相当増してます

本作への出演が決まったときの心境から聞かせてください。

加藤 諒 偉大なる先輩方が演じられてきた傑作と呼ばれる作品に、自分が出演できるっていうのはすごくビックリしました。しかも、共演者さんも、成河さんやミムラさんとか……(2人を見ながら)矢崎さんとか松田さんとか(笑)。

矢崎 広 今、取ってつけたでしょ?(笑)

加藤 いやいやいや(笑)。本当に実力派の方ばかりなので、その中に自分がポンって入って大丈夫かなっていう不安はありましたけど、今はすごく楽しくやらせていただいています。

加藤 諒

矢崎 僕も「諒くんが言ったことと、以下同文です」って言うくらい、まったく同じ気持ちでした。歴史がある作品で、この俳優さんたちの中に名を連ねるということ自体が光栄なことですし、嬉しく思いました。

矢崎 広

松田 凌 最初は本当に驚きが隠せなかったです。「素敵だな」と思う俳優さんたちがたくさんいらっしゃるお芝居で、自分がこの作品に出演できることになるとは思っていなかったので、「まさか!」っていう感じでしたね。

松田 凌

過去2作に対してのプレッシャーみたいなものもありますか?

松田 やはり覚悟がいりますよね。演劇が好きなら好きなほど、お芝居をやりたいならやりたい人ほど、覚悟がいる作品な気がします。もっと自由に、もっと何も考えなくていいのかもしれないですけど、やっぱり、そうは言っていられないというか……。

加藤 僕、エゴサーチをするときがあるんですけど、前の作品の評判がすごくいいので、「加藤 諒が〈サム〉なのか」って声もあって(苦笑)。やっぱり、阿部サダヲさんと河原さんの存在は大きいし、みなさんの印象にも強く残っていると思うので、僕にできるのかなっていうプレッシャーはありました。

矢崎 僕は今回〈小杉〉という役をいただいたんですけど、自分がいままでやってこなかったようなキャラクターなので、そこがまず挑戦だなと思っていて、自分自身もすごく楽しみにしています。と同時に、いままでやってきた俳優さんが竹下(宏太郎)さんと山内(圭哉)さんなので、プレッシャーはないかと言われたら、もちろんあるんですけど、いい意味で考えすぎずに、また新しい『人間風車』を作るという感覚でやっていこうと思っています。それこそ、〈サム〉が諒くんなので、また全然違う『人間風車』になるのは間違いないので。

加藤 矢崎さん、すごくひどい〈小杉〉に仕上がってますよね?(笑)ミムラさんとお芝居を見ながら「わー、ひどーい!」って言ってたくらいなんです。

矢崎 あはは(笑)。でも、〈小杉〉としてどんなひどいことができるのかを考える時間も今すごく楽しいんですよね。

加藤 まあ、そういう一面が矢崎さんの心の中に実際にあるんでしょうね~(笑)。

矢崎 さっきから褒めてるようで褒めてない(笑)。諒くんの〈サム〉は、諒くん自身が普段からかわいらしさと狂気性みたいなものをどちらも持ってるようなキャラクターだなと思ってるんですけど、〈サム〉を演じるとそれがさらに倍増される感じがして、見てて面白くて。重複しちゃいますけど、また新しい『人間風車』になるのは間違いないと思います。

今回、台本が新しく書き換えられているんですよね。

加藤 そうですね。前作で〈サム〉を演じられていた河原さんが演出するっていうところもあって。僕も新しい〈サム〉を演じようっていう意識は心の底に置いてやっているつもりですし、何もかもが新しくなっているので、前作を観ていらっしゃる方も今作を観ていただいたら面白いと思います。ただ、今回は、エグさが相当増してますね。

矢崎 まさに目を覆いたくなるような描写がいっぱいあるなって感じながら本を読んでました。最初は楽しいお話だなって思って読むし、観られるんですけど、後半にいくにつれて、初演ともまた違う印象のラストなので、痛い痛い!って(苦笑)。

加藤 後藤さんは「ずっと書き直したかった」っておっしゃってたんですよ。〈平川〉という人間は救われてはいけない人だっていうのがずっと心の中にあったらしくて、今回やっと書き換えるチャンスをいただけたからっていうことで「こう書き直した」っておっしゃってました。

現場はどんな雰囲気ですか?

矢崎 僕ら若手も、先輩方も含めて、いい緊張感の中でやらせていただいていますね。そのなかで芝居をして舞台に立てるっていうのは本当に幸せなことだなと噛み締めながら、頑張らないといけないなと思っているところです。

松田 河原さんの演出する作品の稽古は異色というか……矢崎くんも言っていたように緊張感のあるなかでクリエイティブな面白いものを作り上げていくっていうプロ意識がすごくあるように感じていて。だから、俳優もしっかり考えて、意識を高めてやっていかなければならないと思っていますし、この現場を経て、役者としてまた何か変わっていけそうだなと思えています。でも、笑いは絶えない現場ですよね?

加藤 シリアスなシーンなのに笑いが起きるっていう。

矢崎 前半はわりとコメディシーンもたくさんあるので。

松田 本当に面白い俳優さんが多いんですよ(笑)。なんでこんなに素晴らしいんだろうっていうくらい、笑いにもなるしシリアスにもなる。それって、すごい俳優さんたちばかりだから笑えるんだと思うんですよね。

矢崎 僕らは、笑いながら冷や汗をかくみたいな感じです(笑)。

加藤 うん(笑)。2人がおっしゃったように、本当にいい緊張感がずっと続いているような、不思議な時間ですね。僕、河原さんとは何回かご一緒させていただいているんですけど、その中でもなんか……いつもはもっとピリーッ!としてるんですけど、今回はピリッっていう中にもちょっと柔らかい感じがして。不思議な感じですね?

矢崎 たしかに。いつもは、もっとピリッとしてるよね?

加藤 ですよね。だからすごいリラックスもできてますし、ピリッとした緊張感もあるし、不思議な稽古場です(笑)。その中でも、松田 凌くんのハートは強いなっていつも思います。

矢崎 メンタルがおかしいとしか言いようがないよね?(笑)

加藤 河原さんに何を言われても笑顔で「はい、はい」と言ってて(笑)。

矢崎 合気道みたいに受け流してる?(笑)

松田 いや、そんなことないですよ(苦笑)。

加藤 この間、川村(紗也)さんとか山本(圭祐)さん、菊池(明明)さんとご飯に行ったときに「凌くんのメンタルの強さはすごいよね。大物が来た」って話をしてて(笑)。

松田 僕、ほんと迷惑しかかけてなくて。でも、そこで沈めないっていうか、せめてと思って頑張っているんですけど。僕、ここ3日間稽古がお休みだったので、今、ちょっと吐きそうなんです(苦笑)。

一同 あはは!

矢崎 本当にいい緊張感の中にいるんですよね。毎日来てるとそんな稽古場の状態にはすぐに慣れるんですけど、ここから出ている時間が長いと、「せっかくここの気圧に慣れたのに」みたいな感覚になるのかもね(笑)。

松田 そうなんです。この3日間で稽古もだいぶ進んでいると思うので、大きな台風の中に遅れて入っていくことを考えると、だんだん足が重くなってきて……。

加藤 大丈夫だよ! (松田演じる)〈則明〉はだんだん子供たちの中でもリーダーにちゃんとなってきてると思いますし。

松田 河原さんには「子供になって」とよく言われていて。前作、前々作と〈則明〉を演じられていた中山(祐一朗)さんや八嶋(智人)さんの2人の〈則明〉を観て感化されたというか、少なからず影響されてしまう部分があったんですけど、様々な〈則明〉がいていいと思うので、自分なりの〈則明〉を早く見つけたいなと今は思っています。自分には子供っぽい部分もありますし、子供の頃の純粋さや、いろんな事柄に対する新鮮さをもう一度呼び起こして、このまま子供になれたらいいなと思います。

矢崎 〈則明〉もメンタルはちょっとおかしい子供だと思うので(笑)、わりと普段の凌にも近い役なんじゃないかと思いますし、リンクすると思いますね。稽古を見ていて、子供たち同士の関係性もどんどん膨らんできているし、最終的にどんな〈則明〉になるのかなって楽しみです。

1 2 >