東京ゲームショウ2017から見るゲーム業界の現在と未来  vol. 1

Report

【TGS2017】週末のTGSを効率よく遊び尽くすポイントを紹介

【TGS2017】週末のTGSを効率よく遊び尽くすポイントを紹介

2017年9月21~24日の日程で、幕張メッセにて東京ゲームショウ2017が開催されています(21、22日はビジネスデイ。23、24日は一般公開)。国内最大級のコンピューターエンターテインメントショウとして世界中から多くの来場者が集う東京ゲームショウでは、毎年、新作ゲームの発表や注目タイトルの試遊など、見逃せないイベントが目白押しです。

本稿では、開催初日の21日に発表された新情報や会場の見どころをまとめて紹介。一般公開日に訪れ、会場を効率よく見て回るための一助となれば幸いです。

文 / 辻 良太郎(SPB15)

注目作の試遊台が多数展開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースでは、『モンスターハンター:ワールド』、『Call of Duty : WWII(コール オブ デューティー ワールドウォーII)』、『龍が如く 極2』、『ドラゴンボールファイターズ』など、リリース前の注目タイトルが試遊可能。中には2018年以降にリリースされるタイトルもあり、貴重な先行プレイのチャンスとなっています。注目のPS4・PS VRタイトルが多数展示されているので、真っ先に試遊台で遊びたい人はソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースに足を運びましょう。

▲『モンスターハンター:ワールド』の試遊台では、マルチプレイも可能。従来のシリーズ作品よりもリアルになったモンスターの挙動の一部が見られました

▲『グランツーリスモSPORT』の試遊台は、レーシングカーのような専用筐体も用意されています。運転の操作感も本物の車さながらです

▲戦闘描写がリアルな質感にパワーアップした『地球防衛軍5』の試遊台。このほかにもソニー・インタラクティブエンタテインメントブースには、さまざまなゲームの試遊台が集結しています

『モンスターハンター』の世界が広がる

カプコンブースで展示している作品で、とくに人気を博していたのは『モンスターハンター:ワールド』。フィールドがシームレスにつながり、よりモンスターの生態がリアルに感じられる世界設定を確立しています。その注目度は高く、試遊台がビジネスデイでもあっという間に埋まってしまい、キャンセル待ちになるほどの盛況ぶりでした。試遊を希望するなら、なるべく早めに会場を訪れ、真っ先にブースに向かうほうがいいでしょう。

▲『モンスターハンター:ワールド』のパッケージを飾る新モンスター“ネルギガンテ”のド迫力な模型も展示

▲『モンスターハンター:ワールド』のステージにも多くの観客が集まり、その注目度の高さが伺えます

▲『マーベル VS. カプコン:インフィニット』、『バイオハザード リベレーションズ2』など、人気シリーズの新作も展示

1 2 3 >
vol.1
vol.2