22/7 キャラクター・ファイル「僕らの想像の先へ向かう彼女たち」  vol. 7

Interview

10年間泣くことがなかった西條和(22/7)を感涙させた、メンバーの熱き言葉

10年間泣くことがなかった西條和(22/7)を感涙させた、メンバーの熱き言葉

-22/7(ナナブンノニジュウニ)特集-
「僕らの想像の先へ向かう彼女たち」
メンバー・ソロ・インタビュー vol.7 西條和

この先、2次元と3次元をクロスオーバーさせるのは、彼女たちだ!
秋元康×Aniplex×Sony Music Recordsがタッグを組んでシーンへと送り出す、新たな「デジタル声優アイドル」グループ、22/7(ナナブンノニジュウニ)。
9月20日「僕は存在していなかった」でデビューを果たした注目の11人組を、エンタメステーションではメンバーを11日連続で1人ずつ、ロングインタビュー形式で紹介していく。
7人目は、22/7のメンバーでは物静かな印象のある西條和(さいじょう なごみ)。
人と関わりたくなかったという彼女が内に秘めた思いを、つまびらかにする。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

自分を変えるために、一番苦手なことをしてみようと思って応募しました。

では、さっそくエンタメステーションをご覧になっている方々へ、自己紹介をお願いします!

22/7(ナナブンノニジュウニ)の西條和です。…兵庫県出身です。

あ、えーっと、趣味が石けんを切っている動画を見ること。そんな動画がアップされてるんですか!?

(ちょっとテンションが上がって)あ〜、はい…。最初はただ、モノを切っている動画を見ていたんです。人が何かの作業をしている動画を見るのが好きなんですけど、関連で「石けんを切っている動画」があって、見るようになりました…。

あ、いろいろ切っている中でも、石けんが一番見ていて気持ちいいと?

はい、石けんが一番…(笑)。

ちなみにほかに切っていたモノって、どんなものなんですか?

最初はやっぱり、食べ物が多かったです。千切りとか輪切りとか…。でも、石けんも素材がいろいろあって、しかも切っている人もいっぱいいるんですよ。その中でも、私のツボに合う人がいて…素材選びも自分にピッタリなんです。

ほう、どんな素材なんだろう。って、これ引っ張る話ですかね(笑)。

…あ、でも、ちょっと黄色っぽい感じで、あんまり固くなさそうな感じなんです(むしろテンションが上がっている)。海外の人の動画なので、何のために切っているのかわからないんですけど、粉々に切ったり、浅くサーッと切ったり、深く切ったりするんです。私は深く切るのを見るのが好きです(笑)。

世界にはいろいろな人がいるんですねぇ。あと、「季節と時間の匂いの嗅ぎ分け」ということですが、季節はわかるとして、時間ごとの匂いってあります!?

あるんですよ。朝、昼、夕方、夜で全然、匂いが違うんです。

本当ですか? でも、西條さんはそれだけ五感が研ぎ澄まされてるのかもしれないですね。ちなみに、朝はどんな匂い?

どんな…? 朝は……なんか、余裕がある感じの匂いですね。

あ…そういう表現の仕方なんですね。ちなみに、西條さんが好きな時間帯の匂いは?

私は、春の12時から13時の匂いが好きです。

なんか、ものすごくピンポイントなんですが、なぜでしょう? 

小学生の時とか、ちょうどその時間帯が一番長い休み時間なので、それで好きなのかなって。

桜の季節でもありますけど、花の香りがするんですかね?

いえ、お花じゃないんですよ。…空気の匂い。地下鉄のホームの階段の匂いとかも好きですけど(笑)。

ほぉ。もしかして西條さんは詩人ですね?

フフフ(笑)。

独特の間がありますね、喋る時に。でも、メンバーから聞くところによると「慣れるとよく話すんですよ」とのことですが、どうですか?

ん〜…最近はメンバーと2人きりでいる時は、喋るようにしてます。

たくさんでいると、なかなか話せなくなってしまうというわけですね。

…はい。

わかりました〜。では、ちょっとおとなしい印象もある西條さんが、このオーディションに応募したきっかけは、何だったんですか?

ん〜…何か、何も楽しいことがなかったんです。楽しいこともないし、人と関わりたくなくて、学校へ行くのも嫌なくらいだったんですけど、このまま大人になったらヤバイなと思って…それで、変わらないといけないなと思ったんですけど、普通にこのまま生活しているだけじゃ、たぶん楽な方に逃げちゃうので、変われないと思って、自分が一番苦手なことにチャレンジしてみようかなと思って…受けました。

人前に出るという苦手なことに、敢えて挑んだわけですね。じゃあ、オーディションを受けたのは初めて?

あ…オーディションはお姉ちゃんがモデルをしていたので、いろいろと一緒に受けさせられました(笑)。なので、自分の意志で受けようと思ったのは、このオーディションが初めてです。(オーディションを)受けたって言った時は、お母さんがビックリしていました(笑)。

応募した時は、最終までに進めると思っていました?

無理だろうなあって。…そういえば、3次審査の時、隣にいたのが倉岡水巴ちゃんだったんですよ。声優をめざしているって言っていて、すごく声も通るし、セリフもハキハキ言っていたので、「こういう人が来るところなんだな」って思いました(笑)。

でも、最終的には倉岡さんとも同じグループの一員になるわけです。最終審査で合格した時、率直にどう思いました?

え、どうしよう〜って(笑)。

「受かってしまった」的な?

…私は自分を変えたいという気持ちで受けていたので…お母さんにすぐ電話しました。

お母さんは何て言ってました?

「なんで受かったん?」って(笑)。

すごい切り返しですね(笑)。でも、ものすごい難関を突破して、22/7のメンバーに選ばれたわけじゃないですか。西條さんの気持ちも前向きになっていったのではないかと想像しますが…?

レッスンが始まるまで1ヶ月くらいあって、何かずっと、お母さんに…「やめるんなら今やで」って言われてて(笑)。お母さんは私の性格を一番よく知っているので、たぶん無理だなって思ったんでしょうね…。
でも、これで辞退して兵庫にいても、このまま何も変わらないので、せっかくチャンスをいただけたので、やってみようって思いました。

1 2 >
vol.6
vol.7
vol.8