Interview

サイダーガール カラフルな楽曲が並ぶ初めてのフルアルバムに彼らは何を詰め込んだのか?

サイダーガール カラフルな楽曲が並ぶ初めてのフルアルバムに彼らは何を詰め込んだのか?

メンバー3人がそれぞれに個性を持ったソングライターであるバンド、サイダーガールの1stフルアルバム『SODA POP FANCLUB 1』は、その強みが大いに発揮されて、カラフルな楽曲のバリエーションを楽しめる作品に仕上がった。その仕上がりはバンドの音楽性をより懐の深いものにしようとする挑戦でもあったわけだが、メンバー3人はその意味でも大きな手応えを感じているようだ。
ここでは、その制作を振り返ってもらいながら、3人3様のソングライターとしての試行錯誤とその先に見通すバンドの全体像をじっくり語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭

挑戦するんだったら今かな、という気持ちがあったんです

曲作りの過程で、メジャーの最初のアルバムということは意識しましたか。

 メジャーということももちろん大事ではあったんですが、それよりも初めてフルアルバムを作るので、フルアルバムとしてどういう作品になるかということを考える時間のほうが多かったと思います。これまではミニアルバムしか作ったことがなかったので、どうしても作品としての抑揚がつけ辛かったりしたんです。でも今回は、曲数的にもいろいろ曲を入れられるぞということで、「じゃあ、こういう曲も入れよう」「こういう曲を作ってみよう」というような話し合いをみんなでして、結果11曲収録できたんで、流れもあるし、自分たちらしさもあるし、その一方でこれまで手を伸ばしていなかったところにもアプローチできたかなと思っています。

手元の資料に“変幻自在の炭酸系サウンド”と書かれている通り、いろんなタイプの曲が入っているアルバムですが、その出来上がりはまさに狙った通りということですね?

 そうですね。まず最初に「どういうアルバムを作るか?」という話をしたときに、いままでのギター・ロックをより洗練させていくのか、それとももっと変幻自在な、いろんな曲が入っているアルバムにしていくのかということを話し合って、いろんな曲が入ってるアルバムにしようということになったんですよ。そこの選択が違う結論になってたら入らなかっただろうなと思う曲も、このアルバムには入りました。

Yurin 挑戦するんだったら今かな、という気持ちがあったんです。サイダーガールとしてのイメージや色が固まりきる前に、もっといろんなところに手を伸ばせる土台を作っておけたらいいなって。タイミング的に、これより遅くなったらダメだろうなという気持ちはありましたね。

確かに、メジャー・デビュー・シングル曲「エバーグリーン」は、それまでのインディー作品から感じられる“サイダーガール感”を凝縮したような楽曲だったので、あの延長線上の曲が並んだアルバムなら、そこではっきりとイメージは固まりますよね。

Yurin インディーで出した4枚のミニアルバムのなかでも、ギター・ロックとしていろんなことをやってきたつもりではあったんですけど、でもメジャーというステージでさらにいろんな人に届いていくんだろうなということを考えたときに、もっといろんな手段を使えるなら使ったほうがいいなと思ったのがきっかけなんです。だから、これまではギターとベースとドラムと歌だけだったのが、今回はシンセやピアノ、弦なんかを加えてみたんですけど、そういうふうにやって良かったなと思ってるんです。というのは、今後もっとやりたいことが増えてきたときに、こういうアルバムを1枚作ってあると、“サイダーガールはこっちにも行けるんだ”というふうにお客さんも誘導しやすいだろうなと思うんですよね。

まず選曲会議ではBPM別に分けて考えたりするんです。速い曲/ミドル/スローバラード、みたいな感じで 

「こういう曲を作ってみよう」という話し合いから生まれた曲は、例えばどれですか。

 いちばん収録を迷ったのは「メランコリー」という曲で、この曲を入れることによってアルバムの味がかなり変わっちゃうなということをみんなが感じていたので…。

簡単に言えば、ディスコ・サウンドですよね。

 そうなんです。それを、挑戦するための武器とするのか、もっと違うタイプの曲を武器とするかというところですごく悩んだんです。

曲を作ったYurinさんはそもそもどういうつもりでこういうタイプの曲を作ったんですか。

Yurin これは、スタッフから「ライブでお客さんが手を振れる曲があるといいね」と言われたのがきっかけで作った曲で、最初のデモは普通のバンド・サウンドだったんです。その段階でも他の曲とはかなり毛色が違うなという感じはあって、だから自分のなかでもアルバムに入れるべきなのか?ということはちょっと悩んでました。アルバムの方向性が、この1曲でけっこう変わっちゃうなと思って。僕自身は、最初は入れないほうがいいかなという気持ちのほうが強かったんですけど、でもいろんな人の意見を聞いてみると、幅が広がっていいんじゃないかという話だったので、だったら極端な仕上がりにしたほうがいいなと思って、オルガンとかを加えて、いまの振り切った感じになりました。

Yurin(Vo:Gt.)

フジムラさんは「いろんな曲が入っているアルバム」という方向性を踏まえて、曲作りの段階で意識していたことはありますか。

フジムラ 普段、自分たちとライブで共演しているようなバンド、同じようなギター・ロックのバンドがあまりやらないような感じの曲を作るべきなのかなということは、前から思ってて。それで、例えば「ナイトクルージング」みたいな、ちょっと泥臭い感じのロックを作ってみたんですけど、それでも途中で不安になってプロデューサーに「これ、大丈夫ですかね?」と聞いたりしてみたんです。そしたら、「こういうのをキミたちがやるのが、逆に意味があるよ」と言ってくれて、実際出来上がったものを聴いてみると、そういう曲に挑戦してみて良かったなと思いますね。

「メランコリー」は「ライブでお客さんが手を振れる曲」というイメージで作り始めたという話でしたが、今回はそういうふうにライブを意識したテンポ、展開の曲が多い印象があります。そのあたりはいかがですか。

 ライブを重ねるにつれて、お客さんの顔を想像しながら作るという方向に、自分のなかではだんだん変わってきてて、“この曲を演奏してるときには、お客さんはどういうふうに見てるだろう?”とか、“どういうふうに見てたら、自分がうれしいだろう?”とか、あるいは“自分はどういうふうに見せたいのか?”とか、そういうことをけっこう考えます。「メッセンジャー」は僕のデモよりフジムラのベースがゴリゴリした感じになってるし、「メランコリー」もお客さんが手を振るシーンをイメージしながらアレンジを詰めていったし、ライブを意識する気持ちはずっとあったように思いますね。

「グッドモーニング」という曲もライブを意識した曲かなという印象だったんですが、いかがですか?

フジムラ この曲はパワーポップみたいな曲を作ろうと思って始めたんです。僕はこれまでわりとバラードが多かったんで、普通のロックというか、ミドル・テンポでガツンと行けるような曲を作りたいなと思ってたんです。それで、USっぽいコード感とか、そういうのを意識して作ってみたんですが、ライブでもこれまでとはちょっと違う色をつけられるかなということは思ってましたね。

フジムラ (Ba.)

シングル・インタビューでは、フジムラさんは「他の二人が書かないタイプの曲と思って作っていくとバラードが多くなっちゃうんです」と話していましたが、今回は逆に他の二人が従来なかったタイプの曲を出してきたから、“そうじゃない曲を”と思って作るとロックのメインストリーム的なタイプの曲になったということはありますか。

フジムラ まず選曲会議ではBPM別に分けて考えたりするんですね。速い曲/ミドル/スローバラード、みたいな感じで。そこで、今回は速い曲に分けられるものが多くて、だったら僕はミドル・テンポの曲が好きなんで、作ってみようかなと思ったということはあります。それに、これまでスローなバラードをわりとたくさん作ってきて、自分のなかでちょっとネタ切れ感もあったんで、ちゃんといい曲が作れるまでは、他の曲調でがんばってみようという気持ちもありました。

いまの話のように、3人それぞれにソングライターとしての試行錯誤は続いているようですが、その結果として全体の“サイダーガール感”は新たに広がりを持ちつつあるというのがシングル・インタビューでのお話でした。こうしてフルアルバムを作り終えた時点では、そのことについてはどんなふうに感じていますか。

Yurin まず“サイダーガール感”みたいなものはメジャー・デビュー前の4作品でフワッと固まったかなという感覚はあるんです。でも、それを固めきるのではなくて、もっと膨らませて、よりいろんな人が聴くようになった音楽が感じさせるものを“サイダーガール感”と言われるようにしたいんですよね。いまはまだいろんなことがやれると思うし、だからいろんなことをやって、その上で「何をやってもサイダーガールっぽいよね」と言われるようになるのがいちばんいいと思ってるんです。そういう意味では、このアルバムを作り終えたところで“けっこうイケたんじゃないかな”と思いましたね。

いまは自分のことを歌詞にしないと自分が書いてる意味がないなとすごく思うんです

アレンジに関して、コーラスというか、みなさんの声が重要な要素になっているように感じます。それは意識してそうなったんでしょうか。

Yurin ライブだったら僕がひとりで歌って知くんがハモる形になるから、それと同じように、ハモは二声までというふうに勝手に自分のなかで限定してしまっていたんですけど、“より良くなるんだったら、そこにこだわらなくてもいいや”と考えるようになったのは今作からかなあ。

 レコーディングのタイミングで、ポール(・マッカートニー)のライブを見に行ったんですよ。僕ら3人とスタッフで。そしたら、ステージ上の全員が歌ってたんですよね。特に「マジカル・ミステリー・ツアー」のコーラスに、僕は感動しちゃったんです。思ったのは、外国の人はジハモという概念でコーラスを入れないなってことで、みんながメインのボーカルみたいな感じで歌うのが、僕はすごく衝撃的でした。サイダーガールも、ライブではドラムも含めて4人が声を出せるし、僕らの声は僕らにしか出せないから、それでちゃんとコーラス・ワークができたらかっこいいよなあってことは今すごく思ってます。

歌詞に関しても聞かせてください。サイダーガールの歌詞を見ていると、3人がそれぞれに書いてるにもかかわらず共通して“言葉で思いを伝えることの困難”が主題化されているように感じるし、特に今回の楽曲にはそういう表現がしばしば見られます。例えば「Fourside Moonside」では♪銀河を廻せば言葉は些細さ♪と歌いますが、でもそのことを伝えるのも言葉なんだよなという思いがその手前にありますよね?

Yurin 言葉って使いようだな、と思ってて。言葉って意味があるときもあれば、意味がないときも多分あると思うんですけど、意味のある言葉を伝えるのはやっぱりすごく労力がかかるなと思うんです。でも曲にすると、普段はちょっと億劫に感じて言えないような言葉も、曲のパワーとか、そういうもので補ってもらえる感じがするから、歌詞として言葉を伝えるのがいちばん楽だなとは思うんですよね。ちょっと恥ずかしいな、照れくさいなと思うような、普段は言葉に出して言えないようなこととか、無責任だなと思うような言葉も、メロディや歌い回しの力で意味が増幅されて届いてくれるような気がするし。だから、言葉は些細だけど、伝える側と受け取る側の熱量みたいなものが同じくらいであれば、ちゃんと伝わるのかなと思ってて、だから曲にしっかり熱量を込めるということが大事なんだろうなと思っています。

「グッドモーニング」で♪君に伝えるのさ/僕の気持ちを、僕の言葉で♪と書いたフジムラさんは、伝えたいことと言葉の関係について今はどんなふうに感じていますか。

フジムラ 恋愛の告白でも日常でもそうだと思うんですけど、自分の言葉で言わなくちゃいけないことってあるじゃないですか。そのフレーズは、そういう気持ちで書いたんですけど…。

それは、Yurinさんが言った言葉についての責任ということ、自分の思いとどれほどちゃんと重なっているかということがポイントということですか。

フジムラ そうですね。それが、歌詞も同じなのかなと思うんです。一つひとつの言葉に重みをつけて伝えないといけないというか。そういう感じがしています。

「成長痛」で♪怒ったり泣いたりしていいよ/不確かな言葉だけでいいよ♪と書いた知さんはいかがですか。

 歌詞に限らない話なんですけど、最近は自分から発信する言葉にすごく気をつけてて、それは今回のアルバムの制作が始まった頃からそういう気持ちが強くなったんです。人の話でも、差し障りのない言葉で言われたことは全然頭に入ってこないんですよね。やっぱり、自分の言葉で言えるということがすごく大事だなと思うんです。で、そういうふうに考えるようになると、歌詞を書くときにも、いままではいろんな人に共感してもらえたらいいなというふうに漠然と思ってたんですけど、いまは自分のことを歌詞にしないと自分が書いてる意味がないなとすごく思うんです。

知(Gt.)

そういう気持ちの流れは、自分たちの音楽がより聞かれる可能性が広がったメジャーというフィールドに出てきたことと関係があると思いますか。

 そうですね。自分の言葉に気をつけようといちばん最初に思ったのは「エバーグリーン」の制作が始まった時期だったので、それはやっぱりメジャーで活動していくということを意識したからなんでしょうね。メジャーで活動している人は無数にいるわけで、そのなかで自分がどうやって爪痕を残すかと考えたときに、自分は歌わないけれど曲を作れるという武器があるから、その武器をもっと磨くなら言葉がやっぱりポイントかなと思ったんです。

今回初めて僕らのライブに来る人たちにずっと聴いていたいなと思ってもらえるようなライブにしたいなと思っています

最後に、ツアーに向けての抱負を聞かせてください。

 いままでの最大が5カ所だったんで、今回はその倍以上の本数ですごく心配です(笑)。でも、ツアーでたくさんまわるというのは夢だったんで楽しみですし、ツアー・グッズもどういうものを作ったらみんなが喜んでくれるかいまからみんなで考えてるんですよ。だから、心配もありますけど、やっぱり楽しみのほうが大きいですね。

フジムラ メジャーに行って初ツアーということになるので、やっぱり最高のツアーにしたいですよね。最高のツアーとか、どうも言葉が軽くなっちゃうんですけど(笑)、今回のツアーに来てくれたお客さんと一緒にさらに上のステップに進みたいというか、自分がそこに連れていくのは当たり前なんですけど、でも一緒に行きたいなと思うんです。そういう、みんなを掴めるツアーにしたいと思っています。

Yurin いままでいちばん長くて、キャパシティもいちばん大きいツアーなので、体調管理も含め、いつもベストな状態で毎回いちばんいいライブをしたいなと思ってるんですけど、特に今回初めて僕らのライブに来る人も多いと思うので、その人たちにずっと聴いていたいなと思ってもらえるようなライブにしたいなと思っています。

楽しみにしています。ありがとうございました。

サイダーガールさん画像ギャラリー

その他のサイダーガールの作品はこちらへ

ライブ情報

【サイダーガール TOUR2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-】

◉2017年
11月18日(土)大阪 梅田 CLUB QUATTRO(ワンマン)
11月19日(日)愛知 名古屋 CLUB QUATTRO(ワンマン)
11月26日(日)東京 恵比寿 LIQUIDROOM(ワンマン)
12月1日(金)茨城 水戸LIGHT HOUSE
12月3日(日)北海道 札幌 COLONY(ワンマン)
12月9日(土)香川 高松 DIME
12月10日(日)広島 広島CAVE-BE
12月16日(土)新潟 新潟 CLUB RIVERST
12月17日(日)石川 金沢 LIVE HOUSE vanvanV4

◉2018年
1月13日(土) 岡山 岡山 LIVEHOUSE PEPPER LAND
1月14日(日) 福岡 福岡 LIVEHOUSE Queblick(ワンマン)
1月20日(土) 栃木 宇都宮 HEAVEN’S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
1月21日(日) 宮城 仙台 MACANA

サイダーガール

知(Gt.)、Yurin(Vo/Gt.)、フジムラ (Ba.)。
シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gt)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gt)、フジムラ(B)で結成。2014年7月26日、下北沢CLUB251にて初ライブを敢行。チケットは即日完売した。2015年6月、1st ミニアルバム『サイダーのしくみ』をライブ会場限定でリリース。インターネットを含むメディアでは一切顔を出さず、ライブ会場でのみ本人たちの姿を目撃できるということと、“炭酸系”サウンドが相まって話題となり2016年2月、タワーレコード限定発売の2nd Mini Album『サイダーの街まで』がスマッシュヒット。初の全国ツアー”サイダーガール TOUR 2016 サイダーのゆくえ-君の街まで-“を成功させた。夏には、続々と大型フェス、イベントへの出演、10月11月には2ヵ月連続ミニアルバムをリリース、初のワンマン・ライブ@代官山UNITを含む東名阪ツアーは全公演ソールドアウトとなった。そして初ライブからちょうど3年後の2017年7月26日にユニバーサルJよりメジャー・デビュー。

オフィシャルサイトhttp://cidergirl.jp