Interview

【インタビュー】声優・村川梨衣が語るニューシングル「Night terror」。新たな“RiEMUSiC”の世界がここにある!

【インタビュー】声優・村川梨衣が語るニューシングル「Night terror」。新たな“RiEMUSiC”の世界がここにある!

声優・村川梨衣の約半年ぶりのシングルとなる「Night terror」。そこに収録されるいずれの楽曲も、“RiEMUSiC”と称する彼女の作り上げたい世界観が存分に表現されたものに仕上がった。本稿では、そのシングル収録の2曲の制作への彼女の取り組みや、来年5月に開催が決定した2ndライブへの想いについて迫る。

取材・文 / 須永兼次


彼女の希望から生まれた、あらたな“RiEMUSiC”

「Night terror」収録の2曲は、いずれも今までの村川さんの楽曲にありそうでなかった楽曲ですよね。

村川梨衣 私もそう思いました! 1stアルバム『RiEMUSiC』がかわいい曲からかっこいい曲まで、本当にいろんなジャンルの曲を収録した1枚だったので、その間口の広さを皆さんに知ってもらえたかな、とは思っていたんですよ。でも今回の2曲は、おっしゃる通りその中にもありそうでなかった曲で。でもどちらも最高な曲なので、今回も自信を持って「ぜひ、聴いてください!」と言える1枚になりました。

今回のシングルの制作にあたって、村川さんから楽曲のイメージなどについてリクエストされたりしたんでしょうか?

村川 今回はまず、リリースが決まる前に私が「季節モノの曲を作りたい!」と言ったところから始まりまして。それでいろんな曲を聴かせていただいたなかから、「Night terror」を選ばせていただいたんです。すごくいい曲だったので、私からディレクターさんに「これ、シングルでどうですか……?」ってお話をしたところ、結構あっさりOKをいただいて(笑)。

意外とスムーズに(笑)。

村川 そうなんです(笑)。しかも今回はノンタイアップなので、アルバムに次いでより色濃くRiEMUSiCを堪能していただける1枚になっていると思います。

「Night terror」の世界観は、リリースの時期もあってハロウィンを意識されたものなのかな、と思ったのですが。

村川 はい。最初は「ハロウィン曲」ということで曲を募っていたんですけど、歌詞の印象も相まって制作の過程でだんだん「そんなにハロウィンに固執しなくてもいいのかな?」と思うようになりまして。若干ハロウィンっぽいわくわくするようなおどろおどろしさはあると思うんですけど、私の中ではそのテーマを超えて成立した楽曲になったな、という感じがしています。

たしかに、歌詞も解釈の幅が広そうな印象がありますし。

村川 そうですね。聴いてくださった方がそれぞれにストーリーを思い描かれると思いますので、そこは皆さんにおまかせします!

村川さんは今回、レコーディングではどんなアプローチをされたんですか?

村川 いつも歌うときはそうなんですけど、歌詞の意味合いも大事にしながらインスピレーションを大事に歌うようなところが多いんです。別に自分がその主人公になりきるということでもなかったんですけど、この歌詞の世界観は歌に乗せたいし、みんなにも伝えたいっていう気持ちもありましたし……。

語り部のような感じ、と言いますか。

村川 そうですね。俯瞰で観ているようなところはあるかもしれません。

MVではダンスがメインに。世界観も素敵です

楽曲が初めてオンエアになったのが、村川さんのラジオだったじゃないですか? そのときの反響は覚えていらっしゃいますか?

村川 そのときは1コーラスだけのオンエアだったんですけど、その時点でみんなからの反響がすごかったんです。しかも「イントロからかっこよさみがすごい!」みたいなお声もいただいていたので、それもすごくうれしかったんですよ! だからぜひ、今度はフルで聴いてほしいですね。

また、「Night terror」ではMVも撮影されました。こちらはどのようなイメージのものになっているのでしょう?

村川 私のダンスを好きと言ってくださる方が多いのもあって、今回はダンスがメインになっています。しかも「Night terror」は曲自体がかっこいいので、最初から「絶対に踊りたい!」と思っていたんですよね。

舞台が洋館なので、黒の衣装ともすごくマッチしていると思います。

村川 とても素敵な空間で撮影していただけて、うれしいです。