Interview

7!! デビュー7年目のベスト・アルバム。ギターMICHIRUの卒業で4人の最後のインタビュー。それぞれのポジティブな展望を訊く

7!! デビュー7年目のベスト・アルバム。ギターMICHIRUの卒業で4人の最後のインタビュー。それぞれのポジティブな展望を訊く

初めてレコーディング・ブースで泣きました。「無理です!」と言って(NANAE)

いい話です。NANAEちゃんはどうですか?

NANAE 私もKEITAと同じく「きみがいるなら」です。MAIKOが復活を遂げて、昨年の9月頃から「さぁライブやっていくぞ!」というモードになったんですけど、そこで今度は私が体調を崩してしまって、声がまったく出なくなったんです。

そんなことも?!

NANAE 「FLY」と「きみがいるなら」のリリースイベントが続いたときに、ちょっと体調を崩してはいたんですけど、レギュラーMCをしていたtvk『saku saku』の収録もあってなかなか休めなかったんですね。それで無理して急に悪化して、しゃべることもできないくらい声が出なくなってしまいました。でも、「きみがいるなら」が起用された『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の歌を録らなきゃいけなくて。そのとき初めてレコーディング・ブースで泣きました。「無理です!」と言って。

MICHIRU その日に録らないと、もう間に合わないという状況だったんですよ。

NANAE 結局、なんとか切り抜けたんです。本当にいろんな人たちに支えられて、支えられると人ってこんなに強くなれるんだということも実感しました。それが「きみがいるなら」の歌詞とすごく重なりますね。

そこから何かが変わりましたか?

NANAE 「もう歌いたくない!」とまで思ったけど、それを経てのライブは毎回楽しかった。今まで以上に音楽が好きになれました。

僕自身が最後となった全国ツアーでは、「スタートライン」でこみあげるものがありました(MICHIRU)

MICHIRUくんにとって転機になった曲は?

MICHIRU 「スタートライン」です。これを書く前が、音楽人生で一番悩んでる時期でした。MAIKOと同じく「ライブがうまくいかないな」と思ってたし、曲づくりについても「オレってこんな曲しか書けないのかな」とちょっと自分に苛ついたりしてたんです。でも、その悩みと向き合ううちに、どんなに壁にぶち当たっても、道はどこかにつながってる、自分の捉え方次第なんだなと思うようになったんです。さっきのMAIKOとNANAEのツラい体験もそうですよね。結局自分次第で、マイナスと思えたことがプラスになる。そう気づいた瞬間、「この気持ちを曲にしなきゃ」と思って書いたのが「スタートライン」なんです。

ちょうど結成10周年のときでしたね。アレンジもバンド・スタイル+αのアプローチに変わっていったりもして。

MICHIRU いろんな音のチャレンジがそこから始まりました。自分なりのレベルアップができて、幅も広がった。本格的バラードである「オレンジ」も、だから書けたと思うんです。僕自身の最後となる今回の全国ツアーでは、「スタートライン」でこみあげるものがありました。

7年間のうちに、全員が内なる成長を遂げたのですね。MICHIRUくんが別の道を頑張って歩むなら、3人も頑張らないと。

MAIKO そうです。ミッチーの決断を「OK」と受け入れたはいいけど、3人の新しい道も考えなきゃいけないので、MAIKOはギタレレを始めました。これからアコースティック・ライブが増えていきそうだけど、カホンとギターとボーカルだけでは飽きちゃいそうだなと思ったんです。ツイン・ギターもいいけど、ギターは大きくてヤなので(笑)、ギタレレにしました。

目下、練習中?

MAIKO はい。指がジンジンして眠れないくらいです。めっちゃ頑張ったって毎晩自分を褒めてます(笑)。

独学ですか?

MAIKO ネットでコードの押さえ方を調べてやってるんですけど、弾いてるとKEITAに「それ、違うよ」と言われます(笑)。

KEITAくんがいろいろ教えてくれるんですね。

MAIKO はい。昔からそうですね。MAIKOは自分の好きな音楽をひたすら聴くだけなんですけど、KEITAは時々「オレは今、これにハマってるよ」って感じで、さりげなくスピーカーで新しい音楽を聴かせてくれたりもします。こと音楽に関しては、なんでもKEITAから感化されてますね(笑)。

NANAEちゃんも何か前向きに取り組んでることがありますか?

NANAE 音楽をより好きになってから、歌のスキルアップに意欲が湧いて、今、ボイトレに行きまくってます。もっと早く気づけよ! って感じなんですけど(苦笑)。

あらためての発見がありますか?

NANAE 今年の夏、ボイトレの先生が開催したワークショップにも参加したんですね。先生の言ったことを元に、参加者それぞれが発声や歌い方を改善していく姿を見ることができて、すごく参考になったし、私自身も変わりました。だから今、楽しいです。あと、KEITAに言われてピアニカを買いました。3人でやるときには私も何かアンサンブルに参加できたらなと。

時間があるときに曲を作り、ちょくちょくプロデューサーに投げてもいます(KEITA)

KEITAくんはこれから音の鍵を握っていくわけですもんね。

KEITA そうですね。時間があるときに曲を作り、ちょくちょくプロデューサーに投げてもいますし、3人でのアンサンブルを考えて、NANAEにピアニカとハーモニカを買うように指示。MAIKOはギタレレをやるっていうんで、シェイカーも追加しとけと。

MAIKO KEITAはまるでプチプロデューサーです(笑)。つい先日、南国雑貨店でシェイカーを見つけたので、FaceTimeでKEITAにシェイカーを振って見せて、「どっちがいい?」と聞いて決めたりしました。

MICHIRU 来年3月から、3人でアコースティック・ツアーを回ることになったんだよね?

MAIKO そう。そんなに時間もないから、4人でいるときにKEITAにいろいろ相談してるんですけど、そうするとKEITAがこそっと、「オマエ、今はやめとけよ。だって、ミッチーが寂しくなるだろう」って言うんです。「そっか。KEITA、偉ーい!」って思います。

MICHIRU 決心を告げてから、KEITAが急に優しくなりました(笑)。

この7年間で、MICHIRUくんにとって大きかったことは?

MICHIRU そうだな・・・NY、サンノゼ、ダラス、インドネシアとやっぱり海外でライブができたことですね。

MAIKO 海外に行くとライブ以外にも夜な夜な楽しいことがあるのに、ミッチーは時差ボケがヒドくて、部屋から一歩も出てこなかったよね(笑)。

MICHIRU でも、楽しかったよ。自分たちの曲が海外にまで届いてるんだって実感できたし。

こうやって話してると、本当に結成した頃と友だち同士の関係が変わってないんだなと思います。でも、これからはそれぞれの道。

MICHIRU はい。どうやって歩いていっても、絶対にいい未来しかないと思ってます。

MAIKO そうだね。MAIKOもそういうスタンスで生きてる。

MICHIRU 本当に自分の捉え方次第だよね。

曲は残っていく。「そうだ! ミッチーは曲の中で生きていくんだ」と思いました(MAIKO)

デビュー曲の「フォーリン・ラブ」でも、「それぞれ暮らしの中で それぞれ事情があって それぞれ悩んでる!」と明るく歌ってるし。

MAIKO 「オレンジ」でも、「それぞれの明日を見て それぞれの夢を選んで」と言ってるし。いい曲がめっちゃいっぱいあります。

NANAE ホントにそう。

MICHIRUくんは作り手として、人生を客観視する温かい目を持ってましたよね。

MAIKO さっきミッチーが「スタートライン」のこと言ってたけど、この間ライブで演奏してるときにいろんなことが重なって涙出ちゃった。結成10周年のときに「また新しく始めようって言ってたヤツがやめるんかい?」ってツッコミながら(笑)。でも、曲は残っていく。「そうだ! ミッチーは曲の中で生きていくんだ」と思いました。

一同 (爆笑)。

MAIKO 大事にするよ。

MICHIRU おぅ!

7!!ならではの旅立ちですね。

MAIKO 「好きだけど、お互いのために別れよう」っていうヤツ。

NANAE ドラマだったら「なんで?」ってせつなくてイライラするヤツだね(笑)。

MICHIRU ついこの前、4人のLINEに、来年のアコースティック・ツアーのスケジュールが入ってきたんですよ。これまで行ってない場所にも行くし、楽しそうだなと。オレ、絶対観に行く!

NANAE ミッチーの作った新曲も披露するしね。

MAIKO ミッチー、入れてやってもいいぜ!

KEITA 早すぎるわ(笑)。

その他の7!!の作品はこちらへ

ライブ情報

seven oops Cafe Live Tour 2018

3月17日(土)【京都】SOLE CAFÉ
3月18日(日)【大阪】心斎橋ヒルズパン工場
3月20日(火)【岡山】城下公会堂
3月21日(水・祝)【広島】ヲルガン座
3月24日(土)【福岡】LIV LABO
3月26日(月)【石川】Live Space & Cafe GOLD CREEK Kanazawa
3月28日(水)【愛知】sunset BLUE
3月31日(土)【神奈川】横浜サムズアップ
4月1日(日)【神奈川】横浜サムズアップ
4月4日(水)【東京】渋谷gee-ge
4月5日(木)【東京】渋谷gee-ge
4月7日(土)【埼玉】所沢MOJO
4月8日(日)【千葉】cafeSTAND
4月12日(木)【宮城】カフェモーツアルトアトリエ
4月15日(日)【北海道】musica hall café

7!!(セブンウップス)

沖縄出身・在住の男女4ピースバンド。メンバー全員が作詞・作曲を手がける。
バンド名の由来はボーカル「NANAE(ナナエ)」の名前を「7(ナナ)」と「エッ!!」に分け、それぞれを英語に訳した「seven」「oops」をつなげたもの。
2011年のメジャーデビュー後、人気アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』や『君と僕。』、『金田一少年の事件簿R』、『四月は君の嘘』や、映画『高校デビュー』、『今日、恋をはじめます』、ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』等のテーマソングに続々と起用される。
地元沖縄ではオリオンビール「オリオンスタイル」のイメージキャラクターとしてCM出演。
Vo. NANAEは2014年4月~2016年3月までtvk『saku saku』6代目MCを務め、現在は沖縄の総合不動産会社 琉信ハウジングのCMに出演中。また、Dr. MAIKOと二人で沖縄RBCiラジオで毎週日曜に『7!!ナナマイのうさがみそーれー!』にレギュラー出演。ローソン沖縄のサラダCMにも出演している。Dr. MAIKOはFm yokohama『かりゆし☆らんど』に毎月第1日曜に“美らリポーター”として出演中。
2017年10月4日に初のベストアルバム『ALL SINGLES BEST』をリリースする。
2017年いっぱいで、ギターのMICHIRUが卒業する。

オフィシャルサイトhttp://7oops.com

7!!さん画像ギャラリー

【募集終了】抽選で3名様に7!!さんの直筆サイン入りポスターをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

10月27日(金)~11月6日(月)23:59

< 1 2