Interview

野宮真貴と高野寛が語る、プレ渋谷系から 90年代の変遷と、二人の現在地。

野宮真貴と高野寛が語る、プレ渋谷系から 90年代の変遷と、二人の現在地。

知られざる名曲を掘り起こしていく作業も渋谷系文化的でもあると思うんです。(高野)

高野 カヴァーは、ヴォーカリストの違いによってその曲の意外な魅力が発見できる場合がありますよね。野宮さんの「渋谷系スタンダード化計画」シリーズには、再発見させられることが多くて、知っているつもりの曲でも「ああ、こんな曲だったんだ、こんな歌詞だったんだ」とあらためてその良さに気がついたりできる。

野宮 そうなんです。だから、渋谷系の曲だけでなく、そのルーツとなった和洋の音楽を積極的に取り上げて、歌い継いでいきたいと思ったんですね。

高野 カヴァーは曲に新しい生命を吹き込めるかどうかですよね。「Winter’s Tale」だって、やっぱり、野宮さんと歌うとまったく違う味になるし。

野宮 聴いているだけでは分からなかったけれど、歌ってみると実はすごく難しい曲もありますね、でも、あえてチャレンジしてみたり。

高野 野宮さんは、歌い手として役者さんに近いスタンスなのかな?

野宮 そうですね。ピチカートの時からそういう役割で、様々な女性のことを歌ってきました。このシリーズは、渋谷系から遡っていくと、こんなに素敵な曲があることを私が歌うことで知っていただければ、という気持ちが大きい。

高野 そのルーツに、はっぴいえんど、ティン・パン・アレイもあるし、さらに遡れば、日本のポップス史の源流にまで至る。そんな知られざる名曲を掘り起こしていく作業もまたDJ的で、渋谷系文化的でもあると思うんです。

野宮 ああ、そうかもしれない。

高野 カヴァー・アルバムって王道の曲を上手いシンガーが歌うという発想でつくられているものが多いけど、それとは視点がまったく違うところが面白い。

野宮 そうですね。私も毎年行っているライブのアンコールでは、ピチカート・ファイヴのメドレーを歌っているんですが、生バンドであえて完コピでやることでファンの方に喜んでもらいたいんですよね。私も好きな曲は、やっぱり記憶にあるアレンジで聴きたいと思うから。

高野 下手にボザノヴァにアレンジされても、ってのはありますよね?(笑)。

野宮 そうそう。『ヴァカンス渋谷系を歌う。』の時も「夏だからボサノヴァ」はやらないというのだけは決めてました(笑)。

30周年を前に、無意識のうちに過去と現在が交差するようになってきた。(高野)

高野さんも3年ぶりにミニアルバム『Everything is good』をリリースされます。

高野 実は曲はたくさんつくっていて、noteというサイトで出来たばかりの曲をアップしていたんですが、そこで発表した新曲をブラッシュアップしてスタジオ録音した7曲と、ボーナストラックとしてデモ音源5曲という、偶然にも野宮さんのアルバムと同じ構成になりました。

野宮 高野さんも来年はデビュー30周年とか?

高野 そうなんです。今回のミニアルバムはその幕開きのような感じになったかな。「虹の都へ」の頃の自分の雰囲気を盛り込んだような曲もあるし、無意識のうちに過去と現在が交差するような内容になったかもしれない。

長い付き合いの友人から届いた手紙のような趣きがありますね。

高野 最近は渋谷系や90年代が再び注目されていますが、自分としてはその頃は過去で、その後も新しいチャレンジしてきましたが、思えば自分がナチュラルにやりたいことをやっていた時代でもあった。今、あえて昔の自分っぽいことをやってみたら、どうなるかなという自分への興味ですね。

野宮 私も渋谷系から20年経ち、過去の自分の曲や渋谷系の曲をスタンダード・ナンバーとして歌ってもいいのかなと数年前から思うようになったんです。デビュー30周年記念アルアム(『30 〜Greatest Self Covers & More!!!〜』)のセルフカヴァーで、気持ちの切り替えができたことも大きかった。

高野 なるほど。やはり、渋谷系を歌うのが野宮さんというのは説得力がありますよ。それに、渋谷系やピチカート・ファイヴはワールドワイドで人気が高い。僕もブラジルでそれを実感しました。

野宮 そう。ブラジルにもファンがいて、向こうの渋谷系大好きなミュージシャンと交流ができて、私も2回行きました。

高野 それだけ音楽のクオリティが高かったということなんだと思う。 

間もなく開催される『渋谷のラジオの渋谷系フェス』には、お二人も出演するので、ステージでの共演も楽しみですね。

野宮 私とカジヒデキくんがパーソナリティを務めるFM番組「渋谷のラジオの渋谷系」の音楽イベントで、「渋谷音楽祭」の一環として開催されることになり、私もキュレーターとしても関わり、高野さん、かせきさいだぁ、バニラビーンズ、スペシャルゲストDJに小西康陽さんも出演します。小西さんとはピチカート以来初めて同じステージに立つことになるので、私も楽しみにしているんです。

高野 野宮さんはすっかり渋谷大使ですね。僕のライヴもあるし、ヒロシ&マキもぜひお楽しみに。 

リリース情報

野宮真貴
野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。

2017年10月18日発売
UICZ-4406  ¥2,800+税

CD
【収録曲】
01.雪やコンコ/feat. Smooth Ace
02.Winter’s Tale ~冬物語~/Duet with 高野寛 feat. Smooth Ace 〈高野寛&田島貴男〉
03.ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル/Duet with 渡辺満里奈 feat. Smooth Ace  The Bell That Couldn’t Jingle
04.おもて寒いよね/Duet with 横山剣 from CKB 〈Dinah Shore & Buddy Clark〉 Baby, It’s Cold Outside
05.ウィンター・コンサート〈いしだあゆみ〉
06.冬がはじまるよ /Duet with 鈴木雅之 feat. Smooth Ace 〈槇原敬之〉
07.Fun Fun Christmas – Maki Nomiya’s Tiny Magic de Paris 〈野宮真貴〉
08.MC (“実況録音「サントラ渋谷系を歌う。」より”)
09.哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット) 〈Elsa Lunghini〉 (“実況録音「サントラ渋谷系を歌う。」より”)
10.Melody Fair 〈Bee Gees〉 (“実況録音「サントラ渋谷系を歌う。」より”)
11. ラブ・スコール (“実況録音「サントラ渋谷系を歌う。」より”)
12.夢みる渋谷 YOU MAKE SHIBUYA 盆踊りヴァージョン/feat. カジヒデキ & 長谷部 健 渋谷区長 〈野宮真貴〉

その他の野宮真貴の作品はこちらへ

野宮真貴「Winter’s Tale ~冬物語~」[Duet with 高野寛feat.Smooth Ace]

野宮真貴「冬がはじまるよ」[Duet with 鈴木雅之feat. Smooth Ace] Video Edit Version

『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』トレイラー

ライブ情報

「野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。」
11月02日(木)大阪・Billboard LIVE大阪
11月04日(土)福岡・博多Gate’s 7
11月10日(金)・11日(土)東京・Billboard LIVE東京
11月24日(金)名古屋・Blue Note名古屋

『渋谷のラジオの渋谷系フェス』
10月21日(土)会場:東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
出演:野宮真貴/カジヒデキ/小西康陽/高野寛/かせきさいだぁ/バニラビーンズ 


高野 寛
Everything is Good

2017年10月25日発売
SBST-007 ¥2,000+税

CD
【収録曲】
01. Everything is good
02. Portrait
03. Candle of Hope
04. Mondo Electro
05. 180°
06. DAN☆SHARI
07. Rio-Tokio
Bonus Tracks
08.炎 (1992) – “Candle of Hope” Prototype
09. Everything is good (2005) – Acoustic demo
10. Portrait (2016) – Cassette demo
11. 180° (2016) – Cassette demo
12. Children’s Song (2017) – “Rio-Tokio” instrumental ver.

高野寛の作品はこちらへ

ライブ情報

「Everything is good」発売記念ライブ
10月22日(日) 兵庫・芦屋仏教会館
11月26日(日) 千葉・鎌ヶ谷 MT Milly’s

『満月キャラバン in 佛日庵』
11月12日(日) 北鎌倉・円覚寺 仏日庵
出演:小川コータ&とまそん/畠山美由紀/高野寛


野宮真貴

1981年にデビュー。ポータブル・ロックを経て、1990年にピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカリストとして加入し、国内外で活躍。渋谷系カルチャーの音楽・ファッションアイコンとなる。2001年のピチカート解散後はソロ活動を開始し、音楽活動に加えてファッション&ビューティーのプロデュース、エッセイストとしても活躍。2013年からは渋谷系とそのルーツとなる名曲をカヴァーする「渋谷系スタンダード化計画」というテーマで、ビルボードライブ東京・大阪などで毎年ライヴツアーを開催。アルバム『世界は愛を求めてる。What The World Needs Now Is Love ~野宮真貴、渋谷系を歌う。』『男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』 をリリース。10月25日には新刊エッセイ『おしゃれはほどほどでいい』も発売。10月26日にはメガネブランドJINSとのコラボ商品「美人リーディンググラス」を発売するなど多方面で活動している。

オフシャルサイトhttp://www.missmakinomiya.com/

高野 寛

1988年にソロ・デビュー。1990年にトッド・ラングレンのプロデュースによるシングル「虹の都へ」が大ヒット。ソロ活動と並行して、田島貴男との共作「Winter’s Tale ~冬物語~」をはじめ、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏、忌野清志郎、テイ・トウワ、クラムボン、ハナレグミ、星野源など世代やジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションやセッションワークも多数。サウンド・プロデューサーとしても小泉今日子、森山直太朗、GRAPEVINEなど数多くのアーティストの作品を手がけている。2014年にはデビュー25周年記念アルバム『TRIO』をブラジル・リオデジャネイロで録音。近年は発売前のプライベート・レコーディングテイクなどをクリエイターズサイト・noteで随時配信中。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コース特任教授でもある。

オフシャルサイトhttp://haas.jp/

野宮真貴さん、高野 寛さん画像ギャラリー
< 1 2