Interview

SMEの新規レーベル“UNTIES”が、インディーゲームの未来を切り拓く

SMEの新規レーベル“UNTIES”が、インディーゲームの未来を切り拓く

2017年10月17日に発足したソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、SME)の新規インディーゲームレーベル“UNTIES”(アンティーズ)。音楽を始めとしたエンターテイメント事業を担ってきたSMEが、インディーゲーム業界の発展を見据えて、インディーゲーム専門のパブリッシャーを立ち上げたことで、国内外で大きな反響を呼んでいる。

“UNTIES”の中心で活動するのは、これまで国内外のインディーゲーム業界を牽引し続けてきた伊東章成氏、ジョン・デイビス氏、伊藤雅哉氏の3人。毎年京都で開催されているインディーゲームイベント“BitSummit”を主催するなど、インディーゲーム業界に多大な貢献をしてきた3人がいま強力に手を取り合って、さらなるムーブメントを起こそうとしている。本稿では、その3人に“UNTIES”発足に至った経緯や目的、今後のビジョンについて聞いてみた。

取材・文 / 辻良太郎(SPB15)


SMEだから、インディーのよさをすぐに理解してもらえた

プロフィール 

【伊東章成】(写真 左)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアにて国内インディーゲームを担当。プレイステーションでインディーゲームをリリースできる環境の確立に貢献してきた。文中では伊東。

【ジョン・デイビス】(写真 中央)

海外でインディーゲームイベントを主催しているindie MEGABOOTHに所属。国内外問わずイベントを企画するなど、インディーゲーム業界の発展に向けて活動している。文中ではジョン。

【伊藤雅哉】(写真 右)

翻訳会社の営業としてゲーム業界に入り、第1回の“BitSummit”の主催側として参加。その後Q-Gamesに入社し、広報業務などを担当してきた。文中では伊藤。

最初に、“UNTIES”を結成したきっかけや経緯を教えてください。

伊東 昨今、インディーゲームが世界的なトレンドになりつつあり、面白いゲームを作って世界で活躍することを目的としたディベロッパーが増えています。そんなおり、独立後に仕事でSMEを手伝うこととなり、SMEで事業を主導しているメンバーとインディーゲームブームについての話で盛り上がって、事業化しようという流れが起きたのがきっかけです。

ゲーム関連のレーベルなのにソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパン(SIEJ)ではなく、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)で事業化というのが、一見不思議に思えます。

伊東 SMEはANIPLEX(※1)を中心にスマートフォンゲームが大ヒットしている状態で、ゲーム事業への関心は高かったんです。それに加えて、インディーの面白さを簡単にわかってくれました。 

※1 ANIPLEX……SMEの子会社で、アニメ事業やスマートフォンゲームの製作、運営を行っている企業。

SMEは特にインディーへの理解が深かった印象なのでしょうか?

伊東 エンターテイメント業界で長く仕事を続けてきたメンバーは、インディーと聞いて、そこからスターが生まれることを直感的に理解してくれたんです。ゲーム業界でインディーというとマイナーな印象ですが、音楽業界の観点から見ると、インディーから立ち上げるのは面白いね、とポジティブに受け取ってもらえました。

インディーズ音楽の歴史があってこそですね。伊藤さんやジョンさんは、どういった経緯で参加されたのでしょうか?

伊藤 僕はもともと別業界のゴリゴリの営業マンで、そこからゲーム翻訳会社の営業に移ってゲームのローカライズを担当するようになりました。そのころ、海外ではインディーゲームがめちゃくちゃ盛り上がっていて、そんな流れもあり仲良くさせてもらっていた京都のQ-Gamesが“BitSummit”(※2)を開催することになり、それにお手伝いの形で参加したことが大きなきっかけです。

※2 BitSummit……2013年から毎年京都で開催されている国内最大級のインディーゲームイベント。

伊東 私がパートナーとして、翻訳をはじめ海外側の知識やコネクションなどを持っている人を頼っていたんです。伊藤さんは目利き的な感じで、よいゲームを発掘するセンスがあって、国内でも“BitSummit”の取りまとめや仕切りをやってらっしゃった。もともと交流もあったので、「この事業を立ち上げるなら、まず伊藤さんだ」と思い、協力を仰ぎました。

▲第1回の“BitSummit”は関係者のみで開催。日本のインディーゲームをいかにして海外に届けるかをテーマに、多くの海外メディアが招致された。(写真提供:Shuhei Miyazawa)

▲第2回以降は、会場を“みやこめっせ”に移し、一般参加も可能に。多くのインディーゲームファンが来場し、インディーゲームの盛り上がりを象徴するイベントとなっている。(写真提供:Shuhei Miyazawa)

伊東 ジョンは伊藤さんと同じQ-GamesのPRチームで働いていた経歴があり、海外側のアプローチ、交渉、イベント運営をできる人を探していたところ、伊藤さんが「ジョンしかいない」と。そうやって、集まるべくして集まった3人です。全員が深くコンテンツを理解して、組織の中心で動けることがすごく重要で、それぞれの役割がピタリとはまりつつあります。まだまだ、これからなんですけどね。