LIVE SHUTTLE  vol. 208

Report

変らぬバンドの姿を貫いたスピッツ。結成30周年記念ツアーを振り返って。

変らぬバンドの姿を貫いたスピッツ。結成30周年記念ツアーを振り返って。

スピッツの結成30周年全国ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』が10月1日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナでファイナルを迎え、日本武道館3days、横浜アリーナ2daysを含む、全国11か所22公演のアニバーサリーツアーを完走した。30周年でもあり、草野マサムネ(Vo)、三輪テツヤ(G)、田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)が、全員50歳という節目を迎えた、ダブルメモリアルツアーでもあった。その22公演のうち、ツアー開幕戦の7月1日静岡・エコパアリーナ、8月16日日本武道館、そしてファイナルの3公演を目撃し、スピッツが放つ音と、各会場に溢れる多幸感に包まれ、希望に満ちた幸せな時間を過ごさせてもらった。

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナより 撮影:内藤順司

宮城でファイナル公演を観てから、早くもというべきかまだなのか2週間が過ぎ、でもあの時の感動はしっかりと心に残り、会場の空気感も肌にしっかりと残っている。初日の静岡公演からは3か月以上経っているが、あのツアー初日ならではの緊張感、ワクワク感、ドキドキ感もさる事ながら、幸せな空気で満ち溢れるあの空間の居心地の良さは忘れられない。
印象的だったのは、初日の一曲目「醒めない」を演奏し始めた途端、なんとベース田村のストラップが切れるというハプニング。それだけ気合が入っていた初日だったという事だろう。

静岡・エコパアリーナ 撮影:内藤順司

静岡・エコパアリーナ 撮影:内藤順司

30年前の7月に初めてライブを行ったスピッツ。初日は”30年”という言葉がメンバーの口から何度も出て、感慨深そうに時間を遡っていた。しかし「まだまだ通過点。これからもおもろい曲、不思議な曲をたくさん作るので、期待してて」という草野の言葉通り、常に新鮮さを追求し、音楽を楽しむ自分達の姿を意思表示する場が今回のツアーである事を、その初日にしっかりと見せてくれた。ちなみにセットリストは概ねシングル15曲、アルバム曲10曲という構成で、初心者もコアファンも存分に楽しめる構成だった。会場ごとにマイナーチェンジを繰り返していったものの、「醒めない」で始まり、本編ラストが「1987→」というのは、全公演共通していた。彼らの醒める事も飽きる事もない音楽への思いと、ロックに出会った時のときめき、ピュアな想いをそのまま歌にしたような「醒めない」、そしてその衝動は変わらないんだと原点回帰し、ロックへの確信をさらに更新したかのような「1987→」。この、驚くほど純度の高いロックナンバーを頭と最後に置いた事こそが、結成から30年を迎えたスピッツの新たな決意表明であり、このツアーの意味、意義そのものだ。

静岡・エコパアリーナ 撮影:内藤順司

静岡・エコパアリーナ 撮影:内藤順司

もちろんライブは一本として同じものはない。だから観た3本とも違う感動を与えてくれたが、会場の違いも大きい。それは4人が一番感じているだろう。もちろん調整しても音響に差が出てくるものだし、照明や映像の演出も、会場の広さによって若干感じ方も変わってくる。そういう意味では、やはり3年ぶりの日本武道館でのライブは、印象的だった。誰かが言った“ロックの聖地”というキャッチフレーズが、頭の片隅に残っているからか、非常に熱く、“永遠のロック少年”の4人が、本当に10代のロック少年になっていたような錯覚に陥った瞬間があった。武道館は広いけど狭い。それはステージを観下ろし、圧迫するように迫るスタンド席を、お客さんが埋め尽くす光景が作り出す緊張感、そして刻んできた歴史とで、そこに立つアーティストがまるで裸にされ、全てを曝け出し、力を剥き出しにして立ち向かっているような感覚になってしまう。

横浜アリーナ 撮影:内藤順司

リリースから20年以上もの時間が経過している初期の名曲群も、当時と変わらないアレンジで演奏され、最新曲と並んでも1ミリの違和感もない。甘酸っぱいメロディを歌い、どんな曲にも切なさを纏わせる、草野マサムネの少年のような声、そして胸を躍らせ、時には優しく歌に寄り添う三輪テツヤのアルペジオ、さらに雄弁かつ豪快なパワフルなサウンドで、スピッツの音を支える﨑山龍男のドラムと、田村明浩のうねり、“歌う”ベースのリズム隊、そして長年サポートを務め、スピッツには欠かせないクジヒロコの鍵盤も含めて、その強固でしなやかなバンドアンサンブルは、30年間育まれたからこそ醸し出されるもので、豊潤であると同時に、飛びきり新鮮で瑞々しさを感じさせてくれた。

横浜アリーナ 撮影:内藤順司

横浜アリーナ 撮影:内藤順司

老若男女誰もが口ずさめる「涙がキラリ☆」、「君が思い出になる前に」、「チェリー」、「ロビンソン」などのヒットシングルの他にも、「楓」「スターゲーザー」「ヘビーメロウ」など新旧の名曲がまさに星のごとく並ぶ今回のセットリストに、イントロが始まる度に各会場、客席からため息が漏れていた。これはどの会場も変らない光景だった。さらに「惑星のかけら」「メモリーズ・カスタム」「けもの道」などの、彼らの卓越した演奏力をより感じる事ができるハードロックナンバーも、しっかりと聴かせてくれた。このロックスピリットこそが、スピッツがスピッツたる所以だ。時に優しくて切ないメロディを歌い、時に強く猛々しいサウンドで情熱を伝え、キャリア30年のバンドとして生々しい姿を、25曲の楽曲を通して、曝け出し、一人ひとりにきちんと伝えていた。聴き手の心の中に存在する、終わることのないそれぞれの“青春”物語を瞬時に露わにさせるスピッツの歌。草野が書くその詞は文学的だと昔から言われてきたが、ファン一人ひとりにとってスピッツの存在はまさに、強い思い入れのある一冊の本と向き合う時と同じような感覚、1対1の関係なのだ。1対1のままでその想いと関係を確認する場が、ライブになっているのではないだろうか。そして、宮城公演で「俺のすべて」を披露した時、ステージ袖のスタッフも全員両手を突き上げ、盛り上がっている姿が感動的だった。スタッフを愛し、愛され、だから1本1本が素晴らしいライブになり、それが客席にも伝わるのだ。

横浜アリーナ 撮影:石橋俊治

横浜アリーナ 撮影:石橋俊治

しかしどの会場でも4人の“息の合ったゆるい”MCは変わらない。これもスピッツのライブの魅力のひとつで、お客さんも楽しみにしてきている。スタジオで4人が集まって、練習の合間に他愛もない話をしている――そんな風景をファンは想像しているのかもしれない。和ませ、笑わせ、そしてまた歌で感動させる。このメリハリ、距離感が、スピッツから離れられなくなる理由のひとつなのかもしれない。宮城公演は、ファイナルという事もあってか、ファンとのこの時間が名残惜しかったのか、MCの時間がたっぷり取られていた。草野はこの日集まってくれたファンに感謝の言葉を贈りつつ「こんな僕らが30年間なぜ残る事ができたのか、僕らでいいのかな?と思ったけど、役割を与えられてるという事だと思うので、引退しません!」と、高らかに宣言し、大きな拍手を浴びていた。世代、男女を問わず、一人ひとりの記憶と思い出に寄り添い、時代を超えて愛され続ける音楽を、ひたむきに作り続けてきたアーティストしか辿り着けない、30年という到達点。メンバーチェンジも活動休止もなく、30年間ずっと一緒に走り続けてきた4人の目に、今回のツアー、そしてその最終公演のステージからの光景は、どう映ったのだろうか。

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 撮影:内藤順司

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 撮影:内藤順司

今回のアニバーサリーツアーは、特別なセットリストに始まって、確かに全てがスペシャルで、終わって欲しくないと誰もが思ったはずだ。しかし特別でもあり、いつもと変らない時間でもあった。スピッツがスピッツらしさを失わずに走り続けてきた事を、全員が確認できた時間でもあったはずだ。最終地宮城でのアンコールの最後、文字通りエンディングに選んだのは名曲「スパイダー」。<だからもっと遠くまで君を奪って逃げるラララ 千の夜を飛び越えて走り続ける>と、“永遠のロック少年”4人とファンが、何があっても走り続けるという事をお互いに確認できた瞬間であり、30周年記念ツアーだった。そしてこのツアーでスピッツの事が好きで良かったと再確認したファン、そしてスピッツの事が好きになったファンと共に、スピッツという稀代のロックバンドの音楽の旅はまだまだ続く。

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 撮影:内藤順司

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 撮影:内藤順司

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 撮影:内藤順司

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 撮影:内藤順司

取材・文 / 田中久勝
撮影 / (静岡、宮城)内藤順司 (横浜)内藤順司・石橋俊治

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”
静岡エコパアリーナ 2017/7/1(土) セットリスト

01.醒めない
02.8823
03.涙がキラリ☆
04.ヒバリのこころ
05.ヘビーメロウ
06.スカーレット
07.君が思い出になる前に
08.チェリー
09.スターゲイザー
10.惑星のかけら
11.メモリーズ・カスタム
12.エスカルゴ
13.ロビンソン
14.猫になりたい
15.楓
16.夜を駆ける
17.日なたの窓に憧れて
18.正夢
19.運命の人
20.恋する凡人
21.けもの道
22.俺のすべて
23.1987→
EN1.SJ
EN2.春の歌

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”
日本武道館 2017/8/16(水) セットリスト

01.醒めない
02.8823
03.涙がキラリ☆
04.ヒバリのこころ
05.ヘビーメロウ
06.スカーレット
07.君が思い出になる前に
08.チェリー
09.さらさら
10.惑星のかけら
11.メモリーズ・カスタム
12.波のり
13.ロビンソン
14.猫になりたい
15.楓
16.夜を駆ける
17.夢追い虫
18.正夢
19.運命の人
20.恋する凡人
21.けもの道
22.俺のすべて
23.1987→
EN1.ハチの針
EN2.春の歌

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
2017/10/1(日) セットリスト

01.醒めない
02.8823
03.涙がキラリ☆
04.ヒバリのこころ
05.ヘビーメロウ
06.冷たい頬
07.君が思い出になる前に
08.チェリー
09.スターゲイザー
10.惑星のかけら
11.メモリーズ・カスタム
12.波のり
13.ロビンソン
14.猫になりたい
15.楓
16.夜を駆ける
17.夢追い虫
18.正夢
19.運命の人
20.恋する凡人
21.けもの道
22.俺のすべて
23.1987→
EN1.SJ
EN2.スパイダー

『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』全日程

7月01日(土):静岡県・静岡エコパアリーナ 7月04日(火):大阪府・大阪城ホール 7月05日(水):大阪府・大阪城ホール 7月12日(水):愛知県・日本ガイシホール 7月13日(木):愛知県・日本ガイシホール 7月22日(土):広島県・広島グリーンアリーナ 7月23日(日):広島県・広島グリーンアリーナ 8月05日(土):長野県・長野・ビッグハット
8月06日(日):長野県・長野ビッグハット
8月11日(金・祝):香川県・さぬき市野外音楽広場テアトロン
8月12日(土):香川県・さぬき市野外音楽広場テアトロン
8月16日(水):東京都・日本武道館
8月17日(木):東京都・日本武道館
8月19日(土):東京都・日本武道館
8月23日(水):神奈川県・横浜アリーナ
8月24日(木):神奈川県・横浜アリーナ
9月02日(土):福岡県・マリンメッセ福岡
9月03日(日):福岡県・マリンメッセ福岡
9月16日(土):北海道・北海道総合体育センター北海きたえーる
9月17日(日):北海道・北海道総合体育センター北海きたえーる
9月30日(土):宮城県・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
10月1日(日):宮城県・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)

リリース情報

スピッツ結成30周年記念
LIVE DVD & Blu-ray
SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”

2017年12月27日(水) 発売
スピッツ史上最大動員数を記録した結成30周年記念ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』から、2017年8月24日(木)に行われた神奈川県:横浜アリーナ公演を収録した映像商品。
話題の新曲3曲『ヘビーメロウ』『歌ウサギ』『1987→』に加え、レア曲『波のり』を初のライヴ映像化!
デラックスエディション-完全数量限定生産盤- には、別日収録の『ハチの針』『恋のうた』を加えたLIVE CD2枚、スピッツ結成30年の軌跡を振り返ることが出来る貴重な映像DISC、100ページにおよぶ豪華写真集などが付属。

デラックスエディション-完全数量限定生産盤- 特典 ①結成30年の軌跡を辿る特典映像
②LIVE CD 2枚【合計27曲収録】
 ☞映像収録楽曲と同じ25曲 + ボーナス・トラック「ハチの針」「恋のうた」(別日収録)
③『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』のLIVE写真やオフショットなどを収めた豪華100ページ写真集
④ 結成当時配布ステッカーの復刻版封入
■デラックスエディション-完全数量限定生産盤-
【Blu-ray】(2Blu-ray + 2CD)UPXH-9024 ¥13,889+税
【DVD】(2DVD + 2CD)UPBH-9548 ¥12,963+税
■通常盤
【Blu-ray】(1Blu-ray)UPXH-1058 ¥7,389+税
【DVD】(1DVD)UPBH-1448 ¥6,463+税


スピッツ

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-

2017年7月5日発売
(3CD)UPCH-7329/31
¥3,900+税

1991年のデビューシングルから昨年2016年4月に発売されたシングル曲「みなと」までの全シングル曲、そして「愛のことば-2014mix-」「雪風」といったドラマ主題歌としても話題となった配信限定シングル曲、さらには、新たにレコーディングをした新曲3曲を加えた全45曲収録のCD3枚組アルバム。

【収録曲】
【DISC 1】CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
01.ヒバリのこころ
02. 夏の魔物
03.魔女旅に出る
04.惑星のかけら
05.日なたの窓に憧れて
06.裸のままで
07.君が思い出になる前に
08.空も飛べるはず
09.青い車
10.スパイダー
11.ロビンソン
12.涙がキラリ☆
13.チェリー
14.渚
15.スカーレット

【DISC 2】CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
01.夢じゃない
02.運命の人
03.冷たい頬
04.楓
05.流れ星
06.ホタル
07.メモリーズ
08.遥か
09.夢追い虫
10.さわって・変わって
11.ハネモノ
12.水色の街
13.スターゲイザー
14.正夢
15.春の歌

【DISC 3】CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection
01.魔法のコトバ
02.ルキンフォー
03.群青
04.若葉
05.君は太陽
06.つぐみ
07.シロクマ
08.タイム・トラベル
09.さらさら
10.愛のことば-2014mix-
11.雪風
12.みなと
13.ヘビーメロウ
14.歌ウサギ
15.1987→ 

2006年に発売された2枚の『CYCLE HIT』も2017年最新のマスタリングをして再発売!

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

(CD)UPCH-2129 ¥2,500+税

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection

(CD)UPCH-2130 ¥2,500+税

CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection

(CD)UPCH-2131 ¥2,500+税

『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』、そして『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』も、今回の新たなアイテムに合わせ、2017年の最新スピッツサウンドを表現する為に、世界最高峰の「Marcussen Mastering」にてリマスタリングを遂行。7月5日に再発売。

アナログ盤も“重量盤”で7月5日同時発売!

ファーストアルバム『スピッツ』から昨年7月に発売された最新アルバム『醒めない』までのオリジナルアルバム15作品に、ミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』を加えた全16作品をアナログ盤で発売。

SPITZ

草野マサムネ :1967年12月21日 福岡県 O型 ヴォーカル&ギター
三輪テツヤ :1967年5月17日 静岡県 B型 ギター
田村明浩 :1967年5月31日 静岡県 A型 ベースギター
﨑山龍男 :1967年10月25日 栃木県 B型 ドラムス
草野マサムネ(Vo/Gt)、三輪テツヤ(Gt)、 田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)の4人 組ロックバンド。
1987年結成。1991年3月シングル「ヒバリのこころ」、アルバム「スピッツ」でメジャーデビュー後、1995年リリースの11thシングル「ロビンソン」、6thアルバム『ハチミツ』のヒットを機に、多くのファンを獲得。
以後、楽曲制作はもちろん、日本国内をくまなく廻る全国ツアーや自らオーガナイズするイベント開催など、マイペースな活動を継続している。 そして今夏、15thアルバム『醒めない』を発売、全国ツアーも大成功。
2017年結成30周年を迎え、7月5日は「CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-」を発売、『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』も敢行中と精力的に活動を展開している。
オフィシャルサイトhttp://spitz.r-s.co.jp/

vol.207
vol.208
vol.209