Interview

【インタビュー】中島 愛、音楽活動復帰2作目の胸中。フジファブリック、ボンジュール鈴木…気鋭コラボはかくして実現した!

【インタビュー】中島 愛、音楽活動復帰2作目の胸中。フジファブリック、ボンジュール鈴木…気鋭コラボはかくして実現した!

昨年末に音楽活動を再開した中島 愛が、復帰第2弾となるニューシングル「サタデー・ナイト・クエスチョン」をリリースする。TVアニメ『ネト充のススメ』のOPテーマにも起用されているこの楽曲を提供したのは、ロックバンドのフジファブリック。彼ららしいビビッドなサウンドメイクで、中島の新しい表情を引き出している。カップリング曲を含め意欲的なチャレンジが満載となった本作について、本人に話を訊いた。

取材・文 / 北野 創


ライブ感のあるサウンドが、私にとっても新鮮でした

「サタデー・ナイト・クエスチョン」はフジファブリックの山内総一郎さんが作曲、加藤慎一さんが作詞を担当されていて、アレンジもバンドが手がけています。どういった経緯で彼らに楽曲提供を受けたのですか?

中島 愛 よくスタッフの皆さんと最近聴いている音楽や好きな音楽の話をするんですけど、そのなかでフジファブリックさんを薦められたんです。私はそれまで「若者のすべて」や「徒然モノクローム」といったシングル曲は聴いていたんですが、改めてアルバムを聴いたら「どうして今まで聴いてこなかったんだろう?」と後悔するぐらい好きになってしまって。そのことを報告したら、実は次のシングルはフジファブリックさんに楽曲をお願いしようと思っているというお話で、私も是非!ということでオファーさせていただいたんです。そこで快く受けてくださって、今年の春先ぐらいから制作をスタートしました。

前作「ワタシノセカイ」もロック・テイストの曲でしたけど、今回はフジファブリックらしいカラフルなシンセも入っていて、また違った感じのギター・ロック感が新鮮ですね。

中島 自分の曲でここまでギターがバリバリ鳴ってる曲はあまりないですし、すごくライブ感のあるサウンドになっているので、私自身も新鮮でした。イントロのリフもすごく印象的ですよね。

レコーディングはいかがでしたか?

中島 フジファブリックの皆さんが演奏している姿を目の前で拝見させていただいたんですが、「私、今ドキュメンタリー映像を見てるのかな?」みたいな気持ちになりましたね(笑)。シンセの音色もいろんなタイプのものを用意してくださっていて、その場でひとつずつ試しながら相談して決めてらっしゃったので、こうやって曲が作られていくのかということを実感できました。今回はいろんなパターンを録ってくださったなかで、いちばん男らしいサウンドのバージョンが採用されてるんです。隙がないくらいに尖ってるというかエッジのある音なんですけど、私もそのバージョンがいちばん素敵だと思ったので。自分の息が多めな声質とも合うんですよね。

希望のある歌ではあるけど、希望に満ちた感じにはしたくなかった

歌はどのようなイメージで歌われましたか?

中島 まずボーカル・レコーディングの前に、サウンドの方向性を決めるプリプロと楽器レコーディングがありまして、そのとき一緒にスタジオに入らせていただいて、皆さんの演奏に合わせて〈せーの〉で仮歌を録ったんですね。そこでこの曲はあまり女の子っぽく歌わないほうがいいと直感的に思いまして、中性的というか、性別がどちらとも取れないような歌い方をしたほうが、この個性の強いサウンドと調和が取れると思ったんです。

なるほど。

中島 それで本番のレコーディングまでいろいろと試行錯誤しながら練習したんですけど、初めての歌い方が多かったのですぐに答えは出なくて。で、歌入れの際には山内さんもボーカルディレクションに参加してくださったんですけど、そこで例えばAメロは力を抜いて気だるい感じだとか、細かいところまでアドバイスしていただいて。それで自分が直感的に思った中性的なイメージと、フジファブリックさんが思い描くサウンドの方向性が組み合わさって、最終的にいまの形にすることができました。

いままでの中島さんの楽曲と比べて低音のパートが多いこともあってか、いつもより歌声が大人っぽい印象も受けました。

中島 私はキラキラしたサウンドが好きで、自分でもそういったタイプの曲をたくさん歌ってきたほうだと思うんですけど、今回はいつものキラキラとはちょっと違うんですよね。光の中ではなくて、闇の中で一生懸命輝こうとしてるキラキラというか。だからジャケットやアーティスト写真も夜の街で撮影してるんです。

夜景のきらめきみたいなイメージでしょうか?

中島 光は射してるし、希望のある歌ではあるんですけど、歌い方としても最後まで希望に満ちた感じにはしたくないというか。これは『ネト充のススメ』を見て思ったことでもあるんですけど、普段の日常生活で急にいいことが起こって何かがガラリと変わるということはあまりないと感じていて。小さいことの積み重ねでグラデーションのように良くなったり、逆に悪くなったりすると思うんです。そういうリアリティがこの曲の中にも欲しかったんですね。