Interview

要注目バンド・King Gnuの『Tokyo Rendez-Vous』。高度なサウンドメイクで独自のミクスチャーセンスを発揮する彼らのキャラクターに迫る

要注目バンド・King Gnuの『Tokyo Rendez-Vous』。高度なサウンドメイクで独自のミクスチャーセンスを発揮する彼らのキャラクターに迫る

今は“歌える”ということが大事だと思っていて

「McDonald Romance」は?

常田 この曲はサンプリングですね。ピアノをバーッと弾いて、それをサンプリングしてトラックを作って。

ロバート・グラスパーっぽい雰囲気もありますね。

常田 そうですね。理以外はそのあたりの音楽も通っているので。

新井 ちょうど高校生くらいのときに音楽仲間の間でグラスパーが話題になって。それもルーツのひとつですね。

勢喜 サンダーキャットとか。

新井 クリスチャン・スコットとかも。

新世代のジャズミュージシャンともリンクしていると。すごく洗練されたサウンドなんですけど、歌詞が“空っぽの財布に心は踊る”っていう。

常田 歌詞は俺が書いてるんですけど、この曲はフォークみたいな感じにしたくて。

井口 俺もよく金がない状態になるので、すごく感情移入できますね。

常田 え、ホントに?(笑)

井口 うん。“それさえも 恋だった。”もすごくいい。思い出を美化するには最高の曲ですね(笑)。

常田 2人(常田、井口)とも井上陽水さんが好きだから、あの時代のセンスも取り入れたくて。歌詞全体の表現としては、直接的ではないんだけど、ひとつひとつの単語は具体的っていうか。

井口 歌い方のニュアンスについても試行錯誤がありましたね。みんなで「こういう歌い回しにしよう」と話し合ったり。

常田 以前よりもうまく表現できるようになってると思いますね。もちろん、まだまだという部分もあるけど、そこは少しずつやっていけたらなと思ってます。

常田大希(guitar, vocal)

一方でこのアルバムは、ダンスミュージックとしても機能していて。踊れる音楽というのも意識してますか?

新井 僕は好きなようにやってるというか、そのときにいいと思ったことをやってる感覚なんですけど、遊のビートに対してはヒップホップ的な感じを求めていて。

勢喜 うん、そうだね。

新井 具体的に言うと、スネアのゴーストノートを控えて……。

常田 「サンプルのビートっぽく」とかね。

新井 ビートの打点が見えやすいほうがまとまりやすいし、聴いてる人もノリやすいと思っていて。それが“踊れる”というところに繋がってるのかもしれないですね。

常田 音の輪郭や強さということでは、バンドはクラブ系の音楽に勝てないと思うんですよね。でも、音像をクラブミュージックに近づけることによって、そういう音楽が好きな人にも「このビートいいな」と感じてもらえるんじゃないかと。

J−POPユーザーにもダンスミュージック、ヒップホップの愛好家にもアピールするというか。つまり幅広い層にアピールできるポップスですよね。

常田 そうですね。今は“歌える”ということが大事だと思っていて。特にJ−POPを聴いている人って、やっぱり歌を聴いていると思うんですよね。そこに向かうためにはアンセムと呼ばれるような曲が必要だなって思ってるところです。

勢喜遊(drums, sampler)

なるほど。King Gnuの音楽には様々なジャンルのサウンドが共存していて、そういう意味では東京の街の雰囲気にも近いと思うんですが。

常田 うん、そういう感じはありますね。いろいろなものが同時にあって、ちょっと品がないっていうか(笑)。

ちなみにみなさんの中で、いちばん“東京っぽい”と感じる場所はどこですか?

常田 どこだろう……?

新井 僕は地元の福生ですかね。

勢喜 じゃあ、俺は、あきる野市(笑)。

井口 僕は……部屋が好きなんですよね(笑)。地元の長野でも東京でも、ずっと部屋にいるので。

勢喜 雨風がしのげればいいってこと?(笑)

井口 まあ、そうかな。宮沢賢治みたいな感じで(笑)。最低限のものがあって、みんなが幸せだったらそれでいいっていう。

常田 なんの話だよ!(笑)

(笑)でも、King Gnuは売れることを目指すわけですよね?

井口 はい。あ、そうか、そこは矛盾してるな(笑)。

常田 いいんじゃない? 宮沢賢治だって有名なんだし(笑)。

一同 (笑)

King Gnuは米津玄師さんの最新アルバム『BOOTLEG』に1曲参加していたり、常田さんと新井さんがセロニアス・モンクのトリビュートアルバム『MONK’s Playhouse』に楽曲を提供していて。井口さんも舞台役者として活動しているし、バンド以外の活動も並行して続いていくということですか?

常田 そうなっていけばいいなと思ってます。このバンドが人生というわけではないし、もっと自由で楽しい音楽生活を送っていきたいので。ただ、まずはKing Gnuとして頑張っていきたいと思います。

King Gnuさん画像ギャラリー

King Gnu『Tokyo Rendez-Vous』FREE LIVE@横浜VIVRE前特設ステージ

横浜駅西口駅前周辺で開催される「横浜西口ハロウィン2017」にて、タワーレコード横浜ビブレ店前ステージアクトとしてKing Gnuがフリーライヴに出演する。

日程:2017年10月29日(日)18:00-18:30 ※観覧フリー
会場:横浜VIVRE前特設ステージ

※タワーレコード対象店舗で『Tokyo Rendez-Vous』のCDをお買い上げの方は購入特典としてライヴ後(18:30~)に行われるサイン会へご参加いただけます。
〈対象店舗〉
TOWER RECORDS横浜ビブレ店、町田店、川崎店、新宿店、渋谷店、池袋店、秋葉原店、吉祥寺店
〈参加方法〉
対象店舗にて(ご予約者優先)アルバム『Tokyo Rendez-Vous』をご購入いただいたお客様に先着でサイン会参加券を配布。イベント当日、サイン会参加券をお持ちいただけますと、ライブ終了後のサイン会に参加いただけます。サインは商品=CDにさせていただきますので、当日は商品を忘れずにお持ちください。

King Gnu 1st ONE-MAN LIVE「Tokyo Rendez-Vous」

2018年1月28日(日)渋谷WWW

【King Gnu official web siteチケット先行発売】
10月28日(土)12:00~11月5日(日)23:59
【チケット一般発売】
11月11日(土)10:00~

King Gnu(キング・ヌー)

常田大希(guitar, vocal)、勢喜遊(drums, sampler)、新井和輝(bass)、井口理(vocal, keyboards)。東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター、常田大希が2015年に“Srv.Vinci”という名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、現4名体制へ。〈SXSW2017〉、〈Japan Nite US Tour 2017〉などへ出演。2017年4月26日、バンド名を“King Gnu”に改名。
オフィシャルサイト

< 1 2