Interview

広瀬アリス×岡山天音『氷菓』現場で怒られる!? 親友二人の仲良しぶりと役とのギャップ、“普通の人”の葛藤明かす

広瀬アリス×岡山天音『氷菓』現場で怒られる!? 親友二人の仲良しぶりと役とのギャップ、“普通の人”の葛藤明かす

累計発行部数230万部を突破した米澤穂信による学園青春ミステリー“古典部”シリーズの第一弾『氷菓』。初実写化となる本作で、好奇心旺盛なお嬢様〈千反田える〉を演じた広瀬アリスと、同じ古典部であり、豊富な知識量を誇る〈福部里志〉を演じた岡山天音の対談が実現。実はこの二人が共演するのは、今回が4回目。本当のクラスメイトのような関係の二人は、終始和気あいあいとした雰囲気で、話は少し脱線気味に……!?仲が良いからこそ見えた撮影時のエピソードや、広瀬本人と〈える〉の“ギャップ”、主人公〈折木奉太郎〉役の山﨑賢人とプライベートでも親友である岡山の「特別な人たちの中にいるからこそ、自分の普通さを目の当たりにする」という葛藤まで、たっぷりと話してもらった。

取材・文 / 吉田可奈 撮影 / 三橋優美子

4回目の共演なのに人見知りが発動!? 撮影現場ではキャスト全員が仲良すぎてまさかの注意を受ける

映画『氷菓』の脚本を読んだとき、完成作をご覧になったときは、どのような感想を抱きましたか?

広瀬 最近の映画で学園モノというと、ラブストーリーをイメージする人が多いと思うんです。でもこの映画は、学園ミステリーという新しいジャンルなので、他の作品とはまた違った青春の形が描かれています。

岡山 僕は先に台本を読んで、その後に原作を読みました。キャラクターの立ち方が全員変化球のようで、すごく面白かったですね。

〈千反田える〉を演じた広瀬さんと、〈福部里志〉役の岡山さんの対談は、今回が初めてだとお聞きしました。

広瀬 そうなんです。この二人で対談することになるとは思ってなかったよね。

岡山 うん(笑)。でも、実は僕たち、4回目の共演になるんですよ。

広瀬 私、今までで一番、共演する回数が多いかも……!

岡山 そんなに!? 僕もいつも本読みの顔合わせで、「あ、アリスがいた」って思うからね(笑)。

広瀬 「うわ!」って思うんでしょ(笑)?

岡山 いやいや! 「うわ~、うれしい~(棒読み)」ってなったよ!

広瀬 聞きましたか!? 彼はこういうことを言う人なんですよ(笑)!

あはは(笑)。本当のクラスメイトみたいな関係なんですね。

岡山 でも会う度に、最初はお互いが人見知りをぶり返すんです(笑)。

広瀬 あはは(笑)。わかる、わかる! 「お、おう」みたいな雰囲気になるよね(笑)。

4作目の共演となると、息の合った演技が出来るのではないでしょうか。

広瀬 それが、今までは面と向かってセリフを言い合うシーンは少なかったんです。

岡山 そうだったね。

広瀬 だから今回は逆に新鮮だったよね。でも天音くんがいると、なんだか同窓会に行くような感覚になるんです。それにこの映画に出演している(山﨑)賢人くんとも(〈伊原摩耶花〉役の小島)藤子ちゃんとも、これまで複数回共演しているので、みんなではしゃいでいました。いつも現場ではわちゃわちゃしてた気がする。

岡山 そうだね。あまりに仲良すぎて、一回怒られたよね……(笑)。

広瀬 うん(笑)。

岡山 その日の撮影終わりに、注意を受けて……。

広瀬 あった、あった! 「落ち着いてください」って言われて(笑)。

岡山 学園ドラマの撮影時って、同世代が多いからこそ、はしゃいで怒られることがたまにあるんです。でもまさか成人してから怒られるとは思いませんでした……。

広瀬 みんなが知り合いだから盛り上がっちゃったんだよね。

岡山 アリスはずっと一人でしゃべってたよね。ずっと僕が相槌を打ってた記憶があるもん(笑)。

広瀬 私、いつも一人でしゃべってるからな……(笑)。

撮影中に「可愛いお嬢様がいて驚いた」(岡山)
岡山&山﨑は「ずっとベタベタ(笑)」(広瀬)

仲が良い岡山さんから見て、〈える〉と広瀬さん本人が似ているなと思ったところはありましたか?

広瀬 オブラートに包んでね。こういうときは(笑)!

岡山 あ、はい(笑)。アリスが撮影しているときにモニターを見ていたら、〈える〉としてめちゃくちゃ可愛いお嬢様がいて、驚いたんですよ! そのときのアリスは、僕の知ってる普段のアリスとはあまりにかけ離れていて(笑)。賢人に「ねぇ、めっちゃ可愛い!」って言ったんです。

山﨑さんは何と返したんですか?

岡山 賢人は、見てなかったんですけど(笑)。

広瀬 見てないんかい(笑)! まぁ、普段の私はちょっと男性っぽい性格なので、〈える〉とのギャップはかなりあると思います(笑)。

岡山 すごくありました(断言)。

広瀬さんからみて、岡山さんはいかがでしたか?

広瀬 賢人くんと天音くんがプライベートで仲が良いのは有名な話なんですが、現場でもベタベタしているんですよ! 二人が並んで座るシーンとかも、距離があまりにも近いんです。

岡山 そんなに近かった!?

広瀬 うん。それが無意識なのは、すごいなと思いました。それに、二人のやり取りの空気感は、普段から仲が良くないと出せないものだと思いました。

岡山 撮影中は、夜な夜な二人で本読みをしていたんです。泊まりでの撮影だったので、毎晩どちらかの部屋に入り浸っていました。

広瀬 え~!?

岡山 別の仕事で東京に戻って、この現場に帰ってきたときは、まず自分の部屋ではなく、相手の部屋に行って、東京で何があったかを報告していたんです。

広瀬 え!? 何を話すの?

岡山 東京であったことだよ。そしたら賢人は「大変だったね」って言ってくれたりして。

広瀬 どんな関係なの(笑)。女子は仲が良ければ良いほど、サバっとしちゃうよ。

岡山 マジ!?

広瀬 こんな感じでずっとベタベタしてるんです(笑)。