Interview

広瀬アリス×岡山天音『氷菓』現場で怒られる!? 親友二人の仲良しぶりと役とのギャップ、“普通の人”の葛藤明かす

広瀬アリス×岡山天音『氷菓』現場で怒られる!? 親友二人の仲良しぶりと役とのギャップ、“普通の人”の葛藤明かす

岡山さんは、本作のどのキャラクターに感情移入しましたか?

岡山 やっぱり、僕が演じた〈里志〉ですね。〈奉太郎〉は、〈里志〉から見たら天才なんです。隣にいる〈える〉も、かなりの個性の持ち主。その中で〈里志〉は、そういう人たちに囲まれているからこそ、「僕も特別な人になれるんじゃないか」って密かに思っているんです。“すごい人たちの中にいる普通の人間”というキャラクターは、今の僕とすごく重なって、好きだなと思いました。

ご自身と重なりますか?

岡山 重なりますね。この業界にいると、すごい人たちがたくさんいるんです。その中で僕はいつも「普通の人だな」って思うんですよ。だから、撮影に入る前は緊張して、汗だくになってしまったりするんです。

広瀬 いつもセリフの練習を人一倍してるよね。すっごく真面目なんです!

“努力の人”なんですね。

広瀬 努力はもちろんそうなんですが、“出来ちゃう人”だと思います。人一倍努力しているからベースができているだけでなく、さらに臨機応変に立ち向かえる器量を持っているんです。だからなんでも出来ちゃうんですよ。

岡山 いやぁ……(照)。そうなんです、出来ちゃうんです(笑)。そういえば、アリスはいつも唇を“プルルルル”って震わせてたよね。

広瀬 してた! 私、滑舌がすごく悪いんです。でもそうやって唇を震わせてからセリフを言うと、すごく滑らかになるんです。

岡山 賢人がアリスに「何やってるの?」って聞いて、「滑舌が良くなるよ」って教えてもらって、半信半疑で試してみたら「……ホントだ」ってビックリしてたよ。めっちゃ驚いた顔してた(笑)。

広瀬 他の現場でもやってるかもね(笑)。

岡山 そうかもね(笑)。

本作で、特に注目して観てほしいのはどんなところですか?

広瀬 家での謎解きのシーンですね。二日間、正座しっぱなしだったんです! みんなもわかりやすく疲れた顔をしてました(笑)。そのシーンで、劇中にも出てくる謎解きの模造紙への書き込みも自分たちでやっています。あと、制服はモデルになったデザインに似せていますし、原作と同じく、飛騨高山にも行きました。原作にかなり忠実な仕上がりになっていると思います。

岡山 俺にも見どころを話させてよ~。アリスが全部言っちゃったじゃん。

広瀬 まだまだあるでしょ!?

岡山 この映画では、キラキラしていない山﨑賢人が観られます! 新しい山﨑賢人、まだありますよ。……親友からは以上です!

広瀬 あはは(笑)。親友からですからね。一番説得力があると思います(笑)。

広瀬アリス

1994年生まれ、静岡県出身。2008年に『死にぞこないの青』(安達正軌 監督)で女優デビュー。2009年、『セブンティーン』の“ミス・セブンティーン”でグランプリを受賞して専属モデルとして活動。以降、『銀の匙 Silver Spoon』(14/吉田恵輔 監督)、「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」(15・17/TX)など、映画やテレビで活躍している。その他の主な映画の出演作に『スープ~生まれ変わりの物語~』(12/大塚祐吉 監督)、『FLARE~フレア~』(14/大塚祐吉 監督)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(16/和泉聖治 監督)、『全員、片想い「サムシングブルー」』(16/宅間孝行 監督)、『L -エル-』(16/下山天 監督)など。今年は本作の他、『新宿スワンII』(園子温 監督)、『パワーレンジャー』(声の出演)、NHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演。主演映画『巫女っちゃけん。』(2018年2月3日公開/グ・スーヨン 監督)の公開が控えている。

オフィシャルサイト
http://www.web-foster.com/pc/artists/hirose/alice
オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/alice-hirose/
オフィシャルTwitter
@Alice1211_Mg

岡山天音

1994年生まれ、東京都出身。2009年に「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビュー。主な映画の出演作に、『合葬』(15/小林達夫 監督)、『死と恋と波と』(15/松永大司 監督)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16/月川翔 監督)、『ライチ☆光クラブ』(16/内藤瑛亮 監督)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也 監督)、『セトウツミ』(16/大森立嗣 監督)、『雨にゆれる女』(16/半野喜弘 監督)など。今年は本作の他、『僕らのごはんは明日で待ってる』(市井昌秀 監督)、『帝一の國』(永井聡 監督)、『ポエトリーエンジェル』(飯塚俊光 監督)、ドラマ「貴族探偵」(CX)、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演。今後は、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(11月4日公開/森ガキ侑大 監督)、『神さまの轍-check point of the life-』(2018年公開/作道雄 監督)、『空飛ぶタイヤ』(2018年公開/本木克英 監督)が待機している。

オフィシャルサイト
http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=13


映画『氷菓』

2017年11月3日(金・祝)公開

【STORY】
「王とサーカス」「満願」で史上初となる2年連続ミステリーランキング三冠に輝いた作家・米澤穂信の同名ベストセラー小説を実写化。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の〈折木奉太郎〉(山﨑賢人)は、姉の命令で部員ゼロ&廃部寸前の“古典部”に入部することに。そこに“一身上の都合”でお嬢様〈千反田える〉(広瀬アリス)が入部。〈える〉は「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。〈える〉に巻き込まれ、〈奉太郎〉は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。そんなある日、〈奉太郎〉は〈える〉から、33年前に起きたある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼される。旧友の〈福部里志〉(岡山天音)、〈伊原摩耶花〉(小島藤子)も加わり4人となった古典部員たちは、事件の真相に迫ってゆく――。

【原作】米澤穂信「氷菓」(角川文庫刊)
【監督・脚本】安里麻里
【出演】山﨑賢人 広瀬アリス
小島藤子 岡山天音
天野菜月 眞島秀和 貫地谷しほり(特別出演)
本郷奏多 / 斉藤由貴
【音楽】林祐介、OLO
【主題歌】イトヲカシ「アイオライト」(avex trax)
【配給】KADOKAWA

オフィシャルサイト
http://hyouka-movie.jp/

©2017「氷菓」製作委員会

【原作本】

氷菓
米澤穂信(著) / 角川文庫

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実──。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ、登場! <古典部>シリーズ第1弾!!

【コミック】

氷菓(コミック版)
タスクオーナ, 米澤穂信, 西屋太志(京都アニメーション) / 月刊少年エース

省エネを自分のスタイルとする奉太郎だが、姉の命令で「古典部」に入部することになってしまう。部室を訪れた奉太郎は、そこで好奇心旺盛な少女「千反田える」と出会い「部室密室事件」に遭遇してしまうのだが!?

【米澤穂信のそのほかの作品】

【関連楽曲】

イトヲカシ「アイオライト/蒼い炎」

< 1 2