Interview

【インタビュー】あまりにキュート&ポップすぎる! 『アニメガタリズ』OPテーマでGARNiDELiAが新基軸に突き進む理由

【インタビュー】あまりにキュート&ポップすぎる! 『アニメガタリズ』OPテーマでGARNiDELiAが新基軸に突き進む理由

『ガンダム Gのレコンギスタ』『魔法科高校の劣等生』などの主題歌を手がけ、2017年には劇場版『魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』主題歌「SPEED STAR」、『Fate/Apocrypha』EDテーマ「Désir」をリリース。数々の大作の世界観を表現してきた人気アニソンユニット・GARNiDELiAだが、『アニメガタリズ』OPテーマとなる新曲「アイコトバ」は、これまでのイメージを覆すキュート&ポップな楽曲となっている。新機軸を目指したというニューシングルについて話を聞いた。

取材 / 澄川龍一(リスアニ!) 文 / 寺田龍太

前作「Désir」から一転、新感覚のダンスチューン

11月1日に新シングル「アイコトバ」がリリースになります。表題曲は前作「Désir」から打って変わった、新感覚の楽曲ですね。

メイリア こんなにポップな私たちの楽曲って、今まで聴いたことがないですよね。

toku しかも『Fate/Apocrypha』の後だから。

メイリア 作品も楽曲も振り幅がすごい(笑)。「Désir」は『Fate』のダークな世界観を表現した楽曲でしたが、「アイコトバ」は『アニメガタリズ』というかわいい女の子が主人公の超ポップな作品のOP曲で。そもそも、こういうアニメで主題歌を歌うこと自体が初めてだなと。

テイストの差が大きく、作品に合わせたサウンドへのアプローチをするにあたって、気持ちの切り替えが必要だったのでは?

toku 気持ち的には複雑といえば複雑で(笑)。「Désir」のMVの撮影中から作っていたので、「どうしようかなあ」と考えながら撮っていました。ただ、ひとつのイメージにはまりすぎると逆にチャレンジができなくなりますし、これまでのカップリング曲やアルバム曲を聴いて、表題曲以外で出した僕らのセンスや可能性を汲み取ってくれたのでしょうし、意外な一方でうれしいオーダーでもありました。

メイリア まず、こういった作品の主題歌を私たちが歌う場合、どう表現すればいいのかなと思って。制作陣からの要望もあり、全体としてはダンスナンバーで行くことが決まりましたが、今まで私たちが書いてきたクールで格好良い方向性のダンスナンバーとは異なる、とにかくポップで楽しいテイストにしようかなと。もうイントロからめっちゃかわいい音色を使ってますね(笑)。

toku 最初の音を聴いて「あ、ガルニデだな」と思わせたくないなと。実際どう聴いてもらえるかは分かりませんが、クレジットを見て「これガルニデリアなの!?」と驚いてもらえたらうれしいですね。

楽曲を上回るハイテンションで
「めちゃくちゃ可愛いメイリア出します!」

レコーディングにも変化があったのでは?

メイリア そうですね。普段はかっこよさやパワフルな感じを意識して歌っていますが、今回はとにかく曲のテンションに自分のテンションが追いつく、むしろそれを上回るようなテンションじゃないと歌えないなと思い、「よーしいくぞ!」「めちゃくちゃかわいいメイリア出しますよ!」みたいな感じでレコーディングに臨みました(笑)。

toku アニメ自体もテンション感が高い作品ですから、それに寄り添えないといけない。

メイリア アニメも結構ふざけているように見えて、意外とぐっとくる台詞も多い作品ですよね。アニメを通じて仲間と出会って、色んな楽しい思い出を作っていくというストーリーで。作品に沿った裏テーマとしては、自分が好きなものを好きだと思いきり言える自信をみんなに持って欲しいな、というメッセージをこの曲に込めています。アニメも観ていけば観ていくほど感動すると思いますね!

新機軸の試みが目立つ一方で、そうした歌詞のニュアンスにはガルニデらしい部分も見えますね。

メイリア 私が作詞しているので、詞の世界観には一貫したものがあると思います。また、作品から離れた部分で言えば、ライブで楽しくなるような曲になったらいいなと。自分たちのライブに来てくれたお客さんと繋がりたい、という普段通りのマインドも入っています。意外と完成してみるとしっくりくる曲で、歌うことに違和感もありませんでしたしね。自分は根が明るい性格なので、むしろ素の私に近いものが出ている楽曲なのかもしれないです。

1 2 >