Report

松雪泰子が熱演。ネリー・アルカンが紡ぐ、激しく官能的な言葉のセッションが刺さる舞台『この熱き私の激情』初日会見の模様

松雪泰子が熱演。ネリー・アルカンが紡ぐ、激しく官能的な言葉のセッションが刺さる舞台『この熱き私の激情』初日会見の模様

高級娼婦という過去を持ち、36歳で若くして自ら命を絶った、カナダ・ケベック州生まれの女性作家、ネリー・アルカンが残した4編の小説をコラージュし、カナダ人の演出家、マリー・ブラッサールにより舞台化された『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』が天王洲 銀河劇場より11月4日にいよいよ開幕した。その直前に行われた会見&公開フォトコールから出演陣の意気込みコメントを紹介。


女性は本当に強く美しいので、それを感じていただけたら

キャストには、松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢ら女優6名と、ダンサーとして国内外で活躍する奥野美和という才能溢れるアーティストが集結。

舞台には、ネリー・アルカンの様々な側面を表すというシンボリックなシチュエーションの10個のキューブが組み置かれている。キャストはひとりずつ自らが演ずる、この感情の部屋に入り、オランダの娼館の飾り窓のごとく、ガラスで閉ざされた閉鎖空間で演じ続けるのだが、お互い顔も見えぬまま、イヤーモニターから聞こえる音や共演者のセリフだけを頼りに共演するという斬新な演出手法が取られている。

エネルギーに満ちているが鬱屈しているイメージにて自身の肉体について語られる“幻想の部屋”には芦那すみれが、詩的な部分を見せる“天空の部屋”には小島聖が、売春婦のようなシチュエーションにて家族の絆を語る“血の部屋”には霧矢大夢が、自身が感じてきた運命の混乱の中にいる“神秘の部屋”には初音映莉子が、人生を終わらせようとする死の魅力を追求する“影の部屋”には松雪泰子が、死後の世界で信仰と狂気を表す“ヘビの部屋”には宮本裕子が、そして、すべての女性を結びつける役割の“失われた部屋”には奥野美和という形で並ぶ。

そんな難易度の高い舞台に挑むキャスト、演出家は、上演を控えた会見にて下記のようにコメントを寄せている。

演出家:マリー・ブラッサール コメント
ネリー・アルカンはとても知性溢れる若い女性作家でした。ネリー・アルカンは36歳という若さで自殺をしてしまいました。私は日本のみなさまに彼女の深み、そして知性というものを共有できることを嬉しく感じ、また自分自身とても感動しています。 また、日本の女優のみなさまとは、謙虚な気持ちで本当に楽しくお稽古させていただきました。ひとりひとりとても素晴しい方々で、深い知性と才能をお持ちのみなさまとご一緒できて本当に嬉しかったです。
この作品は、現代社会におけるプレッシャーというものも提示しています。メディアから与えられるプレッシャーや、また自分以上の何かにならないといけないという概念が表されています。これは世界共通で、男女共にあるプレッシャーだと思います。この作品を観たあとで、ぜひともネリー・アルカンの詩的な言葉に感動するとともに、そういったことを考えていただけたらと思います。お客様には様々なことを考えて、闇ではなく光を持ち帰っていただけたらと考えています。

松雪泰子 コメント
日々、マリーさんの感性に圧倒されながら、どこまで私たちがネリーの精神を体現できるか、というところで緊張感を持って初日に臨みたいと思います。
また、ネリーの痛みはあまりに深く、死に向かっていく彼女の精神状態を考察しイマジネーションを進めていくなかで、自分の中にある潜在的な痛みが、ネリーの持つ痛みとヒットすることが何度かあり、そのたびに苦しくなって身動きが取れなくなりました。ただ、ネリーの言葉自体が強く美しいので、しっかりとそれを伝えることにフォーカスしていました。そしてお稽古するなかで、各部屋でのことがバトンとして渡され、本当にこの作品は全体を通してひとつなんだと感じました。もちろんテクニカル要素も含めて、すごく計算された劇行動に圧倒されつつも、しっかりと体現できれば良いなと思っています。
(男性が観るにあたりアドバイスがあれば)女ってこんなこと感じながら生きてるんだ、ということをただただ感じながら、観ていただければ。ハッとしたり驚くこともあるかと思いますが、女性は本当に強く美しいので、それを感じていただけたらと思います。

小島聖 コメント
共演者の顔がまったく見えず、声だけの交流しかないというのはすごくセクシーだなと感じています。単純に動くことのほうがラクですが、それをせず、言葉を信じてシンプルに演じることは、とても大変です。ですが、マリーさんから言葉と身体の繋がりを大切にと言われているので、それを胸に初日を迎えたいと思います。

初音映莉子 コメント
ネリーの36年間がなければ、私は今ここにいないだろうなと思っています。というのも、彼女の人生によって与えられた、今回のカンパニーとの出会いにとても感謝を感じているからです。始めは彼女の痛みと対峙するのがつらかったのですが、部屋の中にいるとガラスが鏡のようになっていて、まるで自分と対峙しながら演じているようで、ネリーもそうだったのかなと感じ、今はネリーの魂を自分の中にグッと込めて演じられたらと思っています。

宮本裕子 コメント
製作発表会見時に、マリーの演出は「真綿で首を締められるようだ」と言ったのですが、いざ稽古が進むと真綿に水を含んでいたようで、時々キュッと思いっきり締められるようで、自分の役者人生をも破壊されかねない衝撃を受けながらでした。また、役柄としても死んでからのネリーを演じるので、死というものと向き合う1ヵ月で、すごく体力がいるなと感じました。今はただ、ネリーを感じながら本番を迎えられたらと思います。

芦那すみれ コメント
今回はこんな素敵な先輩方と、マリーと海外のクルーとご一緒できたことがとても楽しかったです。でも、ただ楽しいだけで終わってはいけなくて、今日からが本番だという気持ちで、楽しむ気持ちを大切に演じたいです。観客のみなさまにもぜひ楽しんでいただきたいですし、何かを感じて帰っていただきたいです。

奥野美和 コメント
今回、演劇作品に出演するのは初めてなので、そこがいちばんの課題でした。しかし、ここまでいろいろな方にアドバイスをいただいて、今、出来立てほやほやな状態です。また、この作品は演技とダンスという身体表現や、歌など、様々なジャンルの要素が混ざっているので、どのように自分が作品の一部に溶け込めるかということが重要だと感じています。今日から、一回一回集中した濃い時間を過ごし、演劇とダンスの身体表現というものをしっかり修得していけたら良いなと思います。

霧矢大夢 コメント
今回はそれぞれ個々でいるようで、みんなで同じ空気を感じなくてはいけないという演劇手法が新しいなと感じています。また、ネリーの心の闇、怒りや悲しみや苦しみを表現することは自分自身の闇に向き合うことにもなります。初日を迎える今でさえも、それが怖いと感じていますが、お客様の力を借りて、それをパワーに変えて、素晴しいキャストのみなさまとネリーの世界を伝えていけたらと思います。

本公演は11月19日まで東京・天皇洲 銀河劇場にて、その後、広島、北九州、京都、愛知を巡る。女性であることへの戸惑い、怒り、コンプレックス、生きていくことへのつらさ、悲しみ、無力感と孤独……、ネリー・アルカンの心の叫び、生き様が強烈に突き刺さるステージ。その瞬間を体感した先には、彼女という人間の美しい光が見えてくるだろう。

取材・文 / エンタメステーション編集部

PARCO Production『この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』

【東京公演】2017年11月04日(土)~11月19日(日)天王洲 銀河劇場
【広島公演】2017年11月23日(木・祝)JMSアステールプラザ大ホール
【北九州公演】2017年11月25日(土)・11月26日(日)北九州芸術劇場 中劇場
【京都公演】2017年12月05日(火)・12月06日(水)ロームシアター京都サウスホール
【愛知公演】2017年12月09日(土)・12月10日(日)穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール

INTORDUCTION
女性作家ネリー・アルカンが書いた小説『Putain』『Folle』『Burqa de chair』『L’enfant dans le miroir』をコラージュして舞台化。演者7名(女優6名と1名のダンサー)が異なる立ち位置から、心の襞を、痛みをアレクサンダー・マクスウィーンの音楽とともに語り、描きだす。

原作:ネリー・アルカン
翻案・演出:マリー・ブラッサール
翻訳:岩切正一郎

出演:
松雪泰子 小島聖 初音映莉子 宮本裕子 芦那すみれ 奥野美和 霧矢大夢

企画製作:㈱パルコ

特設サイト

映画『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』

2017年10月21日より全国順次公開
監督・脚本:アンヌ・エモン
出演:
ミレーヌ・マッケイ ミカエル・グアン ミリア・コルベイユ=ゴーブロー ほか
©FILM NELLY INC. 2016

オフィシャルサイト

文庫『ピュタンー偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白ー』

2017年9月30日発売
著者:ネリー・アルカン
訳:松本百合子
出版社:PARCO出版