Report

刀剣男士たちの成長と進化を見せる「ミュージカル『刀剣乱舞』 〜つはものどもがゆめのあと〜」開幕。衝撃の最新作に挑む彼らの“攻めの姿勢”

刀剣男士たちの成長と進化を見せる「ミュージカル『刀剣乱舞』 〜つはものどもがゆめのあと〜」開幕。衝撃の最新作に挑む彼らの“攻めの姿勢”

11月4日(土)、TOKYO DOME CITY HALLにて「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~」が開幕した。名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成するシミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMMGAMES/Nitroplus)を原案とし、2015年秋から始まったミュージカル『刀剣乱舞』。
シリーズ4作目となる今作では2振りの“刀剣男士”が加わり、新たな物語が描かれる。初日直前に行われた公開ゲネプロと初日会見の模様をレポートする。

取材・文 / 片桐ユウ 撮影 / 中原幸

刀剣男士は“歴史を守るもの”だと思っていたのですが、今回の内容は攻めの姿勢を持っている

最もチケットが入手困難な2.5次元作品のひとつに挙げられる作品、ミュージカル『刀剣乱舞』。1部のミュージカルでは歴史上の戦場を舞台に“刀剣男士”が激しく闘い、2部ではオリジナルの衣裳を纏った“刀剣男士”が華麗なライブパフォーマンスを繰り広げるという斬新な二部構成が話題を集め、2015年秋のトライアル公演から今もなお人気沸騰中だ。

海外公演や、嚴島神社にて世界遺産登録20周年記念奉納行事として行われた特別公演の成功。CDデビュー作はオリコン デイリーシングルランキングの1位を獲得。2016年12月には大阪城ホール、両国国技館でのライブ「真剣乱舞祭2016」を開催し、約5万人の観客を魅了した。
今年12月にも大型ライブ「真剣乱舞祭2017」の開催が決定しており、日本武道館、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナの3箇所にて全9公演と、前年を大きく超える規模での開催となる。

日本のみならず海外にも多くのファンを獲得し、新たな挑戦を続けるミュージカル『刀剣乱舞』の最新作。初日会見には多くの報道陣が詰めかけ、公開ゲネプロも本番さながらの数の観客が集まった。

フォトセッションには、トライアル公演とシリーズ第1作目となった「阿津賀志山異聞」にて同役を務めていた三日月宗近(みかづきむねちか)役の黒羽麻璃央、小狐丸(こぎつねまる)役の北園涼、岩融(いわとおし)役の佐伯大地、今剣(いまのつるぎ)役の大平峻也、そして今回から加わった髭切(ひげきり)役の三浦宏規、膝丸(ひざまる)役の高野洸が参加。会見には演出の茅野イサムも登壇し、初日を迎えた気持ちを語った。

三日月宗近 役 黒羽麻璃央

平安時代に作られ、天下五剣のひとつに数えられている太刀・三日月宗近を演じる黒羽は、「刀剣男士は“歴史を守るもの”だと思っていたのですが、今回の内容は攻めの姿勢を持っているので、これまでの3作品とはまた違ったイイ味を出せているのではないかと思います」と断言。「審神者のみなさんは、いいものを作ってくると期待してくださっていると思いますが、そのはるか上をいく作品をお届けしたいと思っています!」と、ファンの期待を上回ることを約束した。

小狐丸 役 北園涼

三日月宗近と同じく平安時代の同刀工に作られ、稲荷明神の助けを得て作られたとされる伝説を持つ太刀・小狐丸を演じる北園は、「シンプルに、緊張しています」とプレッシャーを吐露。しかし、続けて「ただ、この新作を本当に楽しみにしていましたし、「阿津賀志山異聞」を経て、僕たちが刀剣男士としてどれだけ成長したかということがこの作品に込められています。初日のお客様の反応が楽しみです」と、今作の仕上がりに自信を覗かせた。

岩融 役 佐伯大地

岩融は、武蔵坊弁慶が振るっていたとされる薙刀。演じる佐伯は、「僕ら三条の刀剣男士は歴が長いので、刀剣男士としても、人としても、役者としても苦楽を共にしてきた仲間たち。本当に心強いと思っております」と、“三条派”と呼ばれる刀剣男士たちを見回す。4振りの刀剣男士はトライアル公演からの仲であり、その絆と成長を本人たちも強く感じている様子。「新たな自分、新たな刀剣男士に出会えるような、ミュージカル『刀剣乱舞』の最高傑作と言われる公演にしたいと思います」と、役同様に力強く意気込んでいた。

今剣 役 大平峻也

今剣は、源義経の守り刀とされる短刀。演じる大平は、「義経の歴史をたくさん調べてきたのですが、今回の作品で『もしかしたら歴史にはこういうこともあったんじゃないか?』と、すごく感じました。源義経にはいろいろな伝説がありますが、100年後、200年後に、この公演がひとつの伝説として残ったら良いなと思っています」と、歴史ロマンを感じさせる作品であることを語った。

本丸に新たにお迎えした2振り、髭切、膝丸はゴールデンルーキー!

髭切・膝丸という印象的な名を持つ太刀は、源氏の重宝。試し切りで罪人を斬った際に、髭・両膝までを斬ったことがそれぞれの名の由来とされる。兄弟でもあるこの2振りを演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』初参戦となる三浦と高野。

髭切 役 三浦宏規

髭切役の三浦は「ミュージカル『刀剣乱舞』という作品に憧れていたので、今ここにこうして刀剣男士として立てていることが夢のようです。客席で観ていた憧れの先輩方と共に、そして新しく入った弟と2振りで、先輩方の胸を借りながらも一生懸命食らいついて最高の初日にしたいと思います」と、溌剌とコメント。

膝丸 役 高野洸

膝丸役の高野も「見どころがとても多い作品なので、そのぶん、課題もすごく多くて苦戦しましたが、刀剣男士のキャストとして歴史が長い4人のみなさんにとても優しくしていただいて今日までこられました。すごく緊張していますが、千秋楽までしっかりと精一杯頑張りたいと思います!」と、フレッシュに意気込みを語った。

5人のコメントを受けて、演出の茅野は「トライアル公演から丸2年が経ちましたが、三条のメンバーのこの2年間の成長に驚かされました。役者としての彼ら個人の成長が、この本丸の刀剣男士たちの成長と重なっているな、と思いながら稽古をしてきました」と、躍進を遂げたメンバーを絶賛。

新たに加わったメンバーについては、「我らの本丸に新たにお迎えした2振り、髭切、膝丸はゴールデンルーキー! すごく図太く、イイ意味で物怖じせず稽古場で躍動しておりました」と、ユーモアを交えながら笑顔で評した。

刀剣男士としてのキャリアはそれぞれながら、「先輩たちが新人をしっかりと見守りリードしていて良い稽古場だな、と思っておりました」と、稽古を振り返った茅野。「お芝居のキャリアは短いですが、歌やダンスに関しては先輩たちを凌駕するくらいのスキルを持っています」と、三浦と高野が歌とダンスを得意とすることにも触れ、佐伯が振りを教わっていたという裏話も披露していた。

最後は茅野が、「内容に関して詳しいことは言えませんが、一言で言うと”衝撃作”だと思います。今まで踏み込んでいなかった「刀剣乱舞」の深い世界に今回は踏み込んでいきますので、観に来てくださる方々も、きっと驚かれるんじゃないかと思います。でも、これも「刀剣乱舞」だと胸を張ってお見せできる作品になっていますので、みなさんに早く観ていただきたい」と締めくくり、会見は終了した。

“歴史を守る”とはどういうことか、刀剣男士たちの果たすべき使命は何か

茅野と黒羽が会見で触れたとおり、ゲネプロで公開された作品の内容は、よりディープに「刀剣乱舞」に斬り込んだ世界。

三日月宗近と小狐丸がそれぞれに捉える“己の使命”、トライアル公演と「阿津賀志山異聞」では、かつての主である義経公の行く末に葛藤していた今剣の成長や、今剣を見守る岩融の想い。そして髭切・膝丸に課せられた密命の真意が交差しつつ、どのキャラクターの心情も見事に浮かび上がってくる。4振りの“レベルアップ”した落ち着きはもちろん、髭切と膝丸の2振りも堂々たる存在感だ。

詳しくは明かせないが、「刀剣乱舞」を知っている観客ならば、今作の切り口にはハッとさせられるだろう。原作を知らない観客も、ひとつの歴史絵巻として楽しめるような、華やかさと重厚さを持ち合わせた舞台となっている。

“歴史を守る”とはどういうことか、刀剣男士たちの果たすべき使命は何かを考えさせられる、深い物語だ。

TOKYO DOME CITY HALLでの東京公演は11月12日まで。京都・京都劇場、東京凱旋・日本青年館ホール、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティを巡り、2018年1月30日の大千穐楽公演は全国の映画館にてのライブビューイングとLIVE配信されることが決定している。また、本作のBlu-ray&DVDは2018年夏にリリース予定。

ミュージカル『刀剣乱舞』 〜つはものどもがゆめのあと〜

【東京】2017年11月4日(土)~11月12日(日)TOKYO DOME CITY HALL
【京都】2017年11月17日(金)~11月19日(日)京都劇場
【東京凱旋】2018年1月6日(土)~1月14日(日)日本青年館ホール
【大阪】2018年1月26日(金)~1月30日(火)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

★ライブビューイング&LIVE配信決定!
2018年1月30日(火)18:30公演 

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)
演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付・ステージング:本山新之助 

出演:
三日月宗近 役 黒羽麻璃央
小狐丸 役 北園 涼
岩融 役 佐伯大地
今剣 役 大平峻也
髭切 役 三浦宏規
膝丸 役 高野 洸 

武蔵坊弁慶 役 田中しげ美
源義経 役 荒木健太朗
源頼朝 役 奥野正明
藤原泰衡 役 加古臨王
ほか 

主催:ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング ニトロプラス DMM.com ユークリッド・エージェンシー)
©ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

ミュージカル『刀剣乱舞』オフィシャルサイト

ミュージカル『刀剣乱舞』 〜つはものどもがゆめのあと〜 Blu-ray&DVD発売

2018年夏発売予定
Blu-ray ¥8,500(税別)
DVD ¥7,500(税別)

※11月4日より会場及び、通販サイトにて予約受付開始。予約特典あり

ミュージカル『刀剣乱舞』 〜三百年の子守唄〜 3rdアルバム発売

刀剣男士 formation of 三百年
ALBUM ミュージカル『刀剣乱舞』 〜三百年の子守唄〜
2017年11月8日発売
初回限定盤A(2CD+ソングトラック1枚)EMPC-0059 ¥3,800(税別)
初回限定盤B(2CD+サウンドトラック1枚)EMPC-0060 ¥3,800(税別)
通常盤(2CD)EMPC-0061 ¥3,000(税別)

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2017~

【東京】2017年12月8日(金)~12月9日(土)日本武道館
【大阪】2017年12月12日(火)~12月13日(水)大阪城ホール
【埼玉】2017年12月19日(火)~12月20日(水)さいたまスーパーアリーナ 

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)
総合演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付・ステージング:本山新之助
振付:TETSUHARU 

出演:
三日月宗近 役 黒羽麻璃央
小狐丸 役 北園 涼
石切丸 役 崎山つばさ
岩融 役 佐伯大地
今剣 役 大平峻也
加州清光 役 佐藤流司
和泉守兼定 役 有澤樟太郎
蜂須賀虎徹 役 高橋健介
長曽祢虎徹 役 伊万里 有
にっかり青江 役 荒木宏文
千子村正 役 太田基裕
蜻蛉切 役 spi
物吉貞宗 役 横田龍儀
大倶利伽羅 役 財木琢磨
髭切 役 三浦宏規
膝丸 役 高野 洸
ほか

主催:ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング ニトロプラス DMM.com ユークリッド・エージェンシー)
©ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

ミュージカル『刀剣乱舞』オフィシャルサイト

ミュージカル『刀剣乱舞』の音楽を聴いてみる