Interview

開幕直前! 舞台『髑髏城の七人』Season月から、早乙女太一&三浦翔平が本作の魅力について語る。3度目の出演となる早乙女から三浦へアドバイスも!?

開幕直前! 舞台『髑髏城の七人』Season月から、早乙女太一&三浦翔平が本作の魅力について語る。3度目の出演となる早乙女から三浦へアドバイスも!?

“花・鳥・風・月・極”とシーズンごとにキャスト、脚本、演出を変えながら上演中の劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人』。第4弾となる“Season月”は、“上弦の月”“下弦の月”と称し、キャストが異なるダブルチームで上演するという、劇団☆新感線としては劇団史上初のスタイルで11月23日より開幕する。
今回、『エンタメステーション』では各チームで〈天魔王〉と〈無界屋蘭兵衛〉を演じるキャストの対談を実施。まずは、“上弦の月”チームから、“Season鳥”に続く出演ながら、初めて〈天魔王〉に挑む早乙女太一と、その“鳥”、2011年版“ワカドクロ”にて〈無界屋蘭兵衛〉を演じてきた早乙女の目前で〈無界屋蘭兵衛〉に挑戦することになった三浦翔平。稽古に入ってまだ間もない2人に話を訊いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 冨田望

役を演じる人の色によって、関係性や見え方が変わってくる

まず、本作への出演が決まった心境からお伺いしたいと思うんですが、早乙女さんは2011年版の“ワカドクロ”、“Season鳥”に続き、3回目の出演になります。

早乙女太一 そうですね。でも、まさか続けて2作出るとは思っていなかったので、正直、嫌だなって思いました(笑)。というのも、この1年、いろいろなみなさんがやってきていますし、これまで僕が演じてきた蘭兵衛の相手役・天魔王が2回とも(森山)未來さんだったので。天魔王といえば、良くも悪くも、未來さんのイメージがこびりついているんですよ。そういったところでもプレッシャーですし、もちろんやりたかったことではあるので楽しみなんですけど、大変だなとも思いましたね。

三浦翔平 僕は太一くんが出ていた“ワカドクロ”を観に行ったんですけど、すごくエンターテインメント性の高い舞台で、気持ちが高揚したのを覚えてますね。それで、今回出演が決まって“Season花”と“Season鳥”も観させてもらったんですけれども、太一くんと同じく、やっぱり蘭兵衛は太一くんのイメージがこびりついていますし(笑)、なおかつ、今回は僕の相手役として天魔王に太一くんがなるってことで、非常にプレッシャーと楽しみを感じてます。しかも、ものすごく殺陣の素晴らしい方なので、僕もとにかく頑張らないとなって思っています。

早乙女太一

目の前で演じるわけですもんね。

早乙女 たしかにやりにくいですよね(笑)。

三浦 うん、やだ(笑)。だって、“鳥”のときの天魔王(森山)と蘭兵衛(早乙女)の殺陣がめちゃくちゃ速くて。あれに並ばなきゃいけないのかって思うと……まあ、ちょっと無理かなとも思いますよね(笑)。ただ、“花”と“鳥”では、天魔王と蘭兵衛の印象が全然違っていたんですよね。

早乙女 そうですね。だから、超えるというよりは、この2人だからこその何かを早めに見つけて、作っていけたらいいなって思います。

蘭兵衛を2回演じられた早乙女さんから三浦さんにアドバイスはありますか?

早乙女 何もないですよ(笑)。チームそれぞれにいろんな人がやっているので、題材は基本同じなんですけど、人間関係やキャラクター作りも変わってきたりしますし、やる人の色によっても変わってくるものなので、僕のことは捨てておいていただいて、三浦さんならではで……とは言いつつも、やっぱり気にはしますよね(笑)。

三浦翔平

まだ稽古が始まったばかりとお聞きしましたが、お互いに対してはどんな印象を持っていましたか?

三浦 僕は本当に、太一くんは殺陣がものすごくうまいというか、キレイだなと思ってました。それこそ“ワカドクロ”を観たあとに『龍と牡丹』っていう演目を拝見しまして、早乙女太一のファンになって。本当にキレイで見とれてしまうんですよ。殺陣だけじゃなくて扇子の動かし方とかも。女形ももちろんキレイ……本当に美しいですよね。あとは、クールなイメージです。

早乙女 同じような印象かもしれないですね。美しい、キレイ、クール。

三浦 僕、クールじゃないよ(笑)。

早乙女 いや、そういうイメージでした。僕も全然クールじゃないですし(笑)。今日でまだ会うのが2回目で、呑みにも行けてないので、これからですね。

三浦 はい、打ち解けていければいいなと思います。

“上弦の月”の主演である、〈捨之介〉役の福士蒼汰さんはどんな印象ですか?

早乙女 爽やか。こんなに爽やかな人、見たことないっていうくらい。

三浦 ホントにイケメン。“花”では小栗旬さん、“鳥”では阿部(サダヲ)さんでしたけど、2人とも全然違う捨之介だと思います。 “風”では松山(ケンイチ)さんが演じられますけど、そこもどんな捨之介になっているのかなって、楽しみにしてます。(※“風”はインタビュー時は上演中、11月3日に終了)

捨之介、蘭兵衛、天魔王の関係性はどう捉えてますか?

早乙女 いつもそうなんですけど、稽古が始まって、稽古場でどんどん作っていくっていう感じなんですよね。毎回変わるので、まだ何も決まってないし、稽古も始まったばかりなのでまだ何も掴んでいないです。

三浦 ただ、バックボーンは決まってるんですよね? (織田)信長の側近であった3人というか。戦を共にした戦友だっていう。

早乙女 天地人の天が信長で、地が捨之介たち3人。地は忍びのような立ち位置として、ほかの殿様とかいろんな人と信長との繋ぎの役目を担っていて、人とコミュニケーションを取ったり、人の心を操る人というか。それがあることでバラバラになって関係性が変わっていく。“ワカドクロ”のときは長男が捨之介で、次男が天魔王、三男が蘭兵衛というイメージだったんだけど、“花”では蘭兵衛が長男的な立ち位置で、その下に捨之介、一番下に天魔王がいるみたいな見え方になっていて、やる人によって関係性が変わるので、今回はどうなるかはまだわからないですね。

それぞれご自身と似てるなと思う人物はいますか。男の友情に熱い捨之介、捨て身で夢を叶える天魔王、女性を守る蘭兵衛。

早乙女 それこそ、今お話したように、蘭兵衛もやる人によって全然違うんですよね。だからなかなかこれとは言いづらい。僕も2回蘭兵衛を演じて、2回とも全然違うベクトルでやらせてもらったので。“ワカドクロ”の蘭兵衛は自分のそのときの状態を取り入れたんですよ。実際にプライベートでもあまり人としゃべらない、閉じこもっていた時期が反映されてああいう感じになった。だけど、“鳥”のときは結婚してて、子供も2人できて(笑)、自分でも信じられないくらい人が変わったりしてたので。でも、どこかしらに過去のものも残っているし、あえてそれを反映させたりもしているので、一概にどんな人物かを限定するのも難しいですね。

三浦 うーん、僕もわからないですね。たぶん人間ですので、天魔王のように間違ってでも大きな夢を見ることもあるし、捨之介のようにちょっと気楽に見えてやるときはやるし、蘭兵衛のように自分の信念と今の状況を前に、進んで行く道が分かれるときに悩むところもあるし。それぞれ人間性の問題だから、これと言って誰っていうことはないですね。僕が演じる蘭兵衛もきっと、随所随所に僕なりの性格も入る感じになるんじゃないですかね。