太賀が心掛ける「作品の中で説得力をもって演じたい」ということが発揮された『南瓜とマヨネーズ』への想いとは。